2012-02-18から1日間の記事一覧

2月15日・水曜

一日薄雲り。其の割にはかなり暖かかった。午後出社。こうなれば覚悟を決めて自棄になって貧乏学院のチラシを方方の家に放りこむことにした。二時間ほど滅多矢鱈に歩き廻ったが、やはり呑気な散歩や山歩きや梯子酒よりは相当に疲れる。疲れた序でに立って少…

2月14日・火曜

此処の所無かった夢の大地震が久久に起きる。今朝は職場が舞台で我先と慌てて飛び出したら、出入り口のブロック塀が壊れて来てあと少しで下敷きになる所であった。震災下の飛び出しは良くないと肝に命ず。 一日曇り又は小雨。雪でも降って来そうなお天気とな…

2月13日・月曜

御午過ぎの公共放送に他力と下山の思想を唱えている有名作家が出ていた。番組最後に視聴者からの質問に応える所があり、若い世代へのメッセージを求められたが、有名作家は暫し絶句し、絞り出すように出てきた言葉は、御気の毒、と云う物であった。曰く、人…

2月12日・日曜

一日晴れ。北風が結構吹いたがその割には比較的暖かく感ず。此れが立春と云うものか。尤も震災以後、日日の気温や節気や電気使用量に矢鱈敏感となっているから、そう感じたのかもしれない。昨日に引き続き大きな外出無し。お金が無い時分は有り難いが、何処…

2月11日・土曜

復興庁が発足。しかし期間限定の令外官だからどの程度の権限があるのかは不明。また昨夜首相会見し瓦礫受け入れの拡大を要請した。今の所東京都以外に受け入れが殆ど進んでいないから不人情にも程がある。震災から11カ月たった。昨日づけの死者は1万58…

2月10日・金曜

福島第一原子力発電所があるなら、当然第二発電所がある。いやしかし、第一原発とは不思議な命名である。福島第一原発は端から第一と云う名前だったのだろうか。益益原子炉を増設する事になり、前からある物を第一にし、後から作った物を第二と称したのか。…

2月9日・木曜

出生率を上げるために若者の就業率を上げて収入を増やせと云う声があるが、どうも物事の後ろ前を取り違えている様な気がする。昔から貧乏子沢山ということはあるが、子沢山で貧乏になったと云う話は聞かない。それに結婚率や出生率を観れば、却って低所得層…

2月8日・水曜

滅多に見ない株式欄を眺めていたら除染事業に注目せよとの見出しがあった。政府系の団体から巨額の発注があるので受注企業の成績と株価を注視すべしとのこと。経済の論理からすれば当然の成り行きだが、精精安くて良い所が受注して欲しいものである。 午後出…

2月7日・火曜

昨夜来ずっと雨。吹く筈の南風は滔滔吹かず一日寒いままとなる。拙宅のこの一ヶ月の電気使用量は前年比4割減の420キロワット、1万円余りであった。第一原発2号機で温度上昇。再臨界の可能性なしとの見立てだが、原子力事故も既に人人から忘れ去られつ…

2月6日・月曜

日本海側の大雪も峠を越したそうだが、雪が降るのは仕方の無い事として、中でも困った事になったのが、雪掻きも雪降ろしもされない空き家の存在だと云う。放って置けば倒壊するが、家主が何処に居るのか分からないので対処の仕様が無いとのこと。人口減少は…

2月5日・日曜

地中海に面した国国の放漫と気まぐれに付き合わされては堪らないと、欧州連合は財政規律を守らない国を罰する条約を作るそうである。思えば通貨は統合したのに財政を統合しなかったのが拙かった。無駄の削減が進まないのなら、いっそ日本も欧州に移動して此…

2月4日・土曜

立春。昼は幾分暖かく感じた。一日大きな外出は無し。物を壊したりはせずに、大過なく過ごす。与党の幹部などは消費税は10%でも足らぬ足らぬと言い始める。まだ昼食も食べてないのに、夕飯の支度に取り掛かるようである。当然請求書は国民もちである。

2月3日・金曜

今日は節分である。節分の食べ物と云えば昔は豆か鰯だったが、最近は太巻きが加わった。学生の時分丁度奈良かどこかの関西方面に居て、あちこちで太巻きを恵方巻きと称して大売り出していて、随分と可笑しな事をやっていると感心したものだが、程無くして関…

2月2日・木曜

電気機械大手が軒並み大赤字になった。円高や内需減退が主な理由だが、そもそも最近の電化製品と云う物は、産業機械が云い付けられた通りにさっさかさっさかと何でも作ってしまうので、人の手足が関与出来る所が元から少ないのだと何処かで聞いたことがある…

2月1日・水曜

女川町の多層建ての仮設住宅は気密性と遮音性が良く評判が良い。入居者は長く避難所で我慢した甲斐があり、最後の最後に建った仮設住宅に福があったと喜んでいるとのことである。僅か数ヶ月の期間であっても、直ぐに良い物を用意する日本社会は矢張り大した…