日本酒への提案

「日本酒はうまくない」という声は多い。特に居酒屋でお銚子に入って出てくるお酒は、恐らく普通酒、下手すれば三倍増醸酒かもしれない。いや、そもそも居酒屋で日本酒を飲んでいる人を見かけない。たいてい焼酎をボトルで飲んでいる。
 うーむ、日本酒も本来はうまいんだけどねぇーと言いたいが、居酒屋チェーン店でも銘酒となると一合600円はくだらない。私など3合飲んだらそれだけで予算オーバーである。大手メーカーが出している300ミリぐらいのミニボトルはあるが銘酒の一合売りとなると相当割高になるのが残念である。
 というわけで、4合瓶のボトル売りをしていただけないでしょうか。ランクは本醸造以上にして数種類あれば十分です。一本1500円から2000円ぐらいの売値で。4合ならグループならばすぐ飲みきれるし、余っても持ち帰るかキープすればいい。
みんながみんな焼酎やワインを飲みたいわけではない。うまい日本酒は高いから仕方なく焼酎をボトルで飲んでいるというケースも多い。ぜひ全国の銘酒を、普通の居酒屋で4合瓶で飲めるようにしていただきたい。そうすれば、日本酒の需要拡大にもなるしコメの消費量アップにもなる。コメの消費を増やすことは日本の農業を下支えすることにもなる。これは妙案です。