2022-8月

8/31・水

 パキスタンは洪水、欧州や中国は干ばつだそう。また物価が上がる。ゴ元大統領、というより元書記長(の方が馴染みがある)が死去。さぞかし無念だろう。今朝の東京新聞には、「ちむどんどん」の出鱈目ぶりに対する秀逸のコラムがあった(斎藤美奈子氏によるもの)。曰く、困難に遭遇しても偶然の力や周囲の好意で問題がすぐに解決するため、誰も反省も学習もせず、よって誰も成長しない、と。確かに其の通りである。でも朝ドラというものは、毎日やっているけど毎日見られるものでもないし、途中からでもある程度は分からなくてはね。残念ながら朝ドラに回せるだけの批判能力がありません、吾人には。

再び蒸して来る。朝の血圧120の98。今度は下が高い。此れはドーピングなしの結果。昼は御飯を炊いたが、家人が水加減を間違えてゴワゴワに。そんな馬鹿な。幾らも食べられず。午後はかんかん照りに。退社後はBに参るも、大混雑で何にも頼めず。ハマチ刺しとマイタケ天で定時に追い出される。1370円。飲食業の役割を果たしていない。中から冷えないと夜まで暑い。帰宅後缶ビールと冷凍うどん。すると唐辛子を入れ過ぎて咳が止まらず。依然として気管支付近が不調である。なお都内は1.5万人。沖縄も相当減った。詰まりピークアウト。こうして八月が終わって行った。我儘おじさん=シロ、今夜は起こさないでくれたまえ。

 

今月の備忘録

一、フルムーンパス、ひっそりと廃止になったそう。残念です。ハネムーンで使う予定だった。万が一にも子どもが出来たら、名前はのぞみかひかりかあずさかみどり。ほくとやつばさも候補になるな。二、良く生えている草はセイタカアワダチソウではなくて、ヒメムカシヨモギというらしい。別名鉄道草。鉄道と伴に全国に飛び散ったそう。花粉が良くなさそう。早めに取りたいものです。隣地を含めて。

家人の言い間違え

抗原検査キッド・・子ども専用だな。  オムロン株が来た・・株式投資始めました。

 

 

8/30・火

 曇って涼しい。あの恐ろしい手術から半年、悪夢のような尿管ステント抜去から三か月。予約した第一回目の経過観察の日。中央病院へ向かう。久久に参ると、何だか恐怖が蘇るね。幸い検査場は空いていた。採血採尿と腹部レントゲンを二枚。立位と寝て取った。続いて診察の筈なのだが、どういう訳だか予約が入っていないらしく、改めて取り直す。すると一時間も待たされた。延延と待っていると嫌な思い出と嫌な予感が頭をよぎり、脂汗が出て来る。

漸く呼ばれた。何時の間に担当医は異動に成り、週に二回(月金)しか見ないのだそう。どうりで予約がない訳だ。と言うことで更に若い医官による診察。電子カルテで経緯を読み合わせながら。腎機能等に問題なし。尿潜血も消えたそう。石も固定。腎杯下にあるので動く可能性は少ないと。クレアチニンは0.97。膀胱辺りの違和感は何だか分からないとも。経過観察も半年に一遍で十分だそう。引き続き水分を多く取って、石を大きくしないようにして下さいと言われた。担当医よりやや楽観的な見立てであった。大体十分で御仕舞。2980円。半年後となると二月末、此れは担当医による予約にして貰った。それにしても来年のことなど分からないなあ。帰宅はお昼前。ぐったり疲れた。

 さてさて過緊張状態は解除。地元の回転寿司で遅めの昼飯。「平日昼酒の禁」を犯し、ビール一、日本酒一。それにしても石の一つで此の有り様である。鶴木さんや芥田先生や従妹の真人さんは大変だよなあ。つくづく思った。生きていくことは大儀であると。2300円。家人には西友の弁当。以後大量午睡。夕方から一雨。晩はあるものを食べた。

 

 

8/29・月

 ロシアでは右寄りの思想家(の娘)も暗殺された。プーの知恵袋だったそう。過激すぎて政権から処理されたのか、反体制派が狙ったのかは不明。クレムリンの内部に慈円のような人が居れば、後後白日の下に晒されるのだろうけど。

 今朝は45リットル二、70リットル一。引き続き排出抑制中。朝の血圧、何遍測っても150以下に成らず。やむを得ず以前貰った降圧剤を飲む。愈愈薬漬けである。また左脇腹下の鈍痛も収まらない。明日は中央病院である。晴れてはいるが、気分は優れず。気を取り直して二時間ほど外仕事。途中島田さんが来て103の検分。余りに汚いので取り敢えずは綺麗にしてから改修について考えましようと言う結論。

昼は近所の油淋鶏弁当。680円に値上がりす。日中も三十度に届かず。湿度も低い。夏も終わったかのような雰囲気。お盆や甲子園が終わるとこういう気分になるらしい。気温が下がって正気に戻るのだろう。午後もひと働き。金の塀に張り付いたモンスター級の繁殖力を誇る西洋朝顔も引っ剥がした。株が古いから大して咲かない。45リットル三個以上。するとくしゃみ止まらず。花粉を出して抵抗しているのだろうか。晩はスーパーの総菜に自作の麻婆豆腐。家人は洗濯はしたが料理は無理そうなので。

再来月に東日本は新幹線も乗れる「鉄道開業150周年記念パス」を発売。三日間で二万円ちょっと。格安である。約二十年前に同様の切符が出たっけな(「東日本パス」と言った。東日本の完全民営化を記念しての発売。2003年三月)。あの時も凄かった。東海道新幹線はガラガラなのに、東北上越長野はお盆の頃のような混雑になっていた。記録によると二日間用は12000円で、新宿⇒松本⇒長野⇒大宮⇒八戸⇒青森泊 青森⇒秋田⇒仙台で乗り換え⇒福島⇒新庄⇒余目⇒新潟⇒東京 を移動したとある。二日で東日本の新幹線を完乗している。元気だったなあ。もう、そんな旅は出来ません。

 

 

8/28・日

 二日続けて朝から富士そば。宿酔はないがほんやりす。以後雨模様。漸く涼しくなった。試しに測ったら、体重も血圧も高い。塩分と糖質を控えなければ。また家人の倦怠感はまだ取れず。昼は五十番の中華まん。一個499円に値上がり。続いて平塚君と103の検分。予想通りの汚部屋ぶり。三年半、一度も掃除をしてない感じ。よくこんなところで生活出来たね。此れでは掃除屋さんも嫌がるだろう。外用の箒で最低限は掃いた。落ちていた葉書によると国民年金も滞納しているよう。会社も辞めていたのね。男は駄目だよ、働かなくては。午後は次第に晴れる。

 草取りしたら145くらいに下がった。労働は健康の元である。夕方前散髪。コロナ後遺症で髪が抜ける人が居るそう。恐怖である。晩はあるものを食べた。すると家人はハムエッグを作るだけでヘナヘナに。だから四回目は要らないよって言ったのに。夜はより涼しい。

 大河ドラマでは鎌倉殿は実朝に移行。すると初代執権も登場。併し執権と言うのはかっこいい響き。其れに比して老中とか若年寄とかはちょっと情けないな。年寄りが偉いのだから、江戸幕府は本当に保守的と言うことである。また後鳥羽上皇も出て来る。相変わらずの頓珍漢ぶり。「道理」が分からないとかで「愚管抄」に酷評されただけのことはある。なお頼家も善児も死亡。幕府政治も始まりと終わりは血塗られているなあ。

注・・・善児はオリジナルキャラ。暗殺専業者。最初は石倉三郎かと思った。

 

 

8/27・土

 異様に蒸して暑い。家人は体調不良。微熱と節節の痛み。だから四度目はやめろと言ったのに。朝から富士そばへ。柚子鶏そば500円。ちなみに天ぷらそばは490円になっていた。アフターの酔客多し。繁華街はゴミだらけ。もう罹る人は罹り終えたのかしらん。結局家人はカロナール。暑くて作業不能。捨ててあったカーテンを防草シートとして敷いておいた。昼は「釜揚げしらす弁当」を供す。水戸の駅弁だそう。

 ぼんやりしていると須々木さんから、鶴木さんが来たので飲みに来るようにと連絡がある。午後出動。Bの駅前店。趣味のテニス帰りの鶴木さんは元気そうだったが、少し痩せた感じ。来月また入院するのだそう。アルコールが入っているから何時もの鶴木節だったが、時折表情が曇るような気がした。病気は嫌だね。他は佑子さんと村田さん。続いて大森のプラモデル酒場に移動。つまみ類は近所の中華屋から取り寄せる。お客さんは三人いたけど、みんな退散させて仕舞った。更に大量飲酒。鶴木さんと別れ、再びBに戻る。四人なので大井町からタクシー移動。帰ったら十時半。其のまま就寝。二日連続で(ほぼ同じメンツで)よく飲んだ。

今朝の新聞によるとガーナは古着を輸出されて困っているそう。半分は使い物にならないものらしい。そうだったんですか。スイマセンでした。

 

 

8/26・金

 曇ってはいるが蒸している。昼はスーパーのかつ丼プラス胡瓜を一本。不動産屋さんの平塚君と内装屋さんの島田さんが来て207の検分。取り立てて直すところもないが、洗濯槽のパンを付けた方がいいかな。二階だしね。三時頃に一雨。家人は四度目のワクチン接種。午後出社。退社後はBの本店に。つまみも増えた感じ。禁煙ならばもっと通うのだけど。流石に混んでいた。須々木さん、佑子さん、村田さんと更に立ち中華に転進。帰宅は一時。四千円。差し入れの缶チューハイとアイスクリーム代を含む。

 都内の感染者は二万人を切る。まさか、もうピークアウトしたとか。ちなみに七月下旬から公式の陽性者が一日二十万人。実際は此の数倍で百万人だとすると、三千万人が罹り終えた計算に成ります。国葬はやっぱりやるみたい。法的根拠がないのになあ。ザポリージャ原発は露軍が占領。一時危なかったそう。自軍に攻撃させているというから呆れるばかり。ロシアと言う国の評判は地に落ちた。国民はどう考えているのでしょうか。立民の執行部にはベテラン議員が復帰。若手だけでは高校の生徒会だった。

 

 

8/25・木

 曇って涼しい。今朝は45リットルが四、70リットルが一。此れで滞貨一掃。こういう剪定ゴミでバイオガスを作っている自治体もあるそうだが。何かに使えないものかね。また昨夜出した粗大ゴミ、幾つかを誰かが持って行った。せめて再利用されて欲しい。引き続き草を取りたいのだが、残った草は刈るしかないのだよね。根を張り過ぎて取るに取れず(砂利ごと取れて仕舞う)。機械化部隊=植木屋さんに任せるかなあ。すると須美伯母がやって来る。結局庭仕事。昼は食堂の弁当。

午睡の後、出社。何だか尻に違和感が。拭いてみると赤いものが。最近便が固いからな。まさか大地溶岩とか。自分の健康に全く自信が持てなくなりました。退社後はBへ。久久に混んでいた。それにしても二十五日に立ち飲み屋が混むなど、偶数月の十五日にスーパーが混むくらい絶望的なことである。其れでも定時に追い出される。何だか飲み足りないので向かいの素麺酒場に。二店で四千円弱。帰宅は十二時。

 警察庁長官も辞任。詳述はしないが、此の人も曰く付きの人物だった。A時代の悪行が清算されていく感じ。昨日の夕刊によると、根室線落合駅も原野に戻りつつあると。復旧が断念された区間。過疎線だから仕様がないと言って仕舞うと、次は道路や郵便や水道が危なくなる。学校も病院も。其の内、ロシアに取られて仕舞うかもしれません。

 

 

8/24・水

 大して晴れてはいないが異常に蒸し暑い。昼頃通り雨。午後出社。退社後はBで1840円。帰宅後103の粗大ゴミを搬出。十数点もあった。以後カップ焼きそば。空気が代わり、夜は涼しい。

政府は原発の新設も検討すると。例によっての検討使だろうが、乾坤一擲の再稼働はあるとしても、新規に作ることはないよなあ。

注・・・検討することを検討する。首相はこう揶揄されている。

 

 

8/23・火

 気温と湿度が基準を超えたので本日の作業は無し。少し出掛けようと思った。バスに乗って世田谷美術館へ。絵本展を見る。続いて環八のバスに乗り、九品仏の浄真寺へ。広い境内だけど暑くて暑い。自由が丘へ移動。「ほさかや」で鰻丼休憩。小瓶付き。でも鰻が小さいなあ。昔の六文銭のような状態。詰まり殆ど御飯の時間。併し鰻重にすると2900円だそう。稚魚が取れないのだから、せめて大鰻にして出荷すればいいのにと思った。

何だか食べ足りないので「いまい」という蕎麦屋に入る。まあまあの蕎麦が直ぐに出て来た。日本レストランの運営だそう。てっきりNREかと思ったが、此方はNRSの方。ドトール系だそうです。想定以上の暑さに成り、11系統で這う這うの体で帰宅。二時前。1.2万歩。以後水シャワーと午睡。晩は家人のゴーヤチャンプルー他。

注・・・NREの方は合併して東日本クロスステーションと言う会社になっているそう。

 

 

8/22・月

 曇って涼しい。今朝は45リットルを二つだけ。月曜はゴミが沢山出るから抑制する。結局草取り。汗びっしょり。昼はピーコックの中華弁当。午睡の後、もうひと働き。夕方からは晴れた。草臥れて仕舞い、晩の買い物が出来ず。冷凍庫を空けた。浅蜊とフライドポテト他。締めはカレーうどん。207も退去。此方は何のゴミも残さなかった。

 名古屋の高速でバスが横転炎上。夏の甲子園では宮城の学校が優勝。遂に白河の関を越えたそう。首相はオンラインで公務に復帰。軽症な人は十日も要らない。一方高熱が何日も出た人は二週間くらいは欲しいだろう。何でも杓子定規は良くない。ウイルスだって、人によるもの。

 

 

8/21・日

 診察其の物より、患者を政府のシステムに登録する方が面倒とは。本末転倒社会である。お医者さんが残業してやっているとか。優秀な事務員が居ればもっと入力は速いのだろう。何とかならないのかね。イギリスでは光熱費が二倍近くに高騰。電気は洋上風力で沢山作れているのではなかったの。まさか業者が価格を釣り上げているとか。だとすれば自由化の成れの果てだよな。クリミア半島では謎の爆発が多発。パルチザンやドローンによる攻撃らしい。

 曇天。湿度高し。気管には丁度いい。一昨日は咳っぽかった。早速モーニングカレー。野良子も餌を食べに来た。午前中は低木の剪定。クチナシと椿など。全てはキリナシです。昼は表に出た。八雲の「魚しん」でビール一、日本酒一で二千円余。少し遠回りして帰る。以後和菓子屋の水羊羹。一個二百円。午睡。晩はあるものを食べた。此の処、亡父や万代伯母の夢をよく見る。夢の中では元気そう。実は今使用しているタオルケットには万代と書いてある。施設入居中に使っていたもの、謂わばお下がりである。ちょっとした体温を感じるからかな。くしゃみ酷し。寝つきも悪い。

 四回打ったK首相も罹患。アフリカ外遊も中止。数日来の首相動静によると、伊豆の旅館に泊まり、蕎麦屋鰻屋ドライブイン等に寄っている。其の何処かだな・・・。詰まり、分かりません。

 

 

8/20・土

 全国での感染は30万人近い。此の所は地方の方が多い。真面目に発熱外来に並んでいるのだろう。沖縄は少し減って来た感じ。漸くピークアウトかな。ところで統一教会はカルトなのだろうか。カルト宗教には独特の終末思想があるものだが、統一教会にはなさそう。となるとマルチ(商法)の方が近いかな。

四時前にシロに起こされる。昨年の病気以来、我儘が酷い。飼い主の方が病気になりそう。朝は晴れたが大体曇り。終日草取り。断続的に。45リットル二、70リットル一。くしゃみ多し。秋の花粉症の模様。三時以降午睡。昼は東急の弁当。晩はマルエツの牛肉を陶板で焼いた。締めは自作のポークカレー。漸くビールの味が戻った感じ。詰まり甘露のような味に。実に発症から四週間掛かった。夜は弱雨。どうにも左の膀胱や尿管辺りに違和感が。また何かの兆候かな。小さな野良の子がやって来る。生後半年ぐらい。あんた、何処で生まれたのかい。

注・・野良の子はニ三日来て、以後全く見なくなった。

 

 

8/19・金

 都による旅行支援、都民割りが来月から再開すると。そんな馬鹿な。ワクチン三回接種が条件だと言うが、四回打っても罹るのですよ。秋田沖に並べた風車で冬前には発電出来るそう。大手商社主導。買取金額は一キロワット36円だそう。高いね。差額は皆様が納めた再生エネルギー賦課金。うーん、こういうものも東北電力や東電が直営でやればいいのにな。そもそも発電会社でしょう。

未明に現認したところによると、グレと野良は友達になったよう。並んで正座していた。かんかんに快晴。但し空気が入れ替わり、秋晴れ的。日本の夏は楽しむには湿度が高すぎる。須美伯母が来る。伊那の報告。昼は料理おばさんの稲荷寿司。午後出社。生徒たちの夏のお土産も揃う。伊豆と静岡、箱根に那須と言ったところ。出掛けているね。三年振りに。退社後はBに参るも、誰にも行き合えず。1600円。帰宅は十時半。以後冷凍チャーハン。続いて段ボールの片づけ。誰だ、こんな物を出したのは。多分退出する103。此の人は本当にゴミが出せない。度度注意した。よくそれで会社員が務まると思った。

 

 

8/18・木

 全国的に大雨。東北線は直ったが、北陸線がまた一時不通に。奥羽線も直らない。五能線米坂線磐越西線は長く掛かる見込み。津軽線花輪線も不通。ああ。都内も午前中は結構降った。以後晴れる。今朝は45リットルが五袋。滞貨一掃。

午後出社。金七万円受け取る。欠席多し。みんな何処かに行っているよう。なお体が丈夫でない女の子は、全日制への進学を望んでいるよう。でも中学校にも満足に通えていないからちょっと無理だよね。肉体的にもメンタル的にも。そもそも満員電車に乗れないよね。クラス生活にはストレスも掛かる。こういう根本的なことは無社長は何にもサジェスチョンしない。本当に無責任。退社後はBへ。1800円。続いて村田さんらと中華立ち飲みへ。何だか混んでいた。おじさん三人が隅っこで飲んだ。どうにも混んでいる店は受け付けない。一杯で退散。此処は出して貰った。結局黒介に一人で参る。他の常連客の話しを聞いて情報収集。2160円。此処の従業員さんは二度も罹ったという。うーん、流行は続くよ何処までも。帰宅は十二時半。

 

 

8/17・水

 朝から三十度もあるが、雨雲が出て来て、此れ以上は上がらないそう。吾人は本日までが盆休み。早速草取り。45リットル三袋で力尽きる。続いて獣医の所へ。久久である。本日は吾人のみ。シロは元気ですと夏の御挨拶。先生は大型犬も飼われているので「わんチュール」を進呈(と言っても家人が間違えて買ったもの)。あんなものじゃ足りないな。犬は大きさの差が激しい。やっぱり人間用のお菓子の方が良かった。

晴れて来たので屋内退避。昼はハムエッグライス。午睡の後、もうひと働き。朝から一リットル以上麦茶を飲んでいる筈だが、午後まで尿が出ず。出たものはかなり濃かった。汗と言うのは凄いね。慌てて更に五百ミリ。夕方から涼しくなる。夏も終わったな。晩はスーパーの総菜と冷凍食品。例によって酒を飲むと大量放出。

 五輪関係で今頃逮捕者が。収賄側は当時の理事。みなし公務員になるそう。大手広告代理店出身。贈賄側は紳士服の量販店。五輪のユニフォームスーツを作ったとか。割と地味な印象のある会社(晴れではなくケの日の通勤服)。其れだけに華やかな舞台に一度立ちたかったのだろう。前者が後者を食い物にした感じがする。どちらにしてもあんな大会のことは忘れて仕舞いたい。もういい。うんざりだね。

また統一教会問題がヒートアップするのは一向にかまわない。でも原価五百円の壺や経典を売りつけて日本人から散散収奪したと、反韓嫌韓になるのはちょっと拙い。本当に責められるべきは、愛国を標榜しながらも、こういう団体と関係を密にし、其の票や金を利用した保守政党の一部勢力なのであるから。感染者の全員報告も止めるそう。エラく面倒臭いと。事実上の五類格下げだね。また医療用の抗原検査キットもネット通販すると。全てが遅い。

 

 

8/16・火

 朝のヒロシ氏も復帰。但し鼻声。あれはなかなか取れないのです。曇ってはいるが南風が吹き荒れ、朝から三十度。徐徐に晴れて三十六度。今夏最後の猛暑日だそう。北日本はまた大雨。信託銀行から解約報告書が送られてくる。結局33万余の大損害。偶偶付いた定期預金の特典を差し引いてもマイナス25万円。もう言葉もない。まあね、日本経済は絶没、世界経済も不安定化するというのが吾人の見立て。早めに損切りを果たしたという訳であります。昼は食堂の弁当。家の中にいてもなお暑い。何故かくしゃみ止まらず。夜は貰い物の鰻を丼にした。また嗅覚を失う。

 近所の千代田寿司も閉まっている。コロナで従業員が足りないそう。全国では一日で三百人がお亡くなりに。結局病床逼迫。五山の送り火は三年振りにフル開催。LEDでいたずらされたのは二年前だっけ。併しああやって山に囲まれた生活と言うのはいいなあ。関東平野では無理です。

 

 

8/15・月

 大変に暑い日だけど、墓参り。行きは定石通りの高田馬場経由。急いで草を引っこ抜く。手短かに近況を報告。十時過ぎには終了す。さてさてまだ時間が早い。小平から三駅進み、所沢へ。「百味」という大衆酒場に開店と同時に入店。大箱だね。ビール二、日本酒二、刺身、焼き物、揚げ物と堪能。店内は昼酒の高齢男性多し。年金支給日だからかな。締めは所沢駅一番線の「狭山そば」。駅も変わったけどホーム上にあるのがいい。東急の「しぶそば」のように気取っていない。昔の駅そば。此れでいいんだよね。天ぷらも丁度いい量。メトロ直通で帰る。暑さとアルコールですっかりヘナヘナに。水シャワーの後、大量午睡。供花1800円、飲食費四千円。交通費概算1500円。月波君が財布を取りに近く(=碑文谷警察)まで来たらしいが応対出来ず。現金以外は戻って来たと。台風の日に自由が丘で酔って落としたらしい。晩は冷凍餃子など。伊那で良くなった肌もすっかり汗でかぶれた。

 折角急いだ内閣改造も酷い内容に。続続と統一教会人脈が露呈。身体検査が甘過ぎるな。其れに水田何とかなんて議員も政務官になっている。そんな馬鹿な。K首相も暑くて頭が朦朧としているのだろう。そもそも八月前半は忙しいし。此のままではあっという間に支持率が下がるな。A路線からの大転換の好機を自ら潰して仕舞うことになります。

注・・「狭山そば」は激減しているそう。小平駅も「越後そば」だった。頑張って欲しい。

 

 

8/14・日

 早速朝からゴミ拾い。三周。風は吹かなかったからビニール傘は無し。徐徐に晴れて結局暑い。何だか足腰が痛い。そう言えば、昨日サービスエリアで走ったからかな。雨中、往復二百メートル。そんな馬鹿な。昼は「大塚家」のラーメン。750円。漸く従妹の苗字の三文判を入手(110円)。確認書の作成に着手。電線が越境しているとかの確認書も書かせられる。万事細かい。家人にも代筆させたが、狛江と言う文字が書けなくなっている。そんな馬鹿な。けもの偏に白、江戸のえだよ。漢字ドリルが必要だな。

そんな家人だが、此処数日ろくなものを食べていないと言い始める。不機嫌生活に逆戻りである。オリジン弁当を食べさせた。牛焼肉スタミナ弁当。640円。完食したね。午後も漫然とす。草取りするにはまだ暑い。晩は枝豆とパスタを茹でた。

 

 

8/13・土

 台風に加え、グレ助が夏バテ気味で調子が悪いそう。家人が心配懇願するので早めに帰京することとす。散歩とモーニング缶ビールの後は冷蔵庫の整理。冷凍室は既に空になっていたが、冷蔵室も駄目である。大したものは入っていないが、残った調味料の類をコンポストに投棄。貰い物の自家製味噌とかもちょっと無理だよね。スイマセン。こうして常に目一杯入っていたものが殆どなくなった。グレートリセット。電源を落とす。2005年製だからもう寿命だね。

九時半のバスで下山。台風接近の為、午後は大雨だそう。鈍行でグタグタ飲んでいると取り残される恐れがある。此処は高速バスである。其のままバス窓口に駆け込む。運賃3700円、繁忙期加算が200円。少し値上がりしたようだけどまだまだ安い。十時半の新宿行き、信南交通車に搭乗。ほぼ満席と言うので通路側に着席。バス会社も儲かって貰わないとね。併しバスの通路側と言うのはどうにも仕様がない。前の方の席だったので身を乗り出して前方を見たり、首を捩って左右の景色を見たり。お酒も飲めないね。どちらしても手詰まりである。考えて見れば、窓側の人も可哀想である。吾人が心変わりして突然乗車した為に、一人席が二人席に。偶然の結果とは言え、ちょっとした不幸である。

山梨辺りで結構降って来たが、都下に入ると案外小雨。二時前にバスタ新宿に定刻到着。地元の回転寿司に寄って帰った。幸いグレも元気そう。束子状の尻尾も立っていた。こうして一泊の伊那行きが終了。交通費概算九千円、飲食費は六千円程度。予算も日程も余った。其れでも色色と気分転換は出来た。吾人が居なかったから家人も清清したことだろうし。晩は貰った牛肉を焼いたもの。都内の雨は八時には止んだ。中央線は止まらなかった模様。

注・・・西箕輪線、往復ともまあまあ乗っていた。良かった。高速バスは未だに減便していた。繁忙期は続行便も出ていたのに。地方のバス会社も大変である。

 

 

8/12・金

 朝の六時過ぎに家を出て、其のまま高尾駅に。本日は此処から各駅停車の旅である。みどりの券売機伊那市までの乗車券3410円を購入。まずは八時の甲府行きに乗車。割と混んでいたけど三駅ぐらいで大半の乗客が下車。早速缶ビールを二つ空けた。それにしても久久の外出である。細大漏らさないように見聞す。緑が眩しいね。増して真夏の旅など何時以来だろうか。昨年も一昨年もコロナコロナ、三年前は建て替え、四年前は実父が危篤。となると実に五年振りということに。目に映るもの全てが美しい。ところで、「成田菊水ホテル」って何なのでしょう。平成四年オープンとある。実に三十年も看板が立っているよね。

塩山でも特急を先に通す。隣りに止まった車両には中学生ぐらいの男の子が何だか難しそうなプリントを開いたまま寝ていた。勉強は塾でして下さい。睡眠も家で出来るでしよう。此処は景色を見なさいよ。甲府で松本行きに乗り換え。オールロング車が来たけど、所かまわずボトルワインを飲み干す。雲が出て来て八ヶ岳は見えないけれど愉快爽快。

接続列車と対向列車が遅れているとかで小淵沢上諏訪で長停車。此の辺りは単線のまま。何とかならないのかね。岡谷で途中出場。駅前の食堂で日本酒休憩ソースかつ丼付き。続いて天竜峡行きに乗り換え。お盆客等でほぼ満席。結構なことである。例によって車掌が走り回って切符を回収。幸いICカードで降りようという客はいなかった。伊那市には13時半には着いた。凡そ十分遅れ。それにしても、特急や新幹線はどんどん勝手に走っていくけど、各駅停車と言うものは乗客が強く念じないと動かないような気がしてくる。動け、走れ、乗り換えだぞと。正に旅だね。

其のまま伊那バスの西箕輪線に乗る。山荘には二時半には着いた。あとは木を切ったり、周囲を点検したり。なお冷蔵庫の調子が悪いそう。確かに冷えてない。夜はコンビニ食。段段と天候が悪化。夜は時折ざあっと降った。山際は涼しい。一人は寂しい。スマホも満足に動かず。

注・・・高尾駅は有人窓口も構内売店も無くなっていた。駅そば屋も。そんな馬鹿な。ビールを買うにも入った傍から出て、外のコンビニに行くしかなかった。

注・・・飯田線は東海エリア。スイカは使えません。くれぐれも紙の切符を買って下さい。

 

 

8/11・木

 厚労大臣には当初コロナ対策に当たったあのぼんくら大臣が復活。そんな馬鹿な。ところで都が打ち出した新築物件への太陽光パネルの設置の(努力)義務化に関しては、やや執拗ともいえるネガティブな反応が伝えられている。電力の大消費地である東京がせめて(よく晴れた日の)昼間の電気を作ることに何の異議があるのだろうか。こういう反対論を主導しているのは、所謂草の根保守かなあ。ネトウヨ日本会議、アンチ反原発、伝統的家族観、統一教会・・・。其の系譜にAの一派も連なるのも一つの事実であります。

余りに暑いので明日から伊那に避難しようと思った。留守中の家人の食料などを買い出しに回る。昼はスーパーの巻き寿司。晩は家人の炒め物プラス信濃屋の刺身など。夜は風強し。台風が来るかもしれないと。

 

 

8/10・水

 昨夜長崎から帰るなり内閣改造に着手。少少焦りが出ているとは言え、こういうのは感心しない。鎮魂と祈りの日でしょう。其れにもうじきお盆だよね。保守政党がこういうことをしてはいけません。北東北では大雨。今一つ梅雨が終わっていない感じ。今度は五能線が危ない。

 朝のラジオ、ヒロシ氏も罹患。そう言えば昨日変な咳をしていた。前から具合が悪かったらしい。もっと早く休まなくては。本日も猛暑となる。午後遅めの出社。明日から大貧学院も暫く盆休みである。中三数学の代講。最近入った子はまあまあ出来そう。久久に頭を動かした。月波君が来たのでBに参る。須々木さんとも再会。高瀬さんもいた。先月酷い喉痛に襲われたそう。確定診断は受けていないそうだが、やはりオミクロンだな。吾人同様非公式患者です。続いてバーIに転進。何だか疲れて仕舞い、吾人はメガジョッキ一つで退散した。二店で七千円。帰宅は十二時前。全国では25万人が陽性に。都内はそんなに増えず。みんな発熱外来を諦めているのだろう。

 

 

8/9・火

 朝から変な声の蝉が鳴いていた。シワシワと。調べたらクマゼミらしい。愈愈関東にも来たな。目薬が無くなったので何時もの内科眼科クリニックへ。四本が三か月で無くなったから、差し過ぎなんだな。結局零れている。勿体ない。併し目薬というものは難しい。其れでも眼圧は高め。23の24だそう。当たってないのだな。医は1180円、薬は3080円。全般的に混んでいた。例によって発熱外来の予約電話は引っ切り無し。通常検診の高齢者も大勢来ている。こういうものは秋にして貰いたいね。そもそも暑いだろうに。昼はスーパーの弁当。晩は豚の冷しゃぶと市販の付け麵。南風が吹き荒れ、午後は異様な暑さとなる。一切の作業は不能。夕方西に向かって水を撒いた。

 トラ氏も家宅捜索を受けたとか。恐らく次の選挙に出てくれば当選するだろう。何らかの形で公民権を停止させるしか、阻止する方法はありません。また当初反共産主義を標榜して保守勢力に接近した統一教会は、何時の間にか家庭連合に名前を替えていた。冷戦終結後は伝統的価値を標榜してやっぱり自民党に深く食い込む。明治時代のような家族の復活を。それにしても此の変わり身の早さ、権力や金への執念。少しは見習いたいものである。

 

 

8/8・月

 未明に入ったシロとグレはずっと遊んでいる。夜明けまで。ちぐらで寝なよ。今日から猛暑の再再来だそう。朝から三十度近い。咳も止まり、嗅覚も七割方回復す。朝から郵便局、クリーニング店、スーパーへ。隣りから境界確認書が送られて来たが、従妹の署名捺印まで必要。代筆するにしても判子がないんだよな。夕方前に草取り一時間。一昨日取ってしんなりした蔦を袋詰め。昼はとろろそば、晩はスーパーの鰤を焼いた。一日二食も作らされて家人はヘロヘロに。どちらか弁当にすべきであった。

 オミクロン対応ワクチンは秋から打ち始めるという。遅いよな。となると旧型ワクチンの四回目は打っても仕様がないということに。また都内はピークアウトしたという噂が。発熱外来に行かなくなっただけだろう。

 

 

8/7・日

 此の所は一日二百人近くがお亡くなりに。辛いね。成るべく普通に近い形のお別れをして下さい。先日の大雨被害で奥羽線北陸線も寸断。東北線第三セクター区間で運休。北海道から品物が運べなくなっています。鉄道貨物輸送もこんなに脆弱ではね。結局予算が少ないのだろう。在来線への。

 概ね曇る。少しは出掛けた。電車で溝の口へ。大型量販店でちぐらを購入。藁で編んだ猫用のかまくらのこと。元元は信越地方の特産品だそう。現在はバングラデシュ製。3800円。一応非プラスチック素材。何しろ夏場は野良のように草むらで寝ている。ちょっと情けない。気に入りますかどうか。続いて「元祖寿司」で昼酒。此処の白身魚の叩きの軍艦巻きと漬け三貫握りは本当に旨い。何だか混んで来たのでビール一、日本酒一で終了。2000円。丸井の崎陽軒に寄って帰る。帰宅は一時過ぎ。すると見知らぬ番号から着信が。調べて見ると、都のPCRセンター。今頃になって陽性者の追跡調査らしい。もう自己解決しましたよ。晩は久久の中華弁当他。汗疹等により身体のあちこちが痒い。掻いたところはカチカチに。アトピー化している。ステロイド剤を塗り込む。冷房も点けた。

 統一教会報道がかしましい。マスコミも息を吹き返したかのよう。与党批判も厭わない感じ。もう少し前からこうなって欲しかった。此れもテロの効用・・・と言って仕舞っては、ちょっと拙いな。

 

 

8/6・土

 今日まで涼しいのだそう。ゴミ拾いの後、西に向かって水を撒いた。今年は少量。続いて取った草蔦を袋詰め。朝は先日のカレーをうどんにした。嗅覚は多少は戻っている。咳も止まった。七月の売電量266キロ、6300円。断続的に草取り。午後の文化放送、パーソナリティー三人中二人が欠席。番組に成らず。うーん、療養隔離期間と言っても家からリモート出演ぐらい出来るだろうに。やってみなくちゃ。出鱈目政府の言いなりでは詰まらない。先は長いのです。終日無冷房。有り難いね。猫もぐっすり。晩は肉を焼いたが今一つ。そもそもビールの味が戻らない。未だに苦い汁である。

 北京幕府の怒りは未だ収まらず。台湾を包囲する軍事演習を進めていると。此のままではやはり戦争に成るな。数年以内に。メードインチャイナともおさらばである。(ありったけの経済制裁を掛けられて)欧米日が買ってくれなくとも、アジアやアフリカの後進国=一帯一路に売り付けられれば十分という算段なのだろう。冷戦終結後拡大が続いて来たグローバル経済と言うやつもそろそろお仕舞だと思った。悲しいです。

 

 

8/5・金

 朝方ドラッグストアーに参るもメジコンは売り切れ。あらま。解熱剤の棚も空欄が目立った。最早国民病です。植木屋さんが来て消毒。内科を覗くも何だか混んでいる。結局別店で入手したメジコンをのんだ。三日分で1500円弱。翻って見ると、六月や四月や二月の風邪はコロナではなかったということ。では何だったのでしょう。

国は何にもしないので、各県は勝手にコロナ対策宣言。何の効果もないだろうな。ずっとこんな感じ=蔓延です。九月以降はまた学校が大変なことになります。曇天で涼しい一日。すると生協は一時間も早く来る。人も代わった。前の若い人は辞めて仕舞ったのだそう。ベテランさんは速いのね。メジコンで咳は止まったが、心身ともにグタグタとなる。本日欠勤。気を取り直して一時間ほど草木取り。晩はあるものを食べた。夜も涼しい。九時就寝。

 

 

8/4・木

 朝からざる中華を茹でた。曇って涼しい。早速掃除をしたいが、生憎掃除機は二台とも破損(どちらも二十年物)。何れもモーターではなくノズル等のプラスチック部分。ガムテープで固めてもグラグラして捗らず。プラスチックの接ぎ屋を出したら受けるだろうと思った。以後数度の雷雨。昼は食堂の弁当。

午後遅く出社。今日から通常授業。喉の調子が悪い。夕方再びの雷雨。九時過ぎの退社後はBへ。幸い田岡さんと佑子さんに落ち合えた。すると見知らぬ中年男女が皿の位置を巡って口論している。大声で。どうしたのでしょう。閉店まで居て2100円。やっぱり一割程度は高くなっている。ちなみに皆さん、インフルエンザにも罹ったことが無いと宣う。体が丈夫なんだね。其のまま帰宅。夜は寒いほど。以後日清どん兵衛。アルコールが入っても小咳止まらず。就寝前メジコンとトラネキサム酸。メジコンは全弾使用終了。なお須々木さんは、朝は結構豪華な仕出し弁当、昼は利休の牛タン弁当、夜は安スーパー風の中華弁当だそう。なんかやっぱり変だよな。

 東北は大雨被害。磐越西線米坂線が落橋したと。ああ。ところでリッター当たり五円で始まったガソリン類への補助金はあっという間に増大し、今年だけで二兆円にも及ぶのだそう。全部予備費。むしろガソリンは上がるに任せ、ガソリンカーの退場を一気に促す方が良かったかね。買い替えの補助金に回した方が。

 

 

8/3・水

 朝から三十度の日。異様に暑い。お昼前出社。気が付けば講習最終日である。幸い欠席者なし。即ち塾内感染も無し。結構バテバテとなって八時前退社。早速Bに参るも誰いない。オミクロン体験談を披歴したいところだけど全くの空振り。復帰の第一試合なのだけど。仕方なくIに少し寄って帰った。二軒で三千円。帰宅は十時過ぎ。以後カップ麺。

就寝後に雷雨。異様な熱気は流れて行った。なおビールの味も今二つだった。そんなBだが今月から値上がりした。ビールは440円から490円へ。個人事業税の納付書が来る。今年は11万余。

 

 

8/2・火

 今日は最高の猛暑だそう。痰はまあまあ切れた。するとやっぱり家人は四回目を受けたいと宣う。近所で取れたのは三週間先。相変わらず区のワクチン配分がおかしい。一方、須々木さんからは三度三度の食事の内容が電送されて来る。昨夜は貧相な牛丼とミニサラダ、今朝は割と豪華な幕の内弁当、昼は中華弁当。晩はデパ地下のような弁当。此方もなんか変だな。二年も経つのに。

吾人の昼は一昨日の肉豆腐にうどんを入れたもの、晩はマルエツの総菜と家人のゴーヤチャンプルー。すると何だか咳が止まらなくなる。何だかやっぱり治っていない。夜だというのに二階は三十五度もある。堪らず冷房避難。就寝前メジコン。今度は103も退出すると。今年六軒目。過去最高である。四月、六月、八月と何故か二軒ずつ出て行く。ガラガラ物件になります。

米国下院議長が台湾を訪問するとかしないとか。北京幕府は激昂していると。幾ら大統領の次の次だと言っても、庶民院の議長だよ。法的に念の為に定められた程度の物。幕府には民主政治=三権分立と言うものが分からないのだろう。それにしても、北京は何時もいつも怒ってばかり。あんなに怒るということは自らの権力の正統性に自信がない証拠なのだろう。大体やね、米台で組んで大陸に逆侵攻する訳ではないのに。どうしてあんなに怒るの。

 

 

8/1・月

 さてさて自主的な療養期間も終了。今月は浴びるほど外で飲みたいね。併し暫くは猛暑だそう。朝から既に三十度。八時から冷房である。ああ、膨大な国富が二酸化炭素になって流出す。残念です。

 昼はポークカレーを自作。余ったトマトジュースで煮込んだらちょっと酸味が強かった。いや併し、こうして作って食べても何の匂いもしないことに気が付く。大風邪の後は大抵こうなるけど(まだ鼻声)。うーん、咳も残る。やはり重症である。なお家人はコロナ相談センターに何度も電話している。コロナを移されたような気がするが、四度目のワクチンを受けるべきか受けざるべきか。そんなことを相談されても答えられないよな。幸い何度架けても話し中だった。一方須々木さんは五日も経ってからホテルに収容されたそう。残り五日を此処で過ごすと。酒も飲めないビジネスホテルにわざわざ入る辺りは、御家族の意向だな。(飲み歩いて移された)お父さん、お願いだから出て行ってとしつこく言われたのだろう。晩はスーパーの天ぷら他。

 全国では一日百人近くがお亡くなりに。都は有症者に抗原検査キットを配る方針。自分で調べて発熱外来に来ないで欲しいと。既に医療崩壊なのだそう。何回目だろうか。ちなみに都内の公式陽性者は累計220万人。実際は此の二倍だとしても、集団免疫の段階まで行くには、更に二から三倍の感染が必要らしい。事実、東京の一歩先を行く沖縄が一向に収まらない。ああ。

 

2022-7月

7/31・日

 家人はやっぱり具合が悪いという。やっぱりコロナなのかなあ。其れでも洗濯していた。二日連続で。本日も猛暑となる。午前中に買い物二便。昼はオリジン弁当。晩は枝豆と肉豆腐。207も転居すると。此の人も一年未満。故郷に帰るそう。サービス業が総崩れだからな。こうしてコロナコロナの七月が終わった。嗅覚の復旧はまだである。

 アメリカの景気失速で異常な円安はやや落ち着く。内閣支持率は急落。何もしないものな。統一教会報道で元総理の評判もがた落ち。国葬を行う頃には様変わりしているかもしれない。

特注・・・嗅覚は二週間ほどで回復。咳も消えた。職場内の感染も無し。でもやっぱり単なる風邪ではないという印象でした。以上早めの報告。8/14記す

 

7/30・土

 非常に暑い。家人の四度目のワクチン接種は敢え無くキャンセルに。隣りの物件はオーナーが引っ越しして行った。例によって未分別のゴミが残された。オーナー自らが此れではね。次は真面な人が入って来て欲しい。ちらっと見たところオーナー部屋は真っ黒にリフォーム。次の人が困るだろう。昼はスーパーのとんかつ弁当。他に伊勢の御福餅。栄養を取らなくては。午後も漫然とす。久久に明るい内から飲み始めた。吾人は豚のしゃぶしゃぶうどんを作り、家人に供した。

 都内は三万人超。もう発熱外来に来ないで欲しいと。大して具合が悪くないのに会社や学校に提出する陽性証明を求める人が殺到しているのだと。ブルシットジョブである。諸外国ではもう検査もしないのだそう。一週間休んで御仕舞とのこと。其れでいいよね。

 

 

7/29・金

 東日本がローカル線の収支を公開。驚くような営業係数が出ていたけど、じゃあね、山手線や横浜線の収支も見せて下さい。驚くような・・・(多分、10とか15とか)。全体として黒字ならば、問題ないでしょう。元は国民の財産なのだから。

 家人に異状なし。ウイルス被爆量が少なかったのだろう。今日も晴れて非常に暑い。なお新型コロナ発症者の療養期間は現在十日間となっているが、此れも短縮されることだろう。コンビニ食の後、お昼に出社。発症八日目であるが、引き続き講習授業。一応抗原検査す。当然陰性。咳も減った。本日はラストまで。七時半の退社となる。吾人の講習は此れで概ね終了。欠勤は一日。講習中は早く上がれるからあっちの店やこっちの店で沢山飲めると楽しみにしていたのだが、結局それどころではなくなった。つくづく予定とか計画が立てづらい世の中である。帰宅後、家人の牛肉炒めなど。

注・・ローカル線とは輸送密度二千人未満という新定義がなされた。羽越線奥羽線は該当して、八高線はローカル線ではなかった。また此の収支には乗り放題系の切符は反映されているのだろうか。ローカル線は青春18きっぷで、根元の部分までは新幹線で、なんて乗り方をしている人も多い筈。それにしても、「日本海」や「あけぼの」を無くした結果は大きいな。夜汽車一本で150人くらいは乗るだろうし。

 

 

7/28・木

 家人発熱す。七度程度。そう言えば昨夜喉の痛みを訴えていた。まさかとは思うが、やはり移ったな。あれだけ防疫していたのに。という訳で吾人が家事の先頭に立つ。自室隔離は解除。方方を片付け、麦茶を作り、昼はスーパーの天ぷらうどん。家人にはまぐろ丼。暫く様子を見たけど何とか成りそう。熱も直ぐに下がったと。

さてさて発症から七日目、熱が下がって丸四日。もう大丈夫でしょう。お昼に出社する。引き続き講習授業。常にマスクはオン。窓も開け、成るべく近くに寄らないよう、かつ小声で授業す。併し久久に喋ると痰が絡んで咳が出る。まだまだ治っていないな。嗅覚も全損状態。

夕方になるとスマホに通知が来る。予定より一日早い検査の報告。少し唐突。結果は・・・、予想通りの妖精でした。あらま、というよりやっぱりね。一応無社長にも報告す。念の為、職場にあった抗原検査キットで再検査。此方は陰性。PCR検査は一昨日の物だからね。もう消えましたよ。其れでも取り敢えず、一時間早退。帰宅は七時過ぎ。以後残り物で晩酌。お土産に貰ったキットで家人を検査。すると此方も陰性。うーん、此のキット大丈夫かね(日本製、研究用、時価千円相当だったそう・・確か今春に購入)。異様に蒸し暑い一日。北から雨が来たが、世田谷は大して降らなかった。十時就寝。

 都内は四万人を超えたそう。ちなみに吾人の検査は任意な物なので此の中には入っていない。妖精となった方は改めて医療機関に掛かって下さいと告知された。でももう治ったよね。申告しません。こういうケースは更に何万人もいるのだろう。患者殺到で今度はカロナールが足りなくなったそう。ラインによると須々木さんも妖精に。喉痛のみだそう。時期を鑑みると移したのは吾人ではありません。

 

 

7/27・水

 秋葉事件の元被告が死亡。あの事件から十四年も経ったのだと。元被告は壮絶な毒親に育てられたと記憶している(教育虐待系)。母親などは存命している筈なのだが。それにしても最後の一押しをしたのはネットの掲示板。煽るような書き込みをした人は反省しているのだろうか。

 晴れた上に異様に蒸し暑い。なんだか変な夏である。朝から草取りとゴミ拾い、びっくり箱の片づけ。小一時間。体も動く。咳も解消。昼は先日のハヤシライス。夕方も草刈り。あんまり人が出ていない感じ。お盆の頃のような雰囲気だな。蝉も少ない。晩はコンビニの冷やし中華他。毎度毎度の部屋食で家人も疲れたそう。それにしても鼻は通ってはいるが、嗅覚が戻らない。従って食欲もない。缶ビール一、白ワイン一合半。熱こそ早く下がったが、全身のダメージはインフルエンザに匹敵する。此れが新型コロナ=オミクロンだな。例によって、誰に移されたか思い起こすも該当者は無し。先先週来色色とあって、免疫力が下がっていたのだろう。

 

 

7/26・火

 留萌線も愈愈らしい。国の検討会は乗車密度千人未満の区間に協議会を作るように進言。事実上の廃線協議会だな。オデーサ港に巡航ミサイル穀物輸出再開で合意した翌日だというのに。現地の兵士は合意自体を知らなかったらしい。司令部が遣わした伝書鳩が間に合わなかったのだろう。十九世紀の軍隊だな。また統一教会自民党との関係も報道されるようになる。漸く、である。

午前中は何回か通り雨。喉も昨日よりかは良くなる。商店街にある無料検査場に行って見ると、何故かやってなかった。あんなに宣伝していたのに。肝心な時に役に立たず。こういう所も何処か運営しているのか見当がつかない。全部民間委託である。益益ドウスレバイイ。検査が出来ない以上、取り敢えず明日の欠勤を伝えた。昼は家人の素麺。午後も昏昏と寝て仕舞う。やはり疲れているな。

夕方、駅の向こうの検査場に行って見た。無料で直ぐに出来るという。濃厚接触が疑われる人と発熱している人は御遠慮下さいとなっている。幸いどちらも該当しない。(頭がまだ動いていないせいか)スマホの登録に四苦八苦。凡そ医療とは関係なさそうなミュージシャンのような係りの人に助けて貰った。唾液方式。試験管のようなものに注ぎ込む。緊張のせいか数ミリリットル出すのに苦労した。なお検体大渋滞で結果通知は三日後だって。ああ。さてさて本日為すべきことは終了した。シャワー入浴。晩は家人に豚を焼いて貰った。嗅覚が復旧せず食欲も今一つ。酒も進まず。

 

 

7/25・月

 朝方シャワー入浴。小咳が残る。数は減ったが、気管のやや深い所に移動した感じ。良くない傾向である。抗ヒスタミンで鼻を通し、トラネキサム酸で喉を癒す。寝具類も大洗濯。家人に異状なし。幸い春子叔母さんも熱は下がったと連絡があった。引き続き自室療養。晩は家人が買って来たスーパーの総菜類。缶ビール一。まあまあ旨い。時折浅田飴。うーん、駄薬頼み。いえいえ、昔からある伝統薬です。

なお水曜からはまた講習勤務。其の前に陰性を確認したいが生憎確認する術がない。掛かりつけ医は発熱外来をやっているが、ホームページによると毎朝二十分で予約満席だそう。抗原検査キットは(多分)売り切れ。都の推奨する検査場も満杯らしい。ドウスレバイイ。今度はサル痘だと。国内で初確認。

 

 

7/24・日

 シロは何遍も上がって来たが、其のまま帰って貰う。移す訳にはいかないからね。未明にはだいぶ下がった感じ。六度台後半。朝方にカロナール。以後平熱。なんとか治まった感じ。発熱は一日半。最高は八度五分。此れもワクチンの効果かな。喉は少し痛む程度。湿った小咳が時折出る。昼は家人のとろろ蕎麦。食欲無し。やはり全身のダメージが他の風邪とは違う。行動制限すべきだった。陽が暮れるとまた微熱。鼻が詰まるので抗ヒスタミン。腎臓を守るために水も多めに摂取。本当に健弱である。晩は家人が用意した病人食。二日続けて無酒。寝しなにトラネキサム酸。気管支拡張剤も待機。例によって残薬、市販薬総力戦である。

 外は第二の梅雨明けのような天気。都内のコロナは三万人前後。当然此の中に吾人は無し。吾人も数えて貰いたかった。各種ニュースではコロナと夏祭りが同列に。マッチポンプです。結局先月の入国規制の緩和が良くなかった。桜島が噴火。併し官邸の要である官房長官も罹患、療養中。

 

 

7/23・土

 あんまり寝られず。九時起床。検温すると三十七度。喉はややかすれた感じ。少しくすぐったい。今度こそオミクロンに違いないと思った。昼過ぎには八度五分を記録。以後やや下がる。部屋で唸っていると、従妹の優子さんから電話があり、施設に入っている春子叔母さんも罹患したと。九十二歳。九度も出ているという。何とか回復するよう祈るしかない。

 昼はコンビニの冷やし中華。午後の発熱は八度前後。ジュクジュクと。熱の割りには何だか寒い。タオルケットを巻き付ける。せめて咳を防ごうと夕方に市販のメジコン投与。夜は助六

 

 

7/22・金

 朝方に一雨。以後晴れて蒸して来る。須美伯母が来るので、昼は食堂の弁当。三個買って中身を入れ替える。ハンバーグ、油淋鶏、鮭のミックス弁当となる。昼に出社。すると何だか喉がくすぐったい。オミクロンかもしれないと思った。月波君がやって来る予定だったが直前にキャンセル。其のまま帰ろうかと思ったが実は腹が減った。ラーメンとビール一本を黙って飲んだ。帰宅は九時前。以後冷房室に閉じ籠る。やはり小咳。喉をやられた。窓開けっぱなし、扇風機点けっぱなしで寝ていたからなあ。ちなみにどの飲食店も大変混んでいた。熱は無し。節節に違和感。

 都内は3.5万人。全国では20万人。恐らく此れ以上は測れないのだろう。オミクロン5型は確かに凄まじい。巨人軍は半分罹患。中日との三連戦は延期。出演者が陽性となり歌舞伎もコンサートも続続中止。此れでも政府は何も決めない。何もしない。医師会に土日も診察してくれと依頼して、あっさり断られた模様。暇な開業医は山ほどいる筈なのに。

 

 

7/21・木

 晴れてまあまあ暑い。お昼に出社。今日から夏の講習。小五社会から。幸い五月蝿い男連中は未受講。心穏やかに過ごせた。終わりは七時半。其のままBへ。今日は閉店近くまでいた。2350円。十一時前には帰宅。以後日清カップヌードル

 都内は三万人に。Bも空いていた。なお具合が悪いのに、何百回も電話して、何時間も待って、どうにかこうにか発熱外来に入っても、出て来た薬は解熱剤と葛根湯だそう。家で寝ていた方がいいよな。

 

 

7/20・水

 今日は暑くなるみたい。涼しい内にハヤシライスを自作。材料費700円。夕方前出社。授業はないが、講習の準備など。七時過ぎにはBへ。須々木さんと村田さん。二時間飲んで、日高屋へ。プラス佑子さん。帰宅は十一時過ぎ。計四千円。

 角界プロ野球選手も続続感染判明。都内も二万人超え、全国では十五万人。発熱外来は一杯だそう。家で寝ているしかないね。沖縄も五千人。なかなか収まらない。学校が休みになる以外、減る要素がありません。

 

 

7/19・火

 ウクライナ政府も一枚岩ではない模様。大統領は側近を解任したとか。講和派と抗戦派で揉めるだろうな。シロによる断眠酷し。曇天。朝は残ったカレーをうどんにした。五か月経ったので家人が四回目のワクチンを受けたいと宣う。併し例によってP社となると地元の集団接種会場は丸で無し。二子玉川梅が丘、砧などにはあるようだが、そんなところまで行けないよね。高齢者に。此の暑いのに。此れだから大きな区は融通が利かない。人口分布というものを分かっていない。人口重心とかを勉強して欲しい。ずっと探していると漸く一枠だけあった。近所の行ったことのないクリニック。偶偶空きが出たのだろう。

昼は信濃屋の弁当。段段小雨。午後信託銀行員の訪問。解約手続き。損失は30万円以上。月一万弱の計算である。一万円あればね、立ち飲み屋や日高屋に五回は行けた。タクシーで六回帰れた。大損害である。嫌な物が一つなくなって清清したと考えよう。残りは全て普通口座に。投資から貯蓄へ。少なくとも減ることはないものな。スーパーの刺身と唐揚げで明るい内から飲み始めた。嫌なことは飲んで忘れて仕舞いたい。他に鰤を焼いた。微かな排尿痛は継続。尿管ステントの後遺症の模様。耳鳴りは此れ以上治らない感じ。憂鬱な人生である。

 

 

7/18・月

 朝方は曇る。まずゴミ拾い。流石にそんなに落ちていなかった。続いて草取りと集積所のチェック。収集車がまき散らした破片ゴミを拾い、遅刻したゴミ袋を下げる。買い物は一便、花の終わったアガパンサスをバッサリと切る。熊手でネトネトした葉を掻き出すと晴れて来た。直ちに退避。昼前だけど日高屋へ。モーニングビールに中華丼他。1700円。アル中おじさんである。午睡の後、散髪。

 晩酌後、芥田先生を交えてのオンラインゼミナール。テーマ設定は月波君に任せたところ、鳳生大学の昔話。三木清氏、中村哲氏や石母田正氏らのエピソードトーク満載となる。先生は喜んでいたけど内容は一般的でなかった。八時から十時過ぎまで。更に雑談を十二時まで。ちょっと疲れた。

 

 

7/17・日

 朝には降りやむ。ゴミ拾いは二周。駅方面に。飲料系多し。少なくとも二十個以上。びっくり箱状態の自販機脇の容器入れも袋を入れ替えた。計四か所。徐徐に晴れた。久久である。少し陽に当たろうと自転車で世田谷通りを下る。何処か町中華を開拓したかったが該当店無し。結局環七の「大菊」。ビールにから揚げ、冷酒からのラーメン。シンプルな中華そば。具はナルト、海苔、チャーシュー、菜っ葉。旨い。蕎麦屋のラーメンも侮れないね。でも蕎麦屋さんでラーメンばかり頼むお客と言うのはどうなのだろうと自問。2350円。午後は寝て過ごす。飲む以外にさして娯楽のない生活である。晩はチャーハンを自作。

全国では毎日十万人が陽性者に。でもインフルエンザの最盛期は確か一日百万人と聞いたことがある。もう慣れたね。コロナにも。いい加減、あと少しで収まるだろう。露軍によるミサイル攻撃はわざと民間地域を狙っているのだそう。酷い話しである。それにしても、自由であるとか人権であるとか、そういうものを標榜すらしない国家に対しては、非難する言葉さえ見つからない。国家においても建前と言うものは必要であると思った。本音の堕落を多少なりとて防ぐ効果があるからね。

 

 

7/16・土

 大体曇る。世間的には久久の連休だが何だか雰囲気が暗い。天気とオミクロンだな。ゴミ拾いは三周、少し剪定。早速伸びて来た。スーパーに一便。また雨。気分を変えようと、昼は地元の回転寿司へ。何だか雰囲気が違う。解析すると全ての皿が値上がりになっていた。税抜き120円が、税込み150円に。其れでも日本酒三、三千円。涼しいので昏昏と午睡。晩は家人のゴーヤチャンプルー。コンビニの串焼きも加えたが不味いこと夥しい。脂が濃すぎるな。野良に続いて狸のようなアライグマのような生き物も来た。久久に湯船入浴。夜も大雨。

 

 

7/15・金

 ずっと大雨。戻り梅雨の末期の様相。朝一番で信託銀行に電話して、ファンドラップの解約を申し込む。三年間で黒字になっていたのは最初の数か月のみ、現在ではマイナス35万円、7パーセントの損失。そろそろ下限に近付いている。そもそも詐欺だよな。こんなもの。少し止んだ。昼は食堂の弁当。午後はまた大雨。ほぼ寝て過ごす。メンタル不調で本日欠勤。夕方前から飲酒。締めは家人のオムライス。

 所轄の奈良西署は不祥事の公表を控えており、そもそもの頭がいっぱい。急遽決まった遊説の警備計画も大慌てで作った杜撰なものだったそう。こういう偶然が重なるのだな。ちなみに容疑者は鼻の出たマスク姿だった。此れも警戒されなかった理由の一つだろう。それにしても奇跡のような長期政権を成し遂げたAであったが、人生の幕引きもまた逆奇跡のような運の悪さだった。

注・・拳銃の弾丸を紛失した事件。無実の署員を自白させ、ノイローゼになったそう。また元元の長野の演説は立候補者のスキャンダルが判明して土壇場でキャンセル。振り替えとして奈良になった。

 

 

7/14・木

 従来、所謂無敵の人の標的は歩行者天国や商業施設、電車内など不特定多数の市民であったが、今後は政治家や経済人など社会的地位の高い人に向かうかもしれない。正しくテロルの時代の幕開けとなる。そうなれば今回の事件は一種のターニングポイントとしても記憶されることになるだろう。東電経営陣に13兆の賠償命令。東京地裁。防ぐ気があれば防げたと。数十億円程度の非常防水電源さえあれば。

 引き続き戻り梅雨。昼はスーパーのチキンカツ。203は清掃作業。掃除するところもないけどね。なお解約違約金は請求しなかった。信託銀行から報告書。投資信託の損失は益益拡大。そろそろだな。全解約しよう。浮かない気分で傘差し出社。途中から本降り。びしょびしょ。すると生徒は勉強しないしスマホと私語が止まらない。度度激昂す。猫でも薬缶でも誰でも入れて仕舞う。Fランク学習塾である。こういう日は駄目だ。授業を放棄して緊急早退す。Bと黒介に寄って帰る。二軒で五千円。帰りも雨。以後日清どん兵衛。夕方Kが会見し、Aの葬儀を秋に改めて行うと。国葬ならば仲が良かったロシアでやればいいと思った。あそこも国葬地帯です。

注・・余りに早く転居するとそういうお金が発生するそう。

 

 

7/13・水

 昨夜から概ね雨。よく降った。昼はカレー。午後までぐずつく。区から手紙が来て、今年度の健康保険料が決まりましたと。介護保険と合わせて64万円だそう。去年より少し下がったけど結構な金額。事実上の税金である。まあね、今年は色色と掛かったからね。午後出社。退社後はBに。皆さん勢ぞろい。其れでも十時過ぎには閉店モード。其のまま解散。1540円。帰宅後炒り豆腐ライス。

 キハ283は石北線で使うそう。となると183が玉突き式に引退。一応、年の順となる。都内の感染者は二万人に迫る。効かないワクチンに、人出はそのまま。減る要素がないね。第六波の経験上、2.5万人までくらいしか調べられない筈。愈愈針が降り切れるな。

 

 

7/12・火

 サハリンの天然ガス施設はプーに接収される。今冬はガス不足になる見込み。早速各界に節ガス要請。ロシアからの資源の輸入など、今後三十年は諦めた方がいい。こうなったら薪を燃やすしかないな。それじゃあ足りないかあ、イラン辺りがこっそり売ってくれないのかな。友好国でしょう。暖冬になることを祈るしかない。

大体曇る。家人は小杉の大学病院で胃の検査。付添いは不要だと強弁するので吾人は自宅待機。何となく手持ち無沙汰なので昼はカレーを自作。今度は豚の小間切れを使用。となると一食100円以下の見当。ポークカレーは安いね。其れにそもそも関東は豚だよね。昼過ぎに家人帰宅。朝から絶食な筈。早速給仕しようと思ったが、考えて見れば、胃の内視鏡検査の後にカレーは無理だよな(しかもちょっと辛めのハウスジャワカレー)。吾人も阿房だった。結局千代田鮨を買いに行く。先日の請求書が来る。ブラインド交換3.4万円、網戸張り替え四枚で1.8万円。税別。

午後は漫然とす。辛うじてクーラー無し。時折小雨。暫く戻り梅雨だそう。久久にオミ会長が出て来て、既に第七波だと述べたそう。併し行動制限は不要だと。まあ確かに今更戻れないよな、あんな(中学生のような)生活に。愈愈都内の感染者は一万人を突破。一週間で二倍以上。うーん、ドウスレバイイ。晩は残り物など。夜半に豪雨。漸く草木が潤った。カラカラだった。

 

 

7/11・月

 改憲勢力は三分の二に達したそう。ただ親玉が亡くなったからな。K首相がどう動くかは不明。そもそも多くの国民にとって改憲は関心のない話。Aに対しては各国からも弔問される。それにしても外国人には分かりにくい。韓日のカルト教団に家族と財産を奪われた恨みで殺害されたなど。日本政治のダークサイドです。だから自民党は・・・。

 かなり暑い。そんな当該宗教団体が会見。今では家庭連合と言うらしい。昔は酷かった。家人によると吾人と同級の小口さんがはまり込んで、何度も勧誘に来たのだそう。何時間も粘るので、結局出入り禁止にするしかなかったのだと。あの母娘は元気かな。確か少し先の官舎に入っていたと記憶している。

午後臨時出社。漢検答案の発送。今回は欠席が多かった。コロナによる学級閉鎖で来塾出来ず、とすると次回への繰り越しが可能。一人ずつ申請せねばならず、パソコンにかじりつく。他は夏期教材の発注など。六時に退社してBに参る。するとIの式にも列席した従業員の吉村さんがいた。此の人の本職はカメラマンなのだそう。当日は色色と撮影させられていた。才能があるのだね。お疲れさまでしたと冷たい物を差し入れす。時間が早くて終始ひとり酒。中から冷やして帰るのみ。2100円。八時帰宅。十時就寝。Aの通夜には多くの一般人も来たのだそう。人気があるのだね。それにしても此の件で一番得をしたのはKだなあ。

 

 

7/10・日

四時起床。朝から気分がいい。やはり飲み歩きは楽しいということ。早速ゴミ拾い、二度寝の後、投票所へ。参議院選挙。大して関心はないけどね。例によって近所の中学校。なお次の総選挙から区割りが変わる筈。此処に来るのも最後かもしれないと思った。続いてコンビニの冷やし中華。昼はカップ焼きそば。105の退去確認。居間は綺麗だけど、台所がドロドロ。料理はしても片づけまではしないよな。男(に貸すのは)はつらいよね。晩は貰い物のハムなど。

報道等によると、容疑者は数か月前に退職。以後一方的な恨みを募らせ、武器製造に着手したと。そういう点では、所謂無敵の人的な要素もあるなあ。夜は開票速報。例によって与党が大勝。どうしようもない人ばかりが当選す。なお維新は伸び悩み、立民は全壊を免れる。社民党は党首ひとり残った。投票率はやや増。弔い効果だな。

 

 

7/9・土

 朝になるとテレビは全て平常に戻っていた。朝刊だけが大見出し。併し既に古新聞と言った様相。なお容疑者は元自衛官。今のところは個人的に恨んでいたと供述。政治的背景はない模様。動機は宗教団体絡みだと。何でも御家族が身ぐるみを剥がされたそう。となると、あの教会かな。えげつない集金集票マシーンだったから。自民党の暗部である。なお銃は自家製。あんなもので当たるのだね。警備陣もまさか撃って来るとは・・・。

 昼前に三日目のカレー。先月の売電量288キロ、6912円。梅雨明けした分、好調だった。概ね晴れ。其れでも朝晩は涼しいから助かる。鷺の間君と月波君から暑気払いをしましょうと言うので夕方前出掛ける。取り敢えず武蔵小杉へ。以前入った「清水港」という居酒屋に。それにしても鷺の間君とは二年半ぶりのリアル対面。総じて元気そう。最近ポロシャツで出勤して問題になったそう。日本の会社は駄目だなあと言う話。なお看護師の奥さんは大病院から老人施設に移ったそう。なかなか大変だものね。何だか急に混んで来たので一時間半ほどで退出。三人で1.3万円。ちょっと高かった。続いて区役所の並びの蕎麦屋へ。此処は安くて旨かった。鷺の間君とは此処でお別れ。月波君が是非とも挨拶がしたいとかでバーIへ電車回航。併し吾人は幾らも飲めず。メガジョッキ一杯で退散。タクシー帰宅(1540円)。飲み代として1.3万円くらい。二週続けて内需を爆発させたぞ。十時就寝。

 

 

7/8・金

 朝から昨日のカレー。旨い。二日目のカレーはどうしてこんなに違うだろう。それにしても材料費千円以下で五食以上は食べられる。自炊は安いね。徐徐に晴れる。ぼんやりしているばかりでは駄目なので、何本かの草を引き抜き、そろそろ昼の素麺の準備をしようと思ったところで、Aが撃たれたと。決して褒められた総理ではなかったけど、テロは許してはならない。政治的であれ個人的であれ。其れに銃を使ったテロリズムなど、愈愈戦前のような社会になって仕舞った。残念です。 

 午後出社。本日漢字検定。夕方、夫人の到着を待って死亡の確認と公表。奈良の地味な遊説先で撃たれたそう。容疑者は地元の人だと。色色と銃器を用意していたそうだが、まさかそんな大物にぶち当てるとは思ってもなかったのだろう。毀誉褒貶の激しい人だった。在任中も退任後も。ああいうことをやっていたから命数を使い切ったのだろう。撃たれたから痛かっただろうな。退社後はBで1600円。更に須々木さんらと「せい家」に。此処は奢って貰った。帰宅は十二時。夜は涼しい。芥田先生からはメールが、奥様からは葉書が来る。冷菓のお礼。物を差し上げるというのは楽しいね。

 

 

7/7・木

 曇り。湿度はやや低い。少し草取り。涼しいので昼はカレーライスを自作。具は薄切り肉と玉ねぎのみ。イメージは町中華の(一から作っているけど直ぐに出て来る)カレーである。まあまあ旨かった。ラーメンスープで煮込めばもっと旨いのだろう。

午後はやや晴れた。夕方パン食。退社後はまずBで1640円。Iが再開したので寄って見る。店主と結婚式の反省会。すると二次会にも参加したという熟年夫婦が現れる。どういう訳だか政治の話になり、最近目覚めたと宣う。既成政党は駄目だと、マスコミも駄目なのでネットを見なさいと・・・。とんでもない政党への支持を主張された。うーん、大丈夫ですか。2200円。二杯の値段で三杯分飲めるというメガジョッキにして節約す。帰宅は十二時。以後貰い物のイクラ漬けで御飯。夜も涼しい。一時就寝。

都内の陽性者は8500人だそう。感染力が更に強いオミクロンの5型が来たと。それに先週は暑かったからな。ついつい締め切ってクーラーを掛けた。沖縄などずっと蔓延している感じ。北海道はまた違うのだろう。

注・・其の政党は一議席を獲得した。参政党という。所謂草の根保守かな。

 

 

7/6・水

 結局台風は低気圧となって逸れて行った。都内は大して降らなかった。ただ内陸部は相当降ったみたい。田畑に降ってくれれば十分である。一方コロナは倍増の模様。もう数千人である。

 何だかやっぱり蒸し暑い。午後出社。金伍万円受け取る。講習の時間割を決める。周辺の中学校は既に学級閉鎖だと。あらま。あっという間に蔓延です。速いなあ。なお面談では授業のレベルが低すぎるという苦情が寄せられたそう。でもね、あなたのお子さんがスマホ中毒ですよ。授業とは先生と生徒の相互関係で成り立つものなので、生徒のレベルに合った授業しか提供することは出来ません。それにしても最近は生徒の質の低下が著しい。まあまあ教えた感じがしたのは二年前の中三まで遡る。既にあなたの先生は死んだように教えているだけです。どの道、あと一二年だな、此の仕事も。早く辞めたいです。退社後はBで1590円。風向きが変わったらしく夜は涼しい。帰宅後サケフレークライスなど。

 

 

7/5・火

 のろのろ台風で四国九州は梅雨の末期のような大雨に。今度は降り過ぎるね。露軍はルハンシク州を制圧。東部二州のひとつである。先に占領したマリウポイなどはどうなったのだろう。インフラはどの程度直したのだろう。何にも報道が入って来ない。また北の国のコロナも収まったよう。案外死者は出なかったみたい。風邪で亡くなるような人は元から生きていないのだろう。

都内の朝は凄い日差し。さてさて三日経ったが体調に特に問題なし。自主隔離は終了。池尻の激安スーパーに行き、三リットル1100円のスペインワインを入手。辛口。点滴液のようなパックを箱で包んだタイプ。ボトルに直すと一本300円以下。輸送費が安いんだろうね。当分は此れで節約す。昼は食堂の弁当。午後は風と雲が出て来て案外涼しい。家人は手羽の煮込み、吾人は麻婆豆腐を作成。早速ボックスワインと合わせた。箱の下の蛇口のようなものを捻ったら出て来る。止水弁のようなものを使っているみたい。よく出来ているなあ。(ヨコチンみたいでちょっと格好が悪い・・スイマセン)

 

 

7/4・月

 曇り時時雨。久久のお湿り。105の引っ越しゴミを出す。分別が甘そうだけど、取り立てて変な物は入っていないよう。出して仕舞うより他に無し。凡そ300リットル。大半が百円ショップで売っているようなもの。数年使って、結局全部ゴミである。

雨中家人は鎌倉へ。バス停までお見送りした。此れでまた草が生えるな。昼は蕎麦を茹でた。先週の釜茹でのような暑さで停滞していた方方の掃除や片付け、ちょっとした草取り。何だかくしゃみ止まらず。猫の毛だね。午後は薄日。其れでも涼しい。猫も大変な食欲。何度も給餌す。夕方家人帰宅。残念ながら何にも買って来られなかったと。晩はスーパーの総菜を並べた。

 ところで此の時期はゆずさんの「夏色」がよく流れる。でも地上波ゴールデンはそろそろ駄目だろうな。自転車二人乗りのくだりが問題となる筈。ゆっくりゆっくり下っても交通違反ですと。そんな馬鹿なというような事態が進行しています。海までは全部私有地ですとか、君は実は猫なのですと抗弁するか。

 

 

7/3・日

 引き出物はクッキーとカタログだった。顔の付いた皿とかが入ってなくてよかった。携帯電話大手で大規模通信障害。吾人の人生に何の関係もない。辛うじて宿酔は無し。早速ゴミだらけの街を三周。バス通りの背丈ほど伸びた泡立ち草も刈って置いた。見通しが悪くなって危ない。ちなみに直ぐ近くには教育施設があり、常駐の警備員もいるのだから、少しやってくれればいいものだけど。敷地外がぼうぼうならば気分も良くないだろう。気が利かない人ばかり。公共心がないね。

大人しい台風がやって来て、西から恵みの大雨。関東南部は曇り。異常な炎暑は終了となる。一方都内の感染者は一週間で五割増し。吾人も念の為、成るべく自室に籠るようにする。冷房設定は三十度。朝はコンビニの冷やし中華、昼はスーパーのカツカレー。暫くは緊縮財政である。晩は貰い物と冷凍物。軽い晩酌。ちょっと胃もたれ。夜はエアコンが消せた。首位のヤクルトには早くもマジックが点灯。中日はどんどん最下位に。通称ドベゴンズ。此れって西日本の言い方だっけ。関東だと、ビリゴンズになります。

 

 

7/2・土

 炎天だけど、Iの店主さんの結婚式。九時過ぎに目黒の式場に参る。それにしても礼服を着るのは鎌倉の伯父さんの一周忌以来、二年半ぶり。而も白いネクタイとなると一体何年前になるのだろうと思った。係りの人は開口一番、おめでとうございますと連呼。ご愁傷様よりいいよね。さてさて十時に下のチャペルに移動。人前式の結婚式。十時半から披露宴。洋食。列席者は約五十人。新婦側は親戚関係が多いが、此方はほぼ全員が飲み屋の繋がり。社会階層では分断が起きてますな。また同じ店でも十時と二時では客が違うし、店主の立ち回り先の人もいる。見たことがある人もいるにはいるが、殆ど分からないね。吾人は井満さん、中華立ち飲みのパパママさん、最近知り合った看護師さんらと同席。それなりに中量飲酒で盛り上がる。それにしても相手方は割と真面目そうな御両親。お兄さんは公務員だそう。娘さんも根は堅実なんだね。なお余興として「しあわせになろうよ」を歌った人が居たけど、此れは「乾杯」から三十年後のアンサーソング熟年離婚を防ぐ曲)。お二人は出会ってまだ一年半です。

一時過ぎに終了。吾人は駅前の喫茶店で月波君と待ち合わせ。三時から二次会。ダーツバーの貸し切り。親戚筋は御帰りとなり、此方側は二次会から組が大勢合流。飲めや叫べの大騒ぎとなる。ずっと前の常連客に挨拶されたり、ビンゴ大会で一升瓶引換券が当たったり、吾人もそれなりに楽しむ。五時半終了。月波君と東口の酒場で一息。更に三次会もあるのと言うので、顔を出す。小さなクラブハウスのようなところ。大音響の音楽。ちょっと無理だよね。吾人は一杯だけ飲んで退散す。一人で中華立ち飲みに転進。パパさんの冷やし中華で休憩。駅前からタクシー帰宅。乗ろうとしたらドライバーさんにマスクをして下さいと窘められた。確かに、今日はちょっと拙かったかな。どの店も換気はしていたようだけど。酒が入るとね。帰宅は九時。直ぐに就寝。

 御祝儀は弾んでくれと懇願されていたので二万円を補正措置。伍万円。二次会は月波君の分も支払って1.6万円。その他を入れて、七万五千円を一日で使った計算に。結婚式は典型的な蕩尽行事である。なお月波君は夜中までいたそう。民需の爆発だ。

 

 

7/1・金

 月初だけど金曜日。資源ゴミの搬出。結局持ち帰ったテキスト類も出した。あっという間に白いワゴン車が取って行った。昼は家人のおにぎり。区から手紙が来て、高額療養費として八千円が戻って来るそう。有り難いね。午後出社。退社後はBで薄い酒のみ。1950円。其のまま帰った。幾つかの火力発電所が動き、逼迫注意報は解除。引き続き節電のお願い。

 

2022年6月

6/30・木

 今日も猛暑。日中何度も上厠す。何だか腰も痛いような気がする。まさか左腎が・・・。昼は冷や御飯に納豆他。家人にはスーパーの弁当。家でぐったりしていると、先日通った酒屋さんがやって来る。何の用かと思ったら、いい人が居るから会ってみないかと。まさかの縁談。併し相手の名前も顔も分からず。お客さんの娘さんと言うからには割と近くに住んでいるということ以外は。どうにも判断のしようがないね。結局、色色な所からうちの娘が、息子が・・・と言われているよう。残念ながら酒屋さんにそんなマッチング能力があるようには思えず・・・。スイマセン。

 吃驚した序でに午後出社。暑いというより、既に熱い。退社後はBへ。1470円。続いてIへ。実は式に先駆けて新婦さんが来るというので、面通しを願った。会って見て驚いた、気さくな感じの小柄な女性、ギャルサークルの代表のような感じ。若いね。一年半前に客と店主として知り合ったそうだが、親子ほどではないにしろ、叔父と姪くらいの年の差がある。こういう組み合わせもあるのだね。店主はバーのマスターと言うよりバンドマンに近いから、ある意味お似合いのカップルなのかもしれない。吃驚した分、新郎新婦に奢らされて金五千円失う。帰宅は十一時半。以後緑のたぬき。今日は二度も驚いた。寝ようと思っても二階は三十三度もある。暫し下で就寝す。こうして訳の分からないまま六月が終わった。

 

 

6/29・水

 北東北以外全部梅雨明け。西日本は早くも水不足だそう。既に大変なことになっています。午前午後と漫然とす。昼は昨夜のかつを丼に。午後出社。幾つかの蛍光灯を消して回った。杉山先生はコロナ対策でエアコン全開、窓半開。あんなに開ける必要はないよな。退社後はまずBへ。続いてIへ。愈愈挙式三日前。色色と激励して帰る。二店で五千円。帰宅は十二時。

 

 

6/28・火

 更に暑い。すると家人はお世話になっている人に配る商品券が欲しいという。お中元らしい。でも相手は開業医だよ(内科と婦人科)。しげしげと通ってくれることが最大のお礼だよね。そもそも百貨店の商品券なぞ、貰ったところで使い勝手が非常に悪い。第一、お世話しているのは(一割負担で掛かれる)健康保険制度だよね。こういうことを何遍言っても分からない。

結局、買いに出かけた。東横店は無くなったので本店へ。開店と同時に入ると色色と挨拶されて恐縮す。まずは七階の本売り場を物色。『日本共産党』『柳田國男先生随行記』『暇と退屈の倫理学』。続いて三階の催し物の会場で商品券三万円分。品書きは粗品にしたから、此れは夏冬の二期分の模様。更に地階でウエストのお菓子を三箱、1.1万円。医師以外の医療従事者に配るものだそう。やれやれ、任務完了。本は家人のクレカで決済した。 

 センター街を歩き、「神座」というラーメン店に。かむくらと読む。道頓堀というからには大阪の店らしい。「おいしいラーメン」730円。具は豚肉と白菜。醤油味のあっさりタンメンといったところ。細麺で優しい味。そもそも関西にはタンメン自体がない筈だけどね。コンソメベースのスープと言われるが、シマダヤの生ラーメン醤油味を薄く伸ばしたような感じもする。不思議な味わいだった。ミニビールを付けた(330円)。暑かったけど偶の渋谷も悪くなかった。32系統で帰る。行って帰って二時間半。併しあのラーメンでは足りなかった。食堂の弁当を追加。午後は漫然とし、晩は肉屋のとんかつ。

 ウクライナから鉄路で穀物を運び出すにしても、線路の幅が違うので上手く行かないそう。元元旧ソ連圏は広軌だった。此れも攻め込まれない為だった筈。うーん、ウクライナ標準軌にした方がいいな。EU加盟時には。今日は中部のショッピングモールに着弾。死者多数。ミサイルの座標を打ち間違えたか、店と基地の区別もつかないのか。どちらにしても兵士の頭が悪すぎるのは確かなよう。

 

 

6/27・月

 風も止んで尚暑い。芥田先生にお中元を贈る。今年は家人推奨の「ゴディバ」のジュレセットにした(四千円相当)。続いて先週引き下げた小型家電を区の回収箱に搬送(スマホと携帯ラジオ)。昼はてんやの天丼弁当。うまいことは旨いが、此処は御飯が今一つなんだよね。其の点、魚べいの舎利は旨かった。魚と米だけあって、あそこは米問屋の経営なのだそう。

太平洋側は関東まで梅雨明け。史上最速だそう。此れで戻り梅雨がないと大変なことになります。東電管内の昼前の太陽光発電、1300万キロ。賄い率25パーセント。此れが一気に抜けるから夕方以降が電力危機になる。結局三月の地震で壊れた火力発電所が直らないことが原因。夕方前スーパーに参る。商品棚の一部が消灯。経費節減にもなる。どんどん消して。晩は豚の冷しゃぶにレンチンもやしなど。注意報は明日以降も当分継続。古い発電所を再稼働させる予定だったらしいが、暑さの奇襲とあって急には動かないそう。そう言えば、蝉もまだ鳴かない。夏の準備が間に合わないよね。

 

 

6/26・日

 暫くずっと晴れだそう。朝は冷凍きしめん。家人にはスーパーの弁当。吾人は地元の回転寿司へ。一人で昨夜の反省会。ちなみに此処は職人さんの手握り。交代要員を入れると六人もいた。矢張り目の前で握って貰わなくてはね。自動化寿司より雇用は拡大します。ビール一、日本酒二、三千円。午睡の後、残り物で晩酌。夜も三十度ある。シャワー入浴後、短パンに履き替え。東電管内は早くも電力逼迫注意報だそう。太陽が落ちた夕方からが危ないとのこと。202は入居。一時的に満室となる。ウクライナ軍はセベロドネツクから撤退。鎌倉の真人さんも退院したらしいが、状態は思わしくないという。うーん。

 

 

6/25・土

 朝から夏空。関東は猛暑となる。ドウナツテルノ。拙宅も初冷房。昼は冷凍パスタ。午後外出。須々木さん主催の鶴木さんの快気祝い。広島屋に集う。鶴木さんとは二年振り、更に仲田大将とは実に三年振りとなる。他に田岡さん、奥野さん、村田さん、柳さん夫妻。鶴木さんは昨秋腹痛で受診。検査後、即入院、大手術となる。大腸の上の方、盲腸付近が震源で多臓器への転移もあった。現在は仕上げの薬を定期的に入れているそう。大変だったな。恢復してよかった。吾人の石など病気の内に入らないね。アルコールもオーケーだが、普段は在宅勤務になったので、此方に来る機会がそもそもないのだそう。

なお大将は執拗に鶴木さんに絡んでいた。病気のことを知らせてくれなかったから何だか怒っているみたい。愛情の裏返しだね。四時間近くいて、中華の二階に転進。更に二時間。一次会五千円、二次会二千円。一次会は鶴木さんはロハ。集めた会費四千円をキャリーオーバー。帰宅は十一時半。吾人は幹事補なのでそんなに飲まなかった。一番若いので注文や会計は先陣を切らなくてはなりませんから。夜も暑い。

 

 

6/24・金

 ウクライナ侵攻から今日で四か月だそう。事態は泥沼化しつつある。第一次大戦の様だとも。アフガニスタン東部で地震。死者多数。コラムニストの隆さんがお亡くなりに。まだ65だと。合掌。

 曇ってはいるが、南風が吹き荒れ、異様な暑さとなる。昼前にはかんかん照りに。梅雨明けだね。未明の冷気が残っているので何とか窓を閉め切って耐え忍ぶ。午後出社。すると無社長は支援金の申請に掛かりっきり、やっぱり何度も駄目だしされているよう。ちなみに此方は冷房中。ついつい窓を開けなくなる。結局換気が悪くなる。また流行るな。武藤先生が復帰。行き成り三十九度近く出て、ホテルに収容されたと。持病がある御両親は病院に入ったと。災難だったねと言うより他に無し。今週は四日も働いた。うんざりだね。退社後はBで軽く。更に鷹番で付け麵とビール。二店で三千円。帰宅は十一時ちょっと。夜まで吹いた。夏一番だな。

 

 

6/23・木

 一部野党は消費税の削減を主張。ちょっと無理だよな。せめて外食を軽減税率にしたらどうだろうか。口に入るものは8パーセントに統一。酒も。家で地味に食事されるのが景気に一番良くない。なお新選組の人は度重なる衆参の鞍替えでちょっとうんざり感。N党はやりたい放題。従って、ニュースは見ないことにした。

 今日も曇天。家人は知人と会食。ザギンアスターだそう。吾人が幼稚園の頃の所謂ママ友さんと。長い付き合いだね。吾人の昼は食堂の弁当。何だか気分が落ち込んで仕舞い、何にもする気が起きない。午後出社。学校を休みがちな中三の女の子は幼少期に大病し、今でも体が悪いそう。ならばこそ余計勉強しなくてはならないのだけど。どうもあらゆることで失敗を恐れるようになっている。計算問題一つに対しても。腫れ物に触るように授業す。うーん、こういう子はもっと早く通わせて欲しかった。殻が出来る前にね。七時過ぎにパン食。昼がちょっと足りなかった。

退社後はBへ。田岡さんきょうだい。妹さんには丁重にお礼される(かなり酔っていた)。また村田さんにショップカードを作って貰ったとかで大変嬉しそう。張り切っているね。猫好きだそうなので、猫のプラモデルを売りましょうと提案す。1250円。碑文谷のラーメン店を物色するも大概開いておらず。帰宅後、貰い物のローストビーフで一献。でも、猫プラって、あるのかしらん。

 

 

6/22・水

 参議院選挙が公示。何の盛り上がりもない。五輪の経費は1.5兆にも及んだそう。組織委員会が最終報告。もうあんな大会のことは早く忘れたいです。というか、そもそも何の印象も残さなかった。少しは見た筈なのだけど。家で一人で見ていてもね。

 曇天。昨日ほどではないが、蒸し暑い。昼はマルエツのアジフライ他。久久に行ったらレジの半分以上が(完全)セルフ方式になっていた。併し誰も使わないし、そもそも高齢者は使えない。どうもサービス業の方向性が間違っているような。(低いひくいと言われている)生産性を上げようとしているのだろうが、省力化以外の方策はないのだろうか。午睡の後、出社。水曜日は愚にもつかない生徒しかいない。暑さともあいまって徒労感が増すね。Bに参るも、雨を理由に早めに帰った。1470円。スマホの予測は外れ、結局降らなかった。帰宅後炒り玉子ライス。何だか左の腰に張りが。まさか左腎の影響とか。色んなもので不安にさせられる。

 

 

6/21・火

 曇っても暑い。家人は朝一番で三宿の病院へ。朝二番で帰宅。各種検査(エコー検査とニ十四時間心電図)に異状なし。頻脈を感じた時は氷水を飲んで下さいとのこと。大体そんなものである。草取り少少、間違って出された不燃ごみを回収。近くで引っ越し作業をしていたから此れはワザとだな。LED電球があったので(拙宅の階段に)再就職させた。なんか変な色だった。

昼は素麺を茹でた。本日夏至。ちなみに東電管内の太陽光発電はお昼でも800万キロワット。賄い率は二割程度。やっぱりもっとパネルを張らないといけません。夕方前にスーパーに。干からびた鰆と鰤しかない。八百屋にスイッチ。晩は豚ニラ玉子と枝豆にした。何とかエアコン無しで過ごす。夜は雨。やや涼しい。都内のコロナは増加傾向に転じる。

 

 

6/20・月

 概ね曇る。かなり暑い。草取りの後、葦簀を出す。昼は近所の油淋鶏弁当。暫くぶりに参ると、真新しい券売機が導入されていた。一方若いバイト君の姿が見えず。店主のワンオペとなっている。うーむ、機械に食われたかな。此処も近近値上げだそう。今頃になって予定の納税の通知と都立霊園の振込用紙が送られてくる。郵便配達が相当遅くなっているのだと思った。普通郵便は土日を挟むと四日も掛かるらしい。

 午後臨時出社。また鈴木先生の代講。他に資源ゴミの搬出、講習案内の送付。八時前退社。Bに参るも、誰もおらず。併し村田さん以下三三五五出て来て、月曜からほぼ全員集合となった。すると巡査まで来る。何でも店内で詐欺事件(らしいもの)が起きているとの通報。確かに高齢女性が何やら話し込まれていた。色色と事情を聞かれたよう。よく110番したね。さてさて2240円。帰宅は十一時。夜も暑い。

 

 

6/19・日

 まあまあ晴れる。ゴミ拾いは三周。飲み物容器多し。少なくとも二十個以上。午前の内に環七まで出て91系統大森行きに乗車。一時間に二三本。此の系統も本数が増えないな。まあまあ乗っているのに。一方道路には高そうな乗用車がいっぱい。ガソリン代の補助とか要らないよね。さてさて終点で下車。まず「魚べい」という回転寿司に入る。ほぼ110円。注文は全てタッチ式のオーダー制。既に回転すらしておらず、単線二線の特急レーンがあるのみ。回転寿司は此処まで来たかね。ゆったりとした環状線に対して、急発進と急停止でネタがずれ落ちているのがちょっと悲しい。ビール一、日本酒一。1800円。続いて南口の方を物色。ついついラーメンタローという店に入る。小ラーメンを麺少な目で。750円。

食べ過ぎたが、本日の目当ては此処でもなかった。田岡さんの妹さんがプラモデル酒場を開いたので表敬訪問する。駅ビルの不二家のシュークリームを持参。三代続いたお店を引き継ぐにあたり、酒場併設にしたのだそう。中は純粋なプラモ売り場にバーカウンターが付け足された感じ。週末のみの営業だそう。黒ビールと白ワインを二。併しながらお互いに素人なのでプラモ談義を咲かせる筈もない。ちなみに売れ筋はガンプラだそう。他には艦船や戦車や軍用機やスーパーカーが並ぶ。うーん、商船とか民家とかもあるにはあるけど、売れないのだろうな。男の子が喜びそうなものしかないね(此れだから男は駄目なのです)。女の子が好むプラモってあるのかしらん・・・なんて話しをした。途中常連さんが入場。即席のプラモ製作教室となる。吾人はそろそろと退散。再び91系統に乗る。帰宅は四時くらい。折角なので一番安い一等輸送艦(900円)を買って帰った。中を見ると七百分の一なのでとてもじゃないけど作れないね。晩は駅ビルで買った崎陽軒。やっぱり中華弁当は売り切れだった。一万歩。夜まで結構暑い。

 101入居。一方203と105が退出すると。前者など半年も居なかった。家賃が払えないので横浜に移るそう。勤務先はコーヒーショップとなっていたけど。今年も楽じゃないね。能登で震度六弱だそう。

 

 

6/18・土

 朝は冷や御飯を御粥に。約二十一時間ぶりの固形物。曇りだが、家人は朝から大洗濯。回復したみたい。そもそも悪化していないし。草刈り三十分。再び中里の店で人工芝を購入。五平米ほど張り付けた。さてさて昼は甲州屋の肉南蛮そば(800円)。アルコールは無し。午後は漫然とす。晩は残り物。二日ぶりの飲酒。中量どまり。夜に一雨。

 現在のガソリン価格は元売り会社への補助金がないと、リッター210円くらいなのだと。まあね、ペットボトルの飲み物も値上がりしているからね。こんなものだろうな。最低でもハイブリッド車にしましょうよ。大型車は屋根に太陽光パネルも付けて。ところで小型の水車をあらゆる用水路に蟻のように取り付けるという話はどうなったのでしよう。此方も有望な筈。

 

 

6/17・金

 それにしても電話を掛けたり窓口に並んだりせずに宿や列車の予約が取れ、少少珍しい本や品物が居ながらにして注文出来、外出先でも数万曲と言う音楽が聴け、乗換案内や雨雲情報が手に取るように分かる。吾人が子どもの頃、こうなると便利だなと思ったようなことは大抵実現出来ている。そういう点では実に未来社会に来たものだと感心す。でも本当の贅沢は、窓口での些細なやり取りであったり、道具屋での他愛もないお喋りだったり、待ち合わせ前に着いた時間を適当にやり過ごす時に出合った野良猫だったりする。そんなものだな。

 すると家人は起きて来るなり、発熱外来を探して今から参ると宣う。そんな馬鹿な。大慌てで宥めた(こういう時は鎌倉の伯母さんに説得して貰う)。細かな発熱は時時あるものです。昨夜は七度五分(但し一瞬)、現在六度八分だと。喉の痛み等は無し。コロナローゼである。従って昼は料理おばさんの所へ買いに行く。大盛りの黒毛和牛丼、800円を二個。冷蔵庫の胡瓜をプラス。午後には晴れる。家人も半分以上は食べたよう。

以後出社。暫くすると何だか胃の辺りが急に痛くなる。膨満感も。食べ過ぎたな。あるいは直ぐに寝たのが良くなかった。牛肉と胡瓜の相性も。暑気あたりかも。苦しいくるしい。夕方以降全ての授業が自習となる。九時過ぎの退社。這う這うの体で其のまま帰宅。絶食。無酒。十一時就寝。色色な不安に押し潰されたのかもしれない。気晴らしに見た筈の朝ドラ(=「ちむどんどん」)も拙かった。ヒロインの妹さんは謎の発熱が続き、東京の大病院でも原因が分からずじまい。嫌だね、病気は。メンタルをやられます。

 

 

6/16・木

 小学生には損益算と言うのが出て来て、やれ仕入れ値の何割増しで定価を付け、残念ながら売れ残ったので幾らか割り引いた。最終的には損だったのでしょうか得だったのでしょうかと聞いてくる。でも商売はそんな単純な物ではないな。多少仕入れ値が上がったとしても、お客がビール一本飲んでくれれば利益が出るとか、あと二三人乗ってくれれば此の便は黒字になるとか、もう少し此の機械を稼働させられれば減価償却費が出せるとか、実に複雑な要素が関係してくる。だからあとちょっとの消費が大事なのです。

 朝から曇天。スクーターは撤去完了。早速草取り。続いて隣地との境界確認。愈愈売却するらしい。割と新しい境界プレートの下に地界の御影石があるとかないとか。塀を一部壊して確認するという。どうも今回の測量業者さんは細かいね。どちらにしても数センチの違いだろう。万事面倒臭い。いや併し、此の万年塀、一体何時からあるのでしょう。建物より古い。地権者数人で環視の下、土地家屋調査士さんが削岩機まで使って確認した。最早考古学だね。御苦労さまでした。食堂の弁当で休憩す。午後出社。何だかぼんやりす。退社後はBで三杯、1780円。帰宅は十一時。家人軽く発熱す。

 

 

6/15・水

 子ども何とか庁を作るとかいう法案を通して、通常国会が閉幕。縦割り行政を排して子どもを支援すると言っても、此の予算規模ではね。それにしても文科省はどうしてこんなに予算を取って来られないのでしょう。初等中等教育局や高等教育局。あと国交省の鉄道局も。

 昨夜から降ったり止んだり。各振込用紙が揃ったので銀行に赴き、各地方税の支払い。235万余。銀行窓口に来るのも年に一回である。すると税金専用の支払い機を置いたので、次回からはそちらへどうぞと案内される。愈愈有人窓口も絶滅期に入ったね。帰宅後、従妹の優子さんに送金。此方はオンライン。200万。昼には止んだ。梅雨寒む。

 午後出社。金三万円受け取る。午前中との落差が大きいと思った。急に塾内模試をやることになり答案の整理など。すると中一の女の子も一家全員罹患したそう。うーん、まさか再流行期に入ったとか。ちなみに事業復活支援金は申し込んだよう。幾ら出るのでしょう。退社後はBへ。最近何だかバンさんは機嫌が悪い。円安で給料が目減りしているせいだな。外国籍手当を出せないものかね。須々木さんと佑子さんとで日高屋。此処も十一時には出される。急いでチャーハン食べて帰った。二店で2300円。

注・・持続化給付金より申請は相当厳格になったみたい。税理士による書面確認等が必要とのこと。

 

 

6/14・火

 一ドルは135円に。僅かふた月で20円の円安。日米の金利差でこうなったと言われているが、最早コントロール不能といったところ。こうなるとパンパンに膨れ上がった国債も心配である。何れ日銀が引き取るにしても、何か仕掛けられたら大変なことになります。

 朝からひんやり時時霧雨。家作の前庭に出動。一時間弱の全力運転。45リットルが二袋。大体此れで一巡したかな。あとは秋まで現状維持が目標。さてさて働いたおじさんは腹が減った。中華弁当が食べたくなり環七のピーコックへ。世田谷通りの大きな金物屋が閉じていて吃驚す。プロも通うような店だった。老舗だったのに。建て替えてマンションに入っていたから家賃は掛からない筈なのに。アマも困ります。

それにしてもちょっと行かない間にどんどん家が建て替わっていく。庭付きの二階家が三階以上のコンクリート造りに。デフレーション、ゼロ成長とは言われるけれど、不動産プラス建設業だけは賑やかだよな。午後は漫然とす。晩はスーパーの天婦羅と鰹刺し。今年は鰹が安い。三百円。近海の天然物を食べましょう。他に蕎麦を茹でた。湯船入浴。四月の陽気だそう。厚い布団を再登板させる。

 

 

6/13・月

 三月の地震で脱線した新幹線は一編成丸ごと廃車に。而も北海道の車両だったのだと。まだ五年しか使っていない。運が悪いね。14億の特別損失だそう。モスクワのマクドナルドは別店となって営業を再開したと。マクドナルドが出店している国同士では戦争は起こらないとか言ったのは何処の誰だったっけな。余りに楽観が過ぎた。閉店したから詰まり、戦争が・・・。

安定した晴れ。湿度低し。朝から断続的に草木取り。人工芝を買って張り付けた。1.5平米で約千円。全然足りなかった。ぼんやりしていると住民税の納付書が来ていた。国税とは控除額が微妙に少なく、案外の金額に。がっくりす。其れでも去年よりマイナス十万円。夕方前散髪。すると武藤先生は妖精になったと連絡がある。あらま、まだ罹る人が居たんだね。ちなみにあの方は無ワクチンかと・・・。国内の感染確認者は900万人を突破。確か鶴木さんも入院前の検査で引っ掛かったようなことを聞いた。晩は肉屋にとんかつを揚げて貰う。二枚で950円。

 

 

6/12・日

 東部セベロドネツク周辺では激闘が続く。ウクライナ軍は今大戦で既に一万人を失ったそう。露軍は其の数倍だろう。夥しい犠牲者である。何とかトラベルに似た都民割りが始まる。一泊数千円程度安くなるようだが、こういう制度を一人で何十回も使う人が居るのだよね。何か間違っているよな。

まあまあ曇る。朝方に排水管に水を投入。上流部が空き室だからかな、最近滞ることが多い。ゴミ拾いは三周。続いて出来上がった梅酒を川崎の伯母叔父の所へ搬送。行きは溝の口経由の南武線。帰りはぶらぶらと歩く。新丸子のラーメン店に。所謂二郎系。わしわし太麺は自信がなかったので、やや細いというラーメンライトにした(850円)。すると野菜も乗っておらず、何だか物足りず。帰りは東横線、碑文谷からは徒歩。昼には戻った。一万歩。午後は晴れて一瞬雷雨。晩はスーパーの天然鰤と鶏手羽を焼かせた。どちらも数百円程度。普段使いの安白ワインも紙パック品に切り替えて節約す。メルシャン謹製。一升で千円以下。在来品(=チリやスペインの瓶詰ワイン)の半額。中日は何と最下位に。困難は続く。見てないけど。

 

 

6/11・土

 死後少し経ったので東海の怪人の評伝的な記事が出て来る。何でも、中国に対抗するためにリニア計画にのめり込んでいった、という記述が幾つか見られた。新幹線は何れパクられる。だからリニアなのだと。ホンマですか。そんな個人的な恨みつらみで。うーん、となると結果として東海を破綻させるのは中国と言うことになりますなあ。早期の撤退を。東海は特別損失処理をして、其れでも余るお金で四国九州北海道を守って欲しい。国土の鉄路を隅隅まで守った。其れで十分でしょう。いっそ沖縄にリニア急行を走らせても面白い。

大体曇る。昼は地元の大きな回転寿司。最近改装されてタッチパネル方式になる。其れでも従業員さんは変わってない感じ。右隣のカップルは何も飲まず何も喋らず只管寿司を食い、左隣の高齢女性は二対一に分かれて会話は分断。昼の回転寿司は夜の酒場以上に社会の縮図が見られた。ビール一、日本酒二、色色食べて四千円。家人には東急ストアーの松花堂弁当。午後は二度寝。晩は家人が用意した。夜は小雨。

 

 

6/10・金

 ウクライナに投入されたロシア兵の多くは地方出身者か少数民族なのだそう。言わば下層民である。そういう兵隊が数数の残虐行為を働く。所謂抑圧の移譲だな。嘗ての日本陸軍のよう。ワクチン接種に五兆円も掛かったと今朝の東京新聞に書いてあった。となると吾人は三回受けたから、一回二万円以上と言うことに。あらま、としか言いようがないなあ。早くコロナのことは忘れて仕舞いたいです。

午前中は薄晴れ。草取り三十分。昼はレトルトカレー。午後出社。武藤先生は発熱欠勤。吾人らが代講す。都合により無社長と生徒のラーメン店に。何だか急に混んで来たので途中退席。ラーメンまで辿り着けず。タワマン広場に転進。須々木さんらと外で飲んで帰った。帰宅は十二時。以後緑のたぬき

 

 

6/9・木

 今夏も電気が足りなくなるそう。早くも節電の訴え。此れだけ太陽光パネルが付いたのになあ。(日が暮れてもまだまだ暑い)夕方が危ないのだな。うーん、今年は暑くなりそうな予感。どうなるのでしょう。朝は曇りプラス霧雨。以後やや晴れる。買い物はスーパーへ。昼夜の総菜に加えカップ麺や菓子類を色色と買い足した。確かに値上がりしているよな。包装材を簡素なものにして価格を下げて欲しい。五月の売電量379キロ、九千円。まあまあ良かった。

 山田さんに会ったので、野良のことを頼んでおいた。是非面倒を見てやってくださいと。うちに来ると大喧嘩になるので。午後出社。退社後はまずBへ。須々木さんと佑子さん。例によって十時過ぎには閉店モード。ちょっと早いな。帰り掛けに井満さんを見かけたので新店を開発。黒介という。カウンターだけだが明るくて入りやすい。前から気にはなっていた。Iや立ち中華のお客も回遊してくるところ。お話は壊れたテープレコーダーだったが、立ち回り先がもう一つ出来て良かった。二店で3800円。帰宅は十二時ちょっと前。

明日から外国人観光客も受け入れ再開。一日二万人。当面はマスク掛けで添乗員付きのツアーのみだそう。折角来たのだから、長居して沢山お金を使っていって欲しい。

 

 

6/8・水

 未明に野良がミケの小屋に上がり込む。夜這いだな。当然ミケは激昂激闘。よって今朝も朝から眠い。K首相は資産所得倍増計画をアピールしたと。うーん、当初キャピタルゲインへの課税を強化するとか言ってなかったっけ。エライ変節ぶりだと思った。何かを倍増させて景気の良さを言いたいのだろうが、所得倍増と言うのは高度成長という一回切りの現象だろうから再現は出来ない。苦しいね。ならば住民税非課税世帯を半分に、と言うのはどうでしょう。所得は下から上げないと。それにしても来月は参院選。一人区での候補者調整も進まず。愈愈野党は消えてなくなるな。そもそも与野党が伯仲しなければ、湯党の存在も浮かばれない。与党に只管すり寄る維新と国民何とかは政治というものを知らないなあ。

 終日曇る。家人は武蔵小杉の病院へ。今度は胃の検査の予約だと。昼は食堂の弁当。午後出社。帰って来た無社長と夏期講習の検討等。大家の奥さんは再び救急搬送。今度は路上で転倒したそう。軽傷の模様。夕方パン食。九時過ぎの退社。Bへ参る。須々木さん以下勢揃い。其れでも割と早いお開きとなる。何しろBは十時半の閉店だと。早くなったみたい。そんな馬鹿な。1440円。よって帰宅は十一時。ちょっと寒いけどシャワー入浴。以後袋入りラーメン。就寝前に「映像の世紀テレサ・テン特集(の再放送)。中華圏では自由を象徴する歌うたいだったそう。「時の流れに身をまかせ」の人じゃなかったんだね。自らの不明を恥じた。夕方祐天寺のロータリーでタクシーが暴走。運転手さんはお亡くなりに。多分脳溢血。八十代だそう。数時間前に家人も通ったところ。危ないあぶない。

 

 

6/7・火

 朝には晴れた。寝汗若干。喉も治った。早速周囲の点検等。202は掃除作業。最近よく来ている若者二人。ちなみに101はベテランさんが一人だった。風呂等の汚れが酷いので態態頼んだのだそう。直ぐに曇る。梅雨寒む。リハビリがてら草木取り一時間。小汗。まあ、コロナ以前ならばちょっと風邪気味で済ませたようなものだもの。昼はスーパーに買いに行く。中華丼(400円)。掃除は直ぐに終わった。

 午睡の後、緑のマークが付いた不幸の手紙が届く。例によって固定資産税及び都市計画税の納付書。何だか微妙に上がっている。三パーセントくらい。確か昨年は据え置きだった分、一気に上げて来たな。夕方には小雨。あるもので適当飲酒。四月の陽気。羽毛布団を再登板させた。

 日銀総裁は、諸国民は物価の上昇を受け入れていると言ったとかで非難を浴びる。日日の稼ぎで日日の必需品を買わねばならない人から見れば、酷い発言だろう。考えて見れば、お金は物質ではなく現象である。お金がない人にとっては、右から左へ一瞬の光芒となって消えて行くものであろう。また逆に、お金持ちが幾ら貯め込んでいたとしても、実際の物やサービスに変換しなければ用をなさない。いつ使うの、(本格的なインフレ前の)今でしょうとか言ってくれれば、もっと受けたのだろうけど。

注・・貧乏だった百鬼園先生の文章を参考にした。

 

 

6/6・月

 まあまあ回復す。一日半も寝た切りだったからあちこち痛い。未明から冷たい雨。月曜だけに憂鬱さが増す。概ね体は治ったが、雨なので取り立ててすることもない。鼻を通そうと抗ヒスタミン。すると朝からグダグダとなる。関東だけ入梅。喉はやっぱり少し痛む。終日蟄居。都内のコロナは千人ちょっと。全国的にも減少が続いていると言うが。家人の用意したもので軽い晩酌。偶には変わったことをしようと思い、日伯の親善試合を見る。併しサッカーの選手など、一人も分からないということに気が付く。ちなみに前回の世界大会はロシアだった。今では信じられないことだが。

 不況プラスインフレは、スタグフレーション。コストプッシュインフレプラスデフレーションは、何というのだろうか。みんな益益安い物しか買えなくなるし、買わなくなる。やっぱりスタグフレーションだな。蒲田と京急蒲田を結ぶ、通称蒲蒲線に予算が付いた。1300億円。大田区が七割出すと言うが、あの区間にどうやって鉄道を通すの。京急と東急では線路の幅も違う。増して東急は旧目蒲線多摩川線である。ちょっと難しいよな。

ウクライナ戦線には各国から提供された武器が並び、陸戦兵器の見本市のような状態に(ロシア戦車の草刈り場に)。軍産複合体が国の経済に占める割合はだいぶ小さくは成ったのだろうが、宜しくない事態である。そもそも冷戦時代から米ソが通常兵器でぶつかったらソ連側の劣勢は明らかで、それを分かっていたからこそクレムリンは矢鱈とICBМを拵えたのだと聞いている。プーにはそういう大事なことが引き継がれていなかったよう。それにしても、航空戦が殆ど無い。未だに榴弾砲とかが新戦力として使われている。ちょっと異様な戦場となっている。

注・・矢口渡から地下に潜るのだそう。京急蒲田は地上駅。結局大乗り換えが必要。

注・・アイゼンハワーの警告演説から既に六十年である。

 

 

6/5・日

 数度の断眠はあったが、概ねよく寝た。節節の痛みはまあまあ取れたが、何だかぱっとしない。朝は家人の御粥。須美伯母が来たが、部屋に閉じ籠る。熱は無し。喉は少し痛む。オミクロンかもしれないと思った。昼は千代田寿司。夕方シャワー入浴。晩はスーパーの総菜。白ワインのシークワーサー添えを飲む。クエン酸が必要らしい。

 

 

6/4・土 

 午前にブラインドの交換作業。何とコントローラーが右側に。ソファーに乗って動かさなくてはならなくなった。致命的なミスであったが、何でもいいと言った手前どうにもならず。こういうのは実際にやって見ないと分からないものである。続いて網戸の張り替え四枚。此れは問題なかった。二人掛かりで一時間半ほど。合間に梅仕事。

何だか草臥れた。体の節節が痛いような気がする。熱っぽいような気もする。夏日なのに何だか寒い。午後は安静にす。晩は冷凍物。少量飲酒。夜37度。喉が痛むが、此れは鼻が悪いからであろう。そう言えば、昨夜から何かが変だった。今週は良く寝られなかった。毎月のようにこういうことがある。体が弱くなったのだと。

 

 

6/3・金

 大体晴れ。昼は昨日のかつを丼に。昼過ぎと夕方に雷雨。以後涼しくなる。午後出社。鍵開けの為に割と早め。と言っても取り立ててすることもない。堆積した資料の分別廃棄。成績表の類は名前の部分を破り取って古紙回収に。前にも書いたが、紙を無駄にしている職業なだけになるべくリサイクルしたいのです。中一の男の子たちは未だに正負の計算が安定しない。三月からやっているのに。頭の状態が悪い。将来詐欺に遭うな(若しくは詐欺団に加担させられる)。九時過ぎの退社。Bの本店に向かう。三日続けて須々木さんら。ちょっと疲れたね。其れに左の腰も重い(気がする)。閉店間際だというのに急激に混んでくる。早めに退店。バーIで二杯だけ。二店で3500円。帰宅後、買い置きのパンなどを食べ尽くす。

 昨年生まれた赤ちゃんは81万人。一方お亡くなりになった人は140万人以上。一年で田舎の県か割と大きな特別区が丸ごと消滅した計算。

 

 

6/2・木

 三時半にシロに叩き起こされる。撫ぜろと宣う。勘弁して欲しい。少し捏ねて放り出した。概ね晴れ。かなり暑い。昼はスーパーのとんかつ弁当。三宿の病院帰りに買って来て貰う。腰は曲がったけど、取り敢えずは元気です。数日来の気疲れと取り越し苦労と睡眠障害で午後まで寝たり起きたり。以後出社。林間学校で中学生は半分欠席。宿泊行事が再開されて本当によかった。退社後はBへ。更に須々木さんと佑子さんとでせい家へ。帰宅は十二時。二店で2700円。

 持続化給付金で逮捕者が相次ぐ。組織的な犯行だと。嘘の確定申告をして個人事業者となり、売り上げがなくなったとして百万円の給付を受ける手口。そりゃあまあ書類上のミスがない以上は支払われるだろうけど、支払われた後に対する想像力がないな。大規模な詐欺グループが作られていたそう。首謀者は海外逃亡。名前を貸して給付された人は返金して貰いたい。それにしても二年前は給付金が出るの出ないので大騒ぎだった。言わば、祭りの後だね。

 

 

6/1・水

 大体晴れ。家人は三宿の病院へ。レトルトカレーの昼食。少し梅を落とす。昼過ぎに帰宅。エコー検査は取り立てて異状は無し。一日心電図を付けて来る。午後出社。すると無社長の御母堂もお亡くなりになったと。本日未明に。享年九十五。そうでしたか。合掌。従って明日と明後日は帰省することに。無社長は確か三男で十八の頃からこっちだから印象はどうなのだろう。こうして六月が始まった。九時過ぎの退社。Bの本店へ。1320円。帰宅後カップヌードル

上海のロックダウンは漸く解除。でもまた流行るよな。オミクロンだもの。トルコの仲介で停戦交渉が始まるそう。昼の公共放送も平常番組に戻る。侵攻以来、ずっとニュースを拡大放送していた。何となく、日常化しつつある。

2022年5月

5/31・火

 未明は雨。久久にシロの点滴。此方のお医者さんにも相談。医療者としては確実なことは言えないのだそう(言質を取られたくないので)。石が上がってこないよう、立って寝ればいいとおっしゃられた。うーん。1980円。曇って涼しい。昼は食堂の弁当。草取り、午睡、草取り。

 夕方前、国道の向こうの携帯電話店へ。家人の新電話が届いたそう。4G回線使用だけど二つ折り。所謂ガラケー型である。通話無制限とデータ通信付きで月月三千円余。最初の一年ちょっとは千円引き。此れで全国誰でも何処へでも喉が枯れるまで掛けられる(以前は同一会社携帯だけだった)。本体も乗り換えキャンペーンで無料に。此の会社の3Gの終焉まであと一年半である。併しデータの移行はできなかった。本体が古すぎるそう。猫の写真とかどうしようかな。行って帰って一時間半。なお買い替えには委任状まで必要だった。事務手数料3300円、充電器1800円。

それにしてもこういう所で働くのも大変だと思った。次から次へと新機種が出て、おまけに訳の分からない割引プラン。最近は電気とガスまで売っている。新しいものの永劫回帰。若い人でなければ務まらないな。以後手打ちで電話帳の移行。凹凸があるからやり易い。すると亡父が盛り蕎麦を食べる写真もあった。2009年8月の物。そう、あの頃はしっかり生きていた。数日来の残り物で中量飲酒。食後は早速習熟運転。あちこちに電話を掛けまくっていた。やっぱり嬉しいのだな。ちなみにワイハイやワンセグまで付いているけど一生使うことはないね。考えて見れば、排尿痛は完全に消えた。尿管ステントが影響していたと思われる。こうして五月が終了す。

注・・新電話はかんたん携帯10と言う機種。シャープ製。従来の契約はホワイトプランと言った。通話無料は21時までだった。考えて見れば新料金の適用は来月からだった。幸い履歴によると超長電話は折り返し通話。危なかった。こういう大事なことは窓口で言って欲しかった。結局一日しか使っていないのに、五月のデータ使用料として1500円も請求されることになる。

注・・ネットによると、排尿時の水圧の変化で痛みが出るらしい。そもそもがゴム製品だからな。

 

入退院雑感

一、中央病院にはワイハイがなかった。国の持ち物だからかとも思ったが、大概の病院でもないらしい。長期入院の人は困るだろう。また中央病院は現金のみ。而も手払い。此れは国の病院だからだろう。 二、大病院の医師には逆らえない。そもそも上手に聞けない。其の分、一挙手一投足が気になる。ちょっとしたつぶやきにも敏感になる。  三、尿道カテーテルは本当に痛い。入れている時も痛い。取った時も一番痛い。取った後も当分痛い。 四、シュウ酸ね、血液検査等で分からなかったものか。定時の健康診断では胸部レントゲンばかり。偶にはお腹の方も撮るべきであろう。 五、ネットで調べてもあんまり意味がなかった。人の体は一人ひとりが異なる。特に石が腎臓に戻ったケースは何もなかった。 六、しばしば生徒には、生まれて来る時も一人、試験を受ける時も一人、などと言っているが、病に罹る時も一人である。そして、・・・。 七、入院の前後は、保険会社のコマーシャルや病気の記事を目にするのも嫌だった。事件事故のニュースも。 八、石は一回では取り切れないとは言われていたが、出来れば一回で取って欲しかった。 九、お医者さんの説明にも出来ればレジュメのようなものを作って欲しいが、其れをやるとお医者さんが書類仕事に追われて倒れて仕舞うのだろうな。 十、生きること=老いること。だから何回かの「老いる・ショック」が来ることは覚悟していた。医療関係においては、多分それは、大腸内視鏡検査か胃カメラ辺りだと漠然と想定していた。行き成り、尿道カテーテル手術だとは思いもよらなかった。 十一、中央病院への紹介状には、泌尿器科御侍史と書いてあった。独特の業界用語だと思った。 十二、石よ、もう悪さしないで、ずっと其処に留まっていて欲しい。

 

今月の備忘録

一、薫風の季節だが、時折精臭のする木がある。街路樹辺りから。都内だと五月の初旬頃。前から気になっていたけど、ちょっと恥ずかしい。あの木は何というのだろう。二、人間をパーツで見てはいけないし、カタログのようにしてもいけない。今月の教訓。三、ニューヨークからの問題集はまだ届かなかった。何処に行って仕舞ったのでしょう。

 

 

5/30・月

 未明に野良が来て、ミケと大喧嘩。飢えているのだろうけど困るんだよな。それにしても闘うのはミケばかり。兄たちは見て見ぬふり。今日まで暑い。101は部屋掃除。昼は蕎麦を茹でた。午後の文化放送に慶応の先生が出て来て、プーはコロナを恐れて二年も人と会うことが無かったのだと。其の間、ますます訳の分からない被害妄想に取り憑かれていったのだと。正しくそんな馬鹿な、という実情である。

さてさて先日、とうとう電話に出て仕舞った。夕方前渋谷の営業所に向かう。例の結婚情報会社である。四時面談開始。平日の相談ブースは閑散。まずは色色な質問に応える。ちなみに会員の男女比は三対二だと。吾人の年齢等を加味すると、(業界ナンバーワンのガリバー企業の筈だが)マッチング対象者は全体の一割以下と言う判定(全国で精精数百人)。そんな馬鹿な。四十云歳の市場価値はそんなものなのですと。悲しいです。(ひとを数値化して評価するのは極めて良くない思想だけど、吾人とてこういうものに頼らざるを得ないと考えたのであった。)

するとぎょろ目の当所ナンバーワンだという相談員さんは、最初こそ丁寧であったが、色色と話を進める内に、直ちに入会してプレミアムな写真とコーチングサービスを加味すれば何とかなるかもしれないが、吾人に対しては(未だに自然な出合いがあるかもしれないという)二十代の幻想が抜けていないとか、此の年まで未婚なのは何か人格的に問題があると思われても仕方がないとか、兎に角何もかも駄目ですと、罵りかねない勢いとなる。それはまあ、吾人とて色色と自覚することは多多あるが、何も其処まで言うことないよね。吾人も沈黙す。流石にちょっと言い過ぎたと思ったらしく、最後には詫びを入れてきたが、吾人にとって、後半は憲兵に捕まったかのような時間であった。そもそも困った人が駆け込むのが結婚相談所でしょう。もっと夢を持たせてくれないと。

六時解放。がっくりとしたままエレベーターで降りる。風向きが変わったらしく、外はすっかり涼しくなった。併し此のままでは帰れないな。南口の焼き鳥屋に入る。ビール、日本酒、鯵のたたき、焼き鳥四本、2400円。帰りは32系統に乗る。車内も車外も大混雑。動きの悪いバスは敗北感を一層助長させた。そう言えば、焼き鳥屋もビールがぬるく、つまみが出て来るのも遅かった。七時半帰着。101の掃除はまだやっていた。以後桂林の総菜と崎陽軒の幕の内弁当。中量飲酒。家人には何処に行っていたのかと問われた。適当な映画を見に行ったと答えた。何という映画かと言われたので、「あなたの為に」という映画だととっさに言った。そもそもが、対象年齢の若い所だと思った。学習塾も相談所も色色あるからね。

注・・夜更けに謝罪のメールまで来ていた。担当を降りましたとも。うーん、此れはバッドコップ・グッドコップ戦術なのかもしれないと思った。どちらにしても婚活市場と言うものは厳しいなあ。ノコノコ出て行った吾人が悪いのです。そう言えば、都立大の准教授が何か本を出していたことを思い出した。

 

 

5/29・日

 昨日以上に暑くなる。101はエアコン工事。202も決まりそうとのこと。何とか人が動いて来ている感じ。ひと月ちょっとで入居者が決まった。ただどちらの部屋も三千円ずつプライスダウン。草刈り三十分。昼は地元の回転寿司。ビール一、日本酒一。2002円。午後も漫然とす。晩は肉を焼いた。

 

 

5/28・土

 あの方が刑期を終えて出所したそう。もう七十六だそう。革命は無くなった。労働運動も市民運動も。規制緩和新自由主義の曠野が広がるのみである。東部では露軍が押しているよう。侵攻から三か月。現地にも新緑が目立つ。誰もがエリオットの詩の冒頭部分を思い出さずにはいられないだろう。

朝は納豆ライス。本日快晴。今年の梅は不作の模様。少し楽が出来る。何となく滞っていたことを片付ける。101に物干し竿を配備。千円相当。家人の携帯電話の更新に着手。電話で在庫の確認等。続いて眼鏡屋でねじの調整。クリーニング品の引き上げ。陽の長いいい時期である。お隣の女の子は自転車の練習。小一で乗れるよう。器用だね。吾人が乗れたのは確か、小四の夏。其れ迄はずっと補助輪付きであった。今ではふらふらでも安全運転が可能。そういえば、補助輪って、見ないよね。昼酒なし。其の分、明るい内から飲み始めた。左の腰はスッキリしたような気がするが、時折痛むような気がする。全てが気のせいかもしれない。何だか全てに自信が持てなくなった。

K首相は山梨のリニア施設を視察。予め決まっていたことのだろうが、ちょっとした巡り合わせを感じた。それにしても、此の人の支持率もなかなか落ちない。ロシアや北の国と比較してまだマシだと思って仕舞うのだろう。

 

 

5/27・金

 まあまあ寝られた。シロによる断眠は一度。朝から大雨。昼前は滝のように降る。すると急に降り止んだ。家人の用意したもので昼食。昨日のスーパーの総菜類。東海の怪人もお亡くなりに。此れでリニアをやめますという方向になって欲しいが。

 少し晴れた。午後出社。中一の男子は卑猥な単語を連発。そういう時期だよな。君たちの猛きものも何時かは滅びるのですと諭しておく。平正君が上京して来たので生徒さんのラーメン店に。無社長らと懇談会。コロナ休業を経て、ジージ・グランマからママさんにバトンタッチ。お手伝いとして高校生の息子君も厨房に入っていた。凛凛しくなったな。こういう所で沢山飲んでグダグダになってはいけない。ラーメン600円、カウンターだけの店で長居もね。吾人は早めに退散。以後須々木さんらとタワマン広場飲み。帰宅は十二時過ぎ。いや併し、今週は疲れたね。

 

 

5/26・木

 やや晴れる。毎日草取り小一時間。昼は家人のチャーハン。味付けが吾人と同じなんだよね。本当はオムライスが食べたかった。食後は120の80。午睡の後、出社。何だか眠い。此の所ずっと睡眠障害である。退社後はBへ。須々木さんと佑子さん。割りと早めのお開き。こんな晩はIである。他客無し。店主としっぽり話して帰る。二店で五千円。十二時帰宅。シャワー入浴の後、緑のたぬき。一時就寝。

 都は新築住宅への太陽光パネル設置を義務化。使われていない屋根や屋上が沢山あるからね。東電管内はまだまだ足りない。観光船は再び引き上げられる。元元は瀬戸内海の連絡艇だったそう。そんな舟で外洋へ・・・。

 

 

5/25・水

米国大統領が離日。たっぷり防衛装備品を購入する約束をしたそう。ロシアは早晩瓦解するだろう。次の問題はあの国と言うことになるのだろうが、ならば日米より日中や米中で会談して欲しいと思った。玉ねぎの高騰が続く。昨年の北海道の干ばつに加え、今年の九州も不作なのだと。B級品やC級品でいいからもっと市場に出して欲しい。兎に角、廃棄を出さないこと。産地も消費地も。此れが節約生活の要諦である。

 不眠のまま朝になる。朝は154の94。病院に通う度に具合が悪くなると思った。徐徐に晴れ。気を取り直して草取りと自販機片づけ。何とか春の草の勢いは押し留めつつある。それにしても、まあもう完璧な身体などないよな。此の年齢では。一病息災。明るく生きなくては。ひと働きの後は140の92。午後出社。直ぐに周囲を散策。ステントがないと確かに軽い感じがする。排尿痛は割と早く収まった。九時の退社。Bで須々木さんや佑子さん。1500円。ついうっかり仮登録した結婚情報会社から二度も電話連絡がある。当然出なかったけど。スイマセン。昨夜はちょっと異常な心理状態であった。許してください。

 

 

5/24・火

 今日も晴天。大工さんとサッシ屋さんが来て、101と202の細かな修繕。シャワー入浴の後、中央病院へ。尿管ステント抜去術。外来の処置室に呼ばれる。紙パンツに履き替えて診察台へ。張り付けられた鯉となる。自動で動いて開脚す。正しく絶叫マシーンだな。情けない状態でまず麻酔措置(何か塗られた)。数分待って処置開始。まあまあ痛かった。十分程度で終了す。続いて医師の診察。色色と質問す。石が動いたり大きくなったりして、再び流れを止める可能性は否定も肯定も出来ないそう(医師と言う立場上はリスクを伝える必要があると)。前にも言ったような大手術をして思い切って石を完全に取ったとしても左腎臓が元に戻る見込みは少ないと(左腎の稼働状況は二割程度との見立て)。其れよりも右の腎臓を大事に守っていく方が現実的ですと。厳しいな。うーん、ドウスレバイイ。結局堂堂巡りの宙ぶらりんである。取り敢えず三か月後のレントゲン撮影を予約して本日終了。220円。抜去代は前払いしてあったみたい。天気はいいが、何にもすっきりしない。二センチの石だというから、もう動かない方に賭けるしかない。頼む。

 家人の茹でた蕎麦で遅い昼食。食欲無し。ステントがなくなった関係で左腰はすっきりす。排尿痛は戻ることに。沁みるしみる。ああ辛い。以後漫然とす。気を取り直し、スーパーの総菜で明るい内から飲み始めた。それにしても、あの悪夢のような日から丁度四か月。結局まだ悪夢の中にいるような気がする。プラスに考えれば、腎機能は残ったし、今後石が詰まるとは限らない。マイナスだと、此れだけ痛い思いをしても何も解決しなかった。どっちなのでしょう。何事にも悲観的になるな。生きていくことは辛いことである。シロは何度も入って来た。慰めてくれるのかな。数日来の飲み過ぎで酔いも回らず、寝つきは悪かった。

 引き上げ途中の沈没船は再び落下してより深い海へ。難しいのだな。ネットカジノ決済業者からは返金があったそう。概ね九割も。幾ら何でも使い果たした訳ではなかったらしい。誤振込した町の職員もほっとしているところだろう。

注・・そう言えば、窓口で文句を言っていた人が居た。医師の診察を受けていないのに、医療費が掛かるのは可笑しいと。若い人だけどちょっと頭が変だと思った。

 

 

5/23・月

 次第に快晴となる。101は漸く壁紙張り。家人は三宿の病院へ。やだねえ、病院は。吾人は所在なく過ごす。こんな時は150の98もある。昼前に家人帰宅。取り立てて問題はないが、念の為に来週エコーと24時間心電図検査だと。何ともないのに何で検査するのでしょう。病院化社会である。

 適当な物を食べて午後臨時出社。介護帰省した鈴木先生の代講。小学生の算数理科社会。他に資源ゴミの搬出。八時前には退社す。早速Bに参る。須々木さん以下、佑子さん、田岡さん、村田さん、奥野さんが勢揃い。概ね鶴木さんが治って良かったという話。一方の吾人は愈愈明日は膀胱鏡。ちょっと早めに帰った。二時間弱で1910円。帰宅後、冷凍きしめんと炒り玉子ライス、更にシュークリームまで食べた。

 

 

5/22・日

 大体曇る。朝から不動産屋の平塚君が巡査を連れて来る。放置されているスクーターの所有者確認。ずっと前の住人が置いて行ったのだよね(もう名前は忘れた)。照会の結果、幸い廃車手続きはされているそう。此れで正式撤去出来るのだと。日曜の朝から御苦労さんでした。ちなみに業者さんが無料で持って行ってくれるらしい。資源高の影響だね。続いてスロープの下の掃除。土砂を取り除く。昼前にはよく晴れた。時時草取り、時時疼痛。此の尿管ステントもあと二日でさようならである。朝はトーストと自作のコーンスープ(と言っても缶詰を薄めただけ)。昼は環七の「大菊」で天丼セットと中瓶(1700円)。晩は大関の牛肉を一枚ずつ焼いて食べた。「ミスジ」という脂たっぷりの部位なので100グラムで十分。締めは明太子パスタ。貰い物の大量大葉添え。世田谷署管内は平和であります。

今朝の新聞によると、変なダニが変なウイルスをまき散らすのだと。犬や猫や飼い主さんに犠牲者が。猫は完全室内飼いを推奨とのこと。困ったな。今のところは西日本だけの模様だが、何れは関東にも来るね。そもそもそんなウイルス、何処から来たの。

 

 

5/21・土

 今朝のTBSラジオ、彩子さんの「旅立つ朝に」が流れた。此れも上田さんの作詞作曲。追悼ですね。早速ツイッターを検索。懐かしいなどとの書き込みが二件見つかった。同志がいるものだと感心す。

重く曇る。ややひんやり。時折小雨。草取り少少。通り雨が去ったので、八雲の回転寿司へ。行きは一日数本になって仕舞った34系統。昼前は空いていたが急激に満席に。土曜日だが本日の回転は無し。注文が殺到し、職人さん三人体制でも捌ききれず。而も口頭注文だから記憶力の限界まで試されるね。まあこうやって客と従業員さんを観察するのも面白い。回転寿司の醍醐味と言うものです。ビール一、日本酒二。2500円ほど。帰りは歩いた。家人にはスーパーの握り寿司。飲酒と散歩の後は120の80。酒=最強の降圧剤。午睡の後、家人のゴーヤチャンプルーなど。なお鎌倉の伯母さんは明日の退院だそう。リハビリ用にシルバーカーを注文す。1.8万円。夜にもう一雨。丁度白ワイン一本。

 北の国ではオミクロン株が猛威。国営放送ではヨモギや生姜での治癒法が紹介されていたという。昭和前期の対策方法だと思った。そう言えば、『家で病気を治した時代』という本があったことを思い出した。

 

 

5/20・金

 やや曇るも気温は高い。明け方、家人は動悸がすると訴える。早速家人は近所で診察。心電図に異状なし。頻脈との診断。それでも紹介状を持って来たので来週大病院だと。また病院である。自律神経失調症だと思うのだが。毎日草取り三十分。劣化した防草シートの上に人工芝を張る。一畳1280円。レトルトカレーの昼食。昼過ぎ144の88。午睡の後、出社。運動会の練習で疲れている生徒多し。退社後はBへ。1500円。割と早めのお開きとなる。碑文谷でラーメンでも食べたかったが、開いている店が少ない。結局、家でお茶漬け。開けたいのは山山なのだが、飲食業は人が足りないのだろう。

 屋外ではマスクオフにしても良いとの政府見解。漸くである。吾人はとっくに顎マスクです。序で言うと手指の消毒も無意味である。泥酔した高級官僚が車内暴力で逮捕。何処の線かと思ったら、やっぱり田園都市線。やっぱり混んでいるのだろう。此れでどうして値上げが必要なのでしょうか。

注・・主治医入院による念の為の紹介状とのこと。

 

 

5/19・木

 明治用水が破損。農工業に影響。文字通りの明治時代の製作だと。併し堰の下から抜けて仕舞ったというけど、抜けた水は何処へ行ったのでしょうか。知床の沈没船には潜水士が入る。

二日続けて晴れ。ひと動きした後、140の90。須美伯母が来たのでスーパーの弁当。拙宅周囲の草取りをしてくれるのだが、吾人のやる気は枯渇中。少しだけ手伝って自室でぼんやりす。午後出社。体調不良の生徒多し。多分メンタル面。退社後は久久に本店へ。此処も従業員不足。若い人が居ない。おじさんたちが主力である。1600円。須々木さんらと二次会=タワマン広場飲み。帰宅は十二時。シャワー入浴の後、カップ焼きそば。夜血尿三回。尿管ステント辺りが少し痛んだ。

注・・下流に抜けているのだそう。一種の地下河川だね。

 

 

5/18・水

 久久に朝から晴れた。早速草取り。101の前庭など。北側にはフキがいっぱい。前は新芽を取らせてくれたという人がいたんだが。四十分の全力運転で45リットルが一つ半。すると126の90。此れはドーピング=降圧剤なし。背中が痒い家人は皮膚科に。併し十人待ちとかで帰ってくる。近隣には皮膚科と耳鼻科が足りないな。また物忘れ外来に行った須美伯母は特に問題なしで返されたそう。大学病院で調べて貰ったところ、頭の中はスッキリしていると。となると年相応と言うことになります。

午睡の後に出社。金三万円受け取る。愚にもつかないことを教えて帰る。併しBに参るも店員も酒もつまみも丸で出て来ない。立ち位置も悪く、高瀬さんしか近くない。話しをする気力も湧かず1500円で早めの帰宅。こんな晩は撤退あるのみである。シャワー浴。以後納豆ライス。

 三月の中国東方航空機の事故は操縦士の自殺の模様。垂直降下したそう。同様の事件は後を絶たず。今回で何件目であろう。酷い話しである。役場から誤振込された数千万円を使い果たした男性が逮捕される。まだ二十代。再三再四の返還要求にも関わらず、ネットカジノで使って仕舞ったのだと。可笑しな人が増えたな。

 

 

5/17・火

 何処かで何かをしようとするのだが、何も出来ない夢ばかりを見る。どうにもまた気分が落ち込んでいるよう。今日も曇る。132の92。少し気分を変えようと、出掛けることにした。世田谷線京王線でつつじが丘。其処からバスで深大寺へ。植物園前の玉やという蕎麦店に入る。ビール一、山菜煮つけ、日本酒一。雰囲気も悪くないと思ったが、最後に頼んだたぬき蕎麦がカチカチ。そんな馬鹿な。太切りの二八と細切りの十割を茹で間違えたな。うーん、吾人が山岡士郎ならば指摘するのだろうけど。2300円。残念です。

気を取り直して植物園を一回り。丁度バラが満開。小雨の中、中高年ばかりが大勢来ていた。若い人は植物とか見ないよね。続いてバスで調布駅、再びバスで二子へ。ショッピングセンターを巡る。こういう場合は結局崎陽軒である。併し横濱中華弁当は売り切れ。高島屋の方もない。がっかり。「過門香」というところで中華総菜を買い、電車で帰った。帰宅は三時過ぎ。1.4万歩。交通費概算千円ちょっと。すると121の86。いいね。出歩くことは大事である。六時ぐらいから飲み始めた。

製鉄所のアゾフ連隊が投降。多くが負傷兵だそう。マリウポイは完全制圧と言うことになる。廃墟と化した街をロシアの手で直して貰いたい。それにしても此の戦争は、何時まで続くのでしょう。

 

 

5/16・月

 ロシアの将兵は二万人も戦死したのだと。そして其の数倍の負傷者や逃亡兵が。概ね軍隊は三割が死傷した場合、其の機能を停止すると言われているから、最早部隊としての体裁をなしていない可能性が。無茶苦茶な侵攻である。北の国では100万人近くが罹患したそう。発熱者のみの統計だというから、無症状等を入れると相当な数になるものかと。人口が日本の二割だから。併し、わざわざ発表するあたり、南の反応を期待しているのだろう。

 再び雨模様。走り梅雨。ゴミのダイヤは元に戻った。朝から近所の内科眼科に参り、顛末を報告。腎臓の石は悪さをしない限り、大抵墓場まで持って行けるそう。エコー検査は当院でも出来ますとのこと。経過観察でいいよな。続いて眼科。右の視力が悪いらしい。なお眼圧は下がっていると(20と17)。画像診断が付いた。内科1300円、眼科1800円。目薬四本と三十日分の降圧剤で3720円。お金が飛ぶように(医療に)消えて行く。残念です。ちなみにクリニックはガラガラ。発熱外来も予約がなさそう。オミクロンは終了だね。血圧は確かに高い。家でも150の110くらい。暫く測るかな。

101は決まりそうとの連絡がある。早いね。併しまだ何の工事もしていない。人手不足の模様。昼食後、一錠飲んだ。午後は漫然とす。夕方まで小雨が続いた。以後八百屋に一便(460円)。肌寒い。買い置きの物で適当晩酌。湯船入浴。

 

 

5/15・日

 沖縄は復帰五十年だそう。基地も米国に復帰して貰いたいね。終日曇る。ややひんやり。朝からすき家で牛丼サラダセット(590円)。以後シャワー浴と二度寝。草取り。昼は家人が買って来た千代田鮨。ついつい缶ビールを開けた。午後も草取り。晩はスーパーの鯛刺しと家人の回鍋肉。耳鳴りは概ね治った。

 烏はめっきり来なくなった。最近はスズメが来るので、期限切れの防災食を撒く。アルファ化米。よく食べて帰って行った。最近スズメが減っているそう。そう言えば、スズメさん、あんたたちも「大躍進政策」で酷い目に遭ったそうだね。ウクライナが第一次五か年政策で大変なことになったように。嫌だね、独裁は。

 

 

5/14・土

 国内大企業も円安を受けて大幅増益だと。法人税を沢山払って欲しい。また社員さんにも所得税を払わせて欲しい。詰まり賃上げしろと。東北新幹線は通常ダイヤに戻った。でも少し減速した方がいいと思う。一方、陸羽西線は道路工事の為に、此れから二年も運休するのだと。そんな馬鹿な。

朝はまた大雨。三日降った。昼前には漸く止んだ。近所の山田さんによると、緑道のチャトラ猫が行方不明だと。可愛いから連れ去られたのではと。あらま。併しこういうことを家人に話してもよく分からないという。もう何年も出歩かないからなあ。元元そういうものに関心がないこともある。こうした日常のちょっとしたことを共有出来ないというのは寂しいことである。昼は生ラーメンを茹でた。レンチンもやしをプラス。家人にはスーパーの弁当。

 須々木さんが日頃の疲れをとりましようと言うので、午後遅く出かける。バスと徒歩で参るも、広島屋は既に満席だそう。幾寅に入る。二年振りだね。参加者は佑子さんと村田さん、月波君。続いて中華立ち飲みの二階に陣取る。此処は半年ぶり。最近顔を見せない鶴木さんに電話する。すると昨秋大地溶岩で二か月も入院していたのだそう。びっくりと言うかやっぱりと言うか。早く復帰してくださいと念押しした。続いてBへ。月波君と最後はIへ。新婚店主ののろけ話を聞く。久久にふらふらで帰宅。十二時。飲食費1.2万円。途中ロゼが一回だけ出た。

注・・病気に関しては同い年の須々木さんらには知らせてあったそう。

 

 

5/13・金

北の国でもオミクロンが蔓延中。元元の栄養状態が悪いからね。韓国の新政権がどう対応するか。南北、米朝が雪解けムードだったのは、前回の冬季五輪の直後だけだった。なお国内でお亡くなりになった人は三万人を突破。感染は増加傾向だが沖縄以外は比較的緩やか。

未明から大雨。シロが上ってこないので朝まで直通睡眠。と言っても五時半には目が覚めた。午前は一旦小止みに。不動産屋から手紙が届く。何でも賃貸管理で苦情等があった場合は書面で報告する義務が出来たのだそう。賃貸管理何とか法の改正によるものだと。書面には「特に問題はありませんでした」との記述が続く。うーん、此れが所謂ブルシットジョブだな。昼は家人の焼きそば。すると粉末ソースを床にぶちまけて仕舞った。家人の炊事能力が目に見えて低下していると思った。

 止み間があったのでついうっかり自転車出社。まずパソコンの切り替え業務。十三年物のプリンターは古すぎて接続不能。折角作った住所録も移せない。こういう不具合が色色と起こるから嫌なのである。続いて小六算数と中一数学。どちらも初級レベル。感情を失った自動人形の様に教えて回った。退社後は取り敢えずBへ。取り立てて盛り上がらなかったので最終バスに乗った。1500円。丁度小止み。環七からも徒歩連絡。帰宅後の真っ赤な尿に恐れおののく。こんな色はふた月ぶりである。腎臓由来だろうか。石が動いたのか。それともステントか。つくづく今週も酷い一週間であった。残り物で再晩酌。一時就寝。

 

 

5/12・木

 曇る。早速周囲の点検。昨日隣り物件のゴミを分別したのだが、除けておいたジャムやはちみつの瓶が無くなっていた。最近ゴミ場を漁っている人を見かける。此れが世界有数の経済国の実態である。もう大国ではないけど。野良にも給餌。剪定ゴミは70リットルが二。此れで滞貨一掃。収集車はやっぱり遅く来た。五月にダイヤ改定した模様。須美伯母が来たので、昼は食堂の弁当。一個700円に値上がり。次第に雨降りとなる。止み間を狙って出社。退社後はBへ。1690円。丁度止んだので急いで帰った。鰯しか食べていないので帰宅後レトルトカレー

 フィンランドNATOに加盟を申請。出来ることなら引っ越したいのだろうな。ロシアの隣りから。日本列島ももう少し太平洋に漕ぎ出したいです。ウクライナには重火器が入り、現在反撃中だと。フィリピンの大統領にあの人の子息。

 

 

5/11・水

 中日も再びコロナに襲われる。数人の選手が陽性反応。但し無症状だそう。全国的にも暫くは増加傾向だとも。兎に角、此れを凌げば今度こそコロナは御仕舞。あと少しの辛抱である。ダチョウ倶楽部の方もお亡くなりに。また芸能人の自殺が増えている。人生とは絶望に耐える訓練のようなものでもあるが、様様な経験を積んだ筈の中高年の絶望もまた大きなものがある。

 やや曇る。一夜明けても気分優れず。どうにも振り出しに戻った感じ。今度は腎結石に怯える日日である。ああ。午後早めの出社。新たなパソコンと電話機が配備されていた。リース切り替えのおまけ品なのだろう。電話は家庭用の物にスケールダウン。光ファイバー契約になったのだそう。続いて小四国語と小五国語。小学部の男子はやる気ゼロ。ちょっと無理だよね。今年度は低学年の担当が多く、草臥れる。九時過ぎの退社。Bへ。須々木さんら勢揃い。1300円は債務免除のお墨付きを得た。帰宅は十一時過ぎ。夜はやっぱり人が居ない。ほぼ専用道である。

 

 

5/10・火

 朝には晴れた。シロの襲撃は一回のみ。良く寝られた。さてさてまたまた中央病院に参る。本日は担当医師による説明。CTによると左腎臓の水は抜けた状態ですと。併しクレアチニンの値に変化なし。残念です。ただシンチ検査の結果、腎機能は残されていると。今後回復する可能性もあるとも。問題は割れ残って腎臓に押し戻した石の方で、自然排出の可能性は極めて低く、再び落ちて尿管を塞ぐことがあると。なお完全に除去するにはより大掛かりな手術が必要ですと(経皮的腎砕石術)。当院では実行不可能ですと言われた。そもそも弱った腎臓に背中から穴をあけるのでリスクが高いとも。ちょっと無理だよね。ああ、要は尿管結石が腎臓に戻っただけの模様(但し大きさは半分)。

色色な手段と対策が示されたが、最も消極的な策として経過観察を選んだ。定期的にレントゲン撮影やエコー検査をして、落ちて来ないか見て行くことにした。尿管さえ詰まらなければ、取り敢えずはオーケーである。幸い石は腎臓の下の方に行ったらしいから、浮いて来なければ流れ出さないらしい。祈るしかないね。そしてまた尿管に落ちてくれば、あの(痛い)尿道カテーテル手術で取ればいいということになる。俗にいう爆弾を抱えた状態と言うやつかな。ただ尿管ステントは取り外す必要があるので二週間後の外来診療を予約した。また下半身丸出しで尿道から取るのだと。また痛いね。足取り重く帰宅した。三十分以上喋ったけど診療費は220円だった。

天気はいいが、気分は優れず。冷凍やきそばで遅い昼食。結局のところ、喜んでいいのか、がっかりすべきなのか。兎に角、病院は疲れた。以後ぐったりす。診断の内容は概ね先月末の電話と同じなのだが、印象が相当違うのはどうしてだろう。期待値が上がったのだな。知らない内に大きな腎臓結石が出来ていた状態だと思うことにした。気を取り直して、魚屋の五点盛り(千円相当)で飲み始めた。暗くなると、鎌倉の伯母さんから長時間の電話。家人が応じていたが、入院中だと色色とメンタル面をやられたよう。一二泊でもそうなるよな。締めは豚南蛮そばを自作。四月の売電量312キロ。7400円。先月は天気が悪かった。

注・・腎臓が機能していないとシンチグラフは平行になると言われた。吾人のは多少なりとて下がっていた。

注・・石が固くて大きいので体外衝撃波破砕術は無理と言われた。なお右側には何も問題ないと。

 

 

5/9・月

 注目の対独勝利記念日。ロシアの大統領はナチズムと戦うと表明。やっていることはナチとどう違うのだろう。あそうか、元元ツアーリズムだった。ウクライナの小麦が運搬出来ないことから中東などの貧困地域では食糧危機に。間接的なジェノサイドである。

 朝からひんやり曇る。今朝は70リットル一、45リットル二。大半が剪定物。此れでも排出は抑制中。ちなみにリユースゴミ袋はあっという間になくなった。混んでいるらしく収集車は普段より相当遅く来た。午前中はやっぱり剪定。午後は漫然とす。猫に何度も起こされたから眠くて仕方がない。夕方前、モスコーでパレードプラス演説。此れといった内容は無し。戦争は止め時が一番難しい。また流石に開戦宣言=総動員令もなかった。特別軍事作戦は続くのだろう。嘗てのユーゴスラビアの内戦に近くなって来たかと。何年も続く可能性が。絶望するね。

夜は冷たい雨。冷凍鰻を丼にした。食欲止まらず。一日で二合半も食べたと家人は怒っている。偶には食べさせて。早速スピンナーを探す。メルカリに300円で出ていた(但し売り切れ)。うーん、こういうものはメーカーが直販すべきであろう。

 

 

5/8・日

 欧米では今度は謎の肝炎が観測されたと。子どもを中心に重症化の例も報告されている。国内でも数例。不安は尽きない。また製鉄所からは民間人の退避は完了したそう。知床沖では沈没した観光船の探査が進む。

朝から晴天。やや風強し。朝からラーメンを茹でた。須美伯母が来たので庭仕事。また(自庭に植え切れない)植木を持って来た。植物の避難所だね。昼は「笑口房」に買いに行く。吾人は「とらや」でとんかつセットの小瓶付き(1320円)。此処も繁盛していた。昼過ぎで御飯がなくなりそうな程に。外食爆発が起きている。風が止んだら午後は曇った。続いて椿を切る。此の数日であっという間に数袋。すると各各の見積りが来る。101はエアコンと壁紙、換気扇とドアクローザーの取り換え、本格クリーニング他で30万円余。また202は基本のクリーニングと壊れた網戸の交換とシャワーヘッド新調他で10万円余。拙宅のブラインド交換が3万円。締めて45万円だって。早く埋めて貰わなくてはなあ。なお此れで旧三洋エアコンは全部引退。全室が2010年の省エネ基準達成機となる。

夕方からは結構冷えた。晩は残り物プラス茹でそら豆。何時もの「激論クロス」。何橋とかいう人が出て来て、余りに過激なことを言っていて驚いた。ロシア許すまじと。其れはそうだけど、どんどん攻め込めば其のまま第三次世界大戦ですよ。そもそも戦争を知らないね。防衛省の専門家らしいが、防衛研究所で一体何を勉強しているのだろうと思った。七時以降は地上波の娯楽番組で耳直し。

 

 

5/7・土

 未明に一雨。ややひんやり。以後やや晴れたり曇ったり。草取りをしていると、駐車場の二段目と三段目の間の土留めが何だか一層撓んで来ているように見えた。一応鉄管で補強はしてあるが、其れも数十年の前の物。見ている傍から崩れて来そうな気もしてくる。うーむ、ドウスレバイイ・・・。まあ何というか、傾斜は今に始まったことではないし、暫く様子を見ようという自己結論に。同じ物を見ても不安に感じるのは、色色と思考がネガティブになっていることもあるなあ。なお二段目は全く稼いでいない土地である(二台入っているが一台は固定資産税に消える)。

 少し気分を変えようと、昼は柿の木坂の「大むら」へ。併し店内は食べる人(=半分くらいは働いている人)と、飲んでいる人(=全員遊んでいる人)で満席。満足な給仕が受けられず。やむを得ず、ビールと串カツで退席。併し口はすっかりお蕎麦である。今更家で乾麺とか茹でられないよね。環七を回送して「大菊」へ。此方もまあまあ入っていたけど、割と早めに温かい鶏南蛮にありつけた。冷酒付き。二店とも1250円。家人には東急ストアーの松花堂弁当(750円)。それにしても外食需要も戻ってきた感じ。爆発消費だね。すると空に御船が浮かんでいた。宣伝用の飛行船。今時珍しい。アサヒスーパードライと書いている。最近味が変わったそう。今では全く飲まない銘柄だが、(味の分からない)若い頃は良く飲んだ。三十五年前のあのCМの影響が大きいね。中学生の頭に刷り込まれた。是非今度は親子でやって欲しい。勿論博満氏ではない方ですよ。

 午後も草取り他。扇風機を掃除していたら羽を回す鼻の部分が壊れた。まだ十年選手。粗悪な部品だな。所謂ジェネリック家電。調べて見るとスピンナーと言うらしい。何処かで売っているのかね。モーター等はまだまだ使えるのになあ。一方洗濯機も異音がするそう。此方は国内一級ブランド。どちらもメードインチャイナだけど。荻生徂徠でなくとも怒るよね。晩は鰹刺しと肉豆腐など。

注・・『政談』に最近(=と言っても江戸前期)の家居や器物は直ぐに壊れると嘆く記述がある。

 

 

5/6・金

 再びの谷間の平日。割と世の中は平常運転な感じ。薄雲るも既に暑い。鎌倉の伯母さんは首下がり症で再入院。また従妹の真人さんも具合が良くないそう。頭の腫瘍は消えたらしいが、全身衰弱で入院中である。再発から一年。あの病気は年単位での加療が必要。

 次次に後出しされる資源ゴミの整理と草取りと排水管に水を流し、空室に入っていた宅配便の不在票の処理。全部で二時間。名もなき家業労働である。それにしても金曜日である。「スタンバイ」の後は聴くものが全くなくなったね。AMはAMらしい番組を作って欲しい。昼はスーパーの天ぷら。午睡の後、出社。連休中でも無社長が営業活動していたらしく、中二と小四に入会者。それらを受けて時間割の再編成。授業料は割り引いた上で、前払いをさせているよう。典型的な危ない会社である。九時過ぎの退社。Bで一昨日の反省会。皆さん翌日まで残ったらしい(吾人は幹事者ですので無宿酔)。続いて須々木さんと奥野さんとで「せい家」へ転進。須々木さんは替え玉まで注文していた。そんなに食べて大丈夫ですか(血糖値が高い筈)。二軒で三千円。細かいものがないので須々木さんに建て替えて貰った(1300円)。帰宅は十二時過ぎ。シャワー入浴。以後シロと白ワイン。

 巡洋艦の撃沈や将官クラスの狙撃には、アメリカからの情報提供があるよう。そうなるとプーが益益怒り狂うな。都内の感染者は二千人台。連休で医療機関が閉まっているから少ないのだろう。別の言い方をすれば、態態休日診療を頼むほどの症状はないということ。詰まり単なる風邪と言うことです。但し沖縄だけは依然高水準。中日の大野投手は完全試合を逃がす。味方が一点も取れなかった。

 

 

5/5・木

 朝から富士そばでとり天そば(470円)。何故か家族連れが蕎麦を啜っていた。連休だね。珍しいのかな。東京観光の一つとか。また草取り。そもそも草が生えるのは仕様がない。今年は良く伸びるイネ科の雑草=イヌムギ?を集中的に取ろうと思う。晴天続きで各地のメガソーラーに出力制限。でんき予報の発電グラフが急に平らになる。九州など、太陽光割合が100%を超えていた。うーん、やれば出来たと言いたいところだけど、ソーラーばかり作り過ぎたね。せめて此れからは朝日と夕日を向いた物を作って欲しい。

 午前中にシャワー入浴。昼は地元の回転寿司へ。ビール一、日本酒二。絶賛(安い)外食生活である。それにしても、こうして普通に外で食べられて、普通に旨い。普通に勝るものは何もないね。そんなことを考えながら回る皿皿を見ていると、涙が出そうになった。2800円。家人にはオリジン弁当。午後は暑くなる。漫然とす。晩は冷凍水餃子と冷凍焼き鳥。最後はチャーハンを自作。家人に食べさせた。猫の毛かな、くしゃみ止まらず。久久に抗ヒスタミン服用。

道志村で御遺骨が出る。行方不明になって三年近く。此の間、本当に見つからなかった。警察犬も使っただろうに。漸く見つかった。合掌。

 

 

5/4・水

 今日も晴れた。お昼過ぎに82系統で等々力に向かう。おじさんたちと等々力渓谷を歩く会。参加者は須々木さんと田岡さん、月波君と今回初登場の奥野さん。本気で歩くと十分で終わって仕舞うので大変ゆっくり移動する。流石に大勢来ていた。渓谷を抜けた先の酒屋で生ビール休憩。更に多摩川を歩き、巨人軍御用達の茶屋で瓶ビール休み。併し此の中にジャイアンツファンは皆無。感動は少なかった。其のまま電車で戻り、広島屋に入店。村田さんが合流。更にBへ。最後はタワマン広場の外飲みで締めた。帰宅は十一時過ぎ。飲食費とBへの差し入れ深川飯(但し半額)で七千円。タクシー1780円。1.6万歩。おじさんたちの反応が今一つで一時は開催が危ぶまれたが、思い切ってやってよかった。

 コロナは減少傾向。換気が良くなったせいか、罹る人は罹り終えたのか。三回目のワクチンも其れなりに効いているみたい。此れで済めば、今度こそコロナ終了だな。夏には待望のウイズアウトマスク。

 

 

5/3・火

 製鉄所からは退避が進む。何とか助かって欲しい。一方、与党内部は防衛費を二倍にしろと言っている。大丈夫、今回の件ではポンコツ兵器と出鱈目作戦ぶりが改めて露呈した。当分攻めて来る心配はありません。増して渡洋攻撃など。第一、消費税二パーセント分だよ。何処にそんな金があるの。そんな今日は憲法記念日。事実上平和憲法記念日。それにしてもね、教育や福祉の予算だって全然足りないのに、よくもそんなことを考えるものだと呆れて思った。

 朝からずっと晴れた。連休本番。高速道路は大渋滞したと。さてさて吾人も少しは出掛けようと思った。朝から世田谷線、続いて小田急に乗り、鶴川下車。旧白洲邸、武相荘を訪問。入館料1100円。まあしかし、よくこういう所に引っ越したね。当時は寒村だよね。其の後の東京は空襲と食糧難で大変なことに。ちなみに百鬼園先生など四谷でもたもたしている内に、鹿の食うようなものしかなくなり、お酒もなくなり、とうとう家まで焼かれた。すぱっと決断が出来るというのは貴重なセンスだと思った。ところで何処までが敷地と畑だったのだろう。現在は家が建て込んでいる。今となってはよく分からない。

続いて丘と団地群を越え、とあるラーメン店に入る。此処は芥田先生のゼミで一緒だった福岡君の実家である。元元は蕎麦店であったが、御両親はだいぶ前に引退されて、別の店となっていた。早速ビールで一服。店内には色紙が沢山。近くのスポーツクラブの選手が出入りしているそう。それにしても疲れたね。駅から歩くとたっぷり一時間。起伏も激しい。当時の芥田ゼミはアフターゼミが華やかだったから、福岡君は終電間近の小田急線に乗り、此処まで帰っていた筈。深夜バスはあったのかな。大変だったね。更に焼酎二、ラーメンで締めた。2480円。少し回復したので、吾人も出鱈目に歩く。真光寺公園を越えると、小田急多摩線の黒川に着いた。流石に本日は此処まで。素直に電車に乗って帰った。帰宅は二時過ぎ。1.6万歩。実に久久の遠出であった。以後売店で買った『鶴川日記』を眺めた。此れは奥様の方のエッセー集。晩は信濃屋の総菜類。それにしても、こんなに(ほぼ)知らない土地を歩いたのは、昨年の十二月以来である。却って体調も良くなった。やっぱり外に行かなくてはね。十時就寝。

注・・白洲邸見学。民家に靴カバーで入るというのは何とかならないものかね。屋内を土足で歩いているようで落ち着かなかった。此れもコロナの影響かしらん。それにしても、武州と相模で、不愛想。ネーミングセンスは秀逸。

 

 

5/2・月

 谷間の平日。可笑しいな、休みにするって法律はなかったっけな。朝方は曇る。少し草刈り。あちこち痛んで捗らず。いい加減、電動の物を買おうかと思った。最近は性能がいいのがあるという。でも結局使わなくなるな。電動掃除のターボプロ、やっぱり使ってないしね。次第にやや晴れた。須美伯母がちらし寿司を持って来るというので、「味の郷」に中華総菜を買いに行った。元元不出社の日である。午後も草取り。勿論手で。夕方には曇る。世間的には土曜日のような感じ。ATMと無料のコロナ検査場のみ人だかりがしていた。

注・・祝日と祝日の間は国民の休日になるのだが日曜は対象外だと。理論上、秋しか起こらないそう。勿体ないな。

 

 

5/1・日

 未明にシロは二度も上ってくる。元気溌剌。撫ぜろ撫ぜろと吾人を呼びつける。やっぱり点滴を打つと違うのかな。一転してもう曇る。ゴミは三周しても取り切れず。さてさて日曜だけど今日から五月。また諸諸の物が値上がりす。少し自転車で出掛けようと思った。併し疼痛が酷く、環七過ぎで断念。スーパーに寄って帰る。昼は徒歩で出掛けた。更なる新店を開発したかった。一人で入って、食前にビール、ちょこっとつまんでいても違和感のない個人店を。併し該当店無し。以前入ったことのある変な名前の蕎麦屋に入った。此処はカウンターのみなので雰囲気は悪くない。併しハートランド中瓶850円、盛り蕎麦も850円。そんな馬鹿なという価格設定。幌加内の蕎麦粉を使った自慢の蕎麦というが、風味らしいものもなかった。もうちょっと来られないね。

午後からまた雨。かなり冷えた。エアコン使用。晩はスーパーの豚の味噌漬けプラスレンチンもやし。ところで方方のツツジが満開になっていた。それにしてもツツジね。ちょっと惜しいな。もしも此の世に桜と梅がなければ、確実に春のスターに成れたのに。また近所の評論家のバンブー邸も解体の模様。立派な建物だった。築三十年ちょっと。相続かな。勿体ないな。みんな産業廃棄物に。漱石でなくても嘆きますよ。携わった建築士や職人さんだってまだ存命している筈。ところでツツジとサツキ、見分けがつきません。

六時から「激論クロスファイヤー」。筑波大から筑波学院大に転じた先生が出て来る。今度はオデーサが危ないと。其のまま西側に攻め込む危険もあると。うーん、消耗した露軍にそこまでの能力があるとも思えないけどなあ。ただ戦局は泥沼的に長期化しつつあることは確かなよう。今月九日である程度の停戦が実現するという見方もあったが、最近は悲観的である。あべこべに宣戦布告するのではと。どちらにしても夥しい犠牲者が出る。それにしてもロシアの被害妄想はモンゴル帝国に攻められた以来の物だと聞いたことがある。忘れ去ることも大切だと思った。

注・・不謹慎だけど、ガンダムオデッサ作戦が現実のものになるとはね。もっとも作中では西側から攻めて、ジオンから奪回するというシナリオでした。

 

 

 

2022年4月

4/30・土

朝から快晴。家人は鎌倉へ。凡そ三か月ぶり。吾人は断続的に草取りと低木刈り。しゃがむと尿道が痛く捗らず。昼は料理おばさんのチャーハン弁当(800円)。此処も平日の定番弁当は来月から値上がりだと。他には映画「東京自転車節」。コロナ禍、東京に稼ぎに来た青年のドキュメンタリー。仕事はウーバーイーツ。配達のし過ぎで最後はヘナヘナに。事件事故を起こさないか、ハラハラした。それにしても、みんな大変だった。

続いて内装屋さんの訪問。序でに拙宅のブラインドの交換とエアコンクリーニングも依頼したが、フィルター掃除機能付きは分解が大変で高くつくそう。うーむ、一長一短だな。四時前に家人帰宅。久久の遠出でヘロヘロに。となると晩食は崎陽軒の筈だが大半が売り切れていて、シウマイ弁当と赤飯弁当しかなかったと。本当は「横濱中華弁当」が食べたかった。以後八百屋で清美オレンジ他(500円)、魚屋で鰹のたたき(500円)、床屋で散髪(1100円)。最後にシロの点滴。前客一。見ていると大きな日本犬が大暴れ。爪を切るのも一苦労であった。飼うなら断然猫だね。一応、此方のお医者さんにも吾人の腎臓を報告。押し戻した石が再び落下してくる可能性について討議。そんなに高くないのではと言う結論。其処に石があれば取りたくなるのかもしれないと。医師だけに。なおカテーテルの痛みは数か月は続く場合があると言われた。辛いです。セカンドオピニオンが聞けて良かった。湯船入浴の後、中量飲酒。すると狸が。一瞬の離合だったが、イベルメクチン、効いてない感じだった。

注・・シウマイ弁当プラス200円ちょっとで断然お得。

 

今月の訃報

一、柳生博氏と山本圭氏。ともに「やすらぎ」に出ていました。二、上田知華さん。彩子さんにもよく作っていた。「あの時いっしょにいた瞳たち」は名曲です。昨年の九月に亡くなっていたそう。朝の新聞で知りました。合掌。

 

 

4/29・金

 更なる円安が進む。それにしても円安のメリットね。農業や製造業が帰って来ることかな。国内で作れば雇用も増えます。日本で作りましょうよ。多少高くなっても。其れにもう少ししたら外国人観光客も戻って来る。プラスに考えましょう。何しろ円を此れだけ刷っているのだからね。暫くはこんな感じです。

大型連休の初日だが段段曇る。朝は生ラーメンを茹でる。シロの点滴に参るも、なんと院外まで溢れている。七八組待ち。其のまま引き返した。犬の注射シーズンの模様。続いて不動産屋の平塚君の訪問。退出した101と202の検分。八年住んだとはいえ男の部屋は汚いなあ。換気扇も再生不能。だから貸したくないの。なお202の五月分(一週分)の家賃は無しとした。御結婚祝いです。それにしても単身者用の物件は需要が戻らないそう。また暫く空いて仕舞うなあ。昼は家人のオムライス。午後は雨降り。次第に冷たい本降り。晩は残り物のおでんなど。一円も使わず。

 

 

4/28・木

 朝方は曇る。朝から蕎麦を茹でた。御飯を炊いているのを忘れ、昼は食堂の弁当にした。黒むつ西京焼きは旨かった。此処も来月から値上げだと。600円じゃあ、利益が出ないよな。儲かって貰わないと此方も困ります。

午後は晴れた。午睡の後に出社。木曜日は中三数学、小六算数、中二の国語の順。最近入った中三の女の子は真面目そうで快活でもあるのだが学習面は周回遅れ。暫く学校に通ってなかったそう。あらまあ。別に学校に行かなくてもどうと言うことはないけれど(無理して通い続けると様様な疾病になる危険性を高め、あなたの健康寿命を短くするおそれがあります)、せめて英語と数学は履修していて欲しかった。教科書の例題レベルでいいから。通信添削等があるでしょう。最近は映像教材とかも。第一に、毎日家に居ても暇だよね。倍速で進めて追いつかなくてはなあ。中二にも体験者あり。何だか最近仕事をしている。

九時半の退社。やっぱり何時ものBへ。連休前なのでまあまあ入っている。でも従業員さんが足りない。店長補佐のバンさんもうんざり顔。何も頼めず、大して飲めず。十時を過ぎると注文を取りに行くより片づけ優先。もう何も頼んで欲しくないとばかりにドンドンガチャガチャと凄い勢いで下げ始めた。仮に延長したとしても残業代が出ないのだろうな。続いてバーIに寄る。なお新婚旅行はしないそう。行き成り「フルムーンパス」が使える年齢なのに。勿体ないね、吾人ならばまず鹿児島の指宿に行って帰って、其のまま東京駅を素通りして北海道へ参ります。そんな下らない話しをして帰った。1600円プラス2200円。十二時ちょっと前に帰着。以後シャワー入浴。冷凍牛丼の後、『パンケーキを毒見する』を見ようと思ったが、睡魔に勝てず挫折。

 上海に続き北京でも外出制限。まあオミクロンとはいえ、ワクチンが効いていない状態だと大変なことになるからね。中国社会も高齢化している。国家主席周辺には自国のワクチンが欠陥品だという認識があるのだろう。正しい判断だと思う(何処かの国とは違い国家理性が働いている)。モデルナワクチンは余っているから、差し上げてもいいんだけどね。今更受け取らないよな。

注・・そう言えば、身の回りでフルムーンパスを使ったという人を見たことが無い。今更配偶者と何日も過ごしたくないのだろうな。精精熱海一泊までとか。JRとしても売れない方がいいのだろう。国鉄時代のきっぷだし。

 

 

4/27・水

 未明も大風と時折の大雨。春の嵐。朝には概ね収まる。以後やや晴れる。昼食の後、一週間と一日遅れたが、再び中央病院へ参る。採血採尿と画像診断。三回ほど息を吸って止めた。本日も検査のみ。会計7290円。CTって高いのね。午後の外来はガラガラ。会計も早かった。それにしても今年は沢山浴びて仕舞ったな。大丈夫かいな。次の診察は連休明け。どうなりますか。なかなか自由の身には成れないな。一時間ほどで帰宅。続いて101の引っ越しゴミの再分別。包丁とスプレー缶が混入。なんか重いと思ったら麻雀牌がある。此れは何ゴミなのでしょう。夕方前出社。こうなると蒸し暑い。定時退社。Bに参ると、皆さん勢揃い。2220円。十一時過ぎの帰宅。夜はひんやりさわやか。以後偶偶やっていた「映像の世紀」のメルケル特集(の再放送)。引き込まれるね。ちらっとプーも出て来た。同じ時代の同じ場所にいた筈なのだが、見解は180度違うのだね。エリツィンは何であんな人物を後継者にしたのでしょう。あちら側で反省しているのだろうけど。

 別のやまゆり園で暴行事件が発覚。最初のやまゆり園でも色色とあったそうだが、其の件は何だかスルーされた気配がある。施設には元元の暴力体質があり、其の体質があの元被告を生んだ一つの要因になっている筈なのだが。控訴取り下げで第一審で終わったんだっけな。

注・・素材はプラスチックだった。 注・・月末に再審請求を出したらしい。

 

 

4/26・火

 沈没した観光船の船長は素人同然。そもそも数年前に経営者が変わり、ベテラン勢は全員解雇されていたのだと。本当に酷い会社であった。それにしても旅先で遊覧船があったら迷わず乗るよな。つくづく痛ましい。此れから北方領土まで探しに行くのだと。

さてさて大事な用件がすっかりすっ飛んで仕舞い、宙ぶらりんな一日。天気も曇って暖かい。まずは不燃ごみの整理。あのねえ、プラスチック類は可燃ですよ。大きなものでも(物入れや植木鉢)。そもそもが炭素と水素の塊だからよく燃えます。幾つか回収す。ところで春のAM大改編で「スタンバイ」の後に聞くものがなくなった。ニッポン放送=「あなたとハッピー」もなかなかだけど、今月から週に三日もモリタクさんが出ている。悪い人ではないけど幾ら何でも過剰だよな。番組難です。止むを得ず半蔵門にスイッチ。以後時時草取り。しゃがむとちょっと沁みる。

昼はうどんと御飯。午後は屋内の片づけ。夕方前から通り雨。南風強し。ところで東電管内=太平洋側には本格的な風車が何基あるのでしょう。何だか勿体ないね。晩は残り物と冷凍物。チャーハンを自作。まあね、風車も太陽光パネルも多少多めに作っておいて、過剰な時は出力制限するのがより自然な方法かな。何しろ自然は豊かだから。物価高を受けて総理が会見。輸入の燃料と食料が値上がりしていると言うが、突然二倍になった訳でもない。そもそもの経済が拡大局面ならば取るに足らないほどの値上げで済んだ筈。うどん(外食)に占める小麦粉の原価なんて高が知れているもの。耳鳴りはだいぶ小さくなった。

 

 

4/25・月

 知床の事故は最悪の結果に。壊れかけのボロ船で荒海に出て行ったのだと。売り上げが欲しかったのだろう。同業他社は冬期閉業期間なのに。酷い業者は後を絶たず。一つの大事故の前には数百の小事故や事故手前の現象があるという。其の過程で何とかならなかったものか。それにしても連休前の此の時期は事故が多い。

プーチンの戦争を正教会が支持していると非難される。ローマ教皇も怒っていた。日本も戦時中はそうだったな。幾つかの仏教団体は戦後自己批判を求められた筈。つくづく権力と言うものは危ない。本来関係のない者たちも磁場があるからどんどん引き込まれて仕舞う。

 朝から晴れた。三週ぶりにタケローさんがラジオに復帰。ジングル等もリニューアル。此の間、腰の手術を二度もしたが、大して良くならなかったと。あらま。腰ね、良くならないものの代名詞だね。家人の腰にも全く打つ手がありません。すると物凄い日差しに。昼は近所の油淋鶏弁当。袋持参。箸等も断るが、容器は絶賛使い捨てプラスチック生活である。いっそ持参した弁当箱に作って貰えないだろうか。101も引っ越し作業。軽く挨拶した。続いて202を検分。割と料理をしていたらしく、キッチン回りは汚れが目立つ。居室の方は綺麗だった。併し此の時期だとなかなか決まらないだろうな。また減収です。

午後は漫然とす。すると五時半過ぎに中央病院から電話がある。電話の向こうは主治医。腎臓は少なからず動いていると。CTを撮りたいので、明日の通院予定を明後日にスライドさせて欲しいと。其の状態を見て今後の治療方針を考えると連絡がある。取り敢えずの吉報ではあるが、腎臓に押し戻した残りの石を再び割る必要が出て来たそう。大変固い石らしい。また手術かね。辛い治療は続きます。

それにしても検査結果を聞きに行くのは、愈愈明日だと覚悟を決めていたが、予想外の電話で用件が済んで仕舞った。乾坤一擲、起死回生、必勝祈願の筈が、なんだか拍子抜け。眩暈プラス腰痛の家人に代わって吾人が麻婆豆腐を作って晩酌とした。どうにかこうにか最悪の結果=左腎臓の廃絶は避けられたか。以後ひとりで祝杯。

 

 

4/24・日

 今朝もゴミを拾う。各自販機横の容器入れは軒並み満杯に。暖かくなって来たからな。水分摂取量も増える。容器とは関係のないゴミを片付けた。それにしても幾つかの自販機は容器入れすら設置していない。となると、入れ物がある所にますます集中し、あっという間に溢れかえる。何とかならないものかしらん。さてさて偶には変わったところに行こうと思い、電車で多摩川を渡る。高津下車。少し歩いて、結局溝の口の「元祖寿司」。開店と同時に満席。職人さん二人体制の手握りだから、ギリギリの状態。出した傍から捌けている。でも440円の特選穴子だけはずっと回り続けていた。高いのだな。ビール一、日本酒二、六皿。2500円。続いて丸井の食品館で晩食の調達。帰りも電車。「梅もと」だったところは「しぶそば」になっていた。詰まらない顔をしながらかき揚げそばを食う(470円)。やっぱり天婦羅が大き過ぎる。半分でいいね。帰宅は一時過ぎ。八千歩。

午後はひんやりとした雨。大量午睡。湯船入浴。晩は牛肉とアスパラの炒め物他。シロには「AIМ30」。何でも腎臓が動き出す特殊なアミノ酸が入っているのだと。最近売り出された。しかもそんなに高くない。東大の先生が退官してまで研究しているそう。但し猫は体にいいからと言っても、食べたくないものは食べないからな。案の定、一口食べて出て行った。人間への応用が待たれるところである。

注・・以後シロは一切食べず。結局ミケグレが食べた。弟妹の腎臓を心配していて譲渡したのだろう。

 

 

4/23・土

 六時に起床。終日晴れ。早速ゴミ拾い。空き缶少なく、路上のもんじゃ多し。酔漢も戻って来た感じ。腹が減った。八時に「すき家」へ参る。牛丼サラダセット(590円)。牛丼は400円に値上がり、と言うより値を戻す。吾人が学生だったの頃の価格に。あの頃とは消費税が違うから、まだちょっと安いかな。其れにすき家はそんなになかった。

ちなみに東北電力の「でんき予報」には風力発電量も出ている。見たところ最低は1万キロ=無風、今日は100万キロ。太陽光と風力、揚水、蓄電池・・・、こういうものを組み合わせていければね。東電としても日本海側にも風車を取り付けるべきであろう。風任せだけど、夜も発電出来る。須美伯母が来たので桃の剪定。昼はドミノピザにした。ネットで注文して取りに行った。薄焼きLサイズ1900円。大瓶付。生地が煎餅みたいでちょっと物足りなかった。202退去。彼氏さんがいるようなので吾人は顔を出さず。どうぞお幸せに。確か長野の人だった。晩はスーパーの鯛を酒蒸しにした。知床で観光船が遭難。

 

 

4/22・金

 製鉄所を残して、マリウポイに制圧宣言。此のタイミングで停戦交渉に入れれば良いが。戦闘は当分続くという悲観的な見方も。兎に角、一旦停戦、どうして此れが出来ないの。

朝には止んで、以後急速に晴れる。夏日である。居間のホットカーペットを撤収、扇風機に置き換える。昼は料理おばさんの弁当。早朝から出たり入ったりしていると尿管付近がかなり疼く。二時間ほど横になると解消した。やや遅く出社。自転車がないので06系統に乗る。下校の児童生徒で超満員。さながらスクールバスである。児童さんは三三五五散って行く。すると真面目そうな女学生が残った。おもむろにブラシを取り出すと、髪留めを解き、とかし始めた。やれやれ、月曜から金曜の登校、疲れたねと言う感じ。御苦労様です。

併しながら吾人の勤務は此処から始まる。余りにもふざけている中一生に激昂す。大声で怒鳴り、ゴミ箱を蹴り飛ばした。こんな(下らない)仕事、週に三日も堪えられないね。九時過ぎの退社。まずBで少し。続いて鷹番のラーメン屋に寄る。ビールを頼んだが、ちっとも出て来ない。見るとジョッキが足りないよう。そんな馬鹿な。大急ぎで隣席から下げたものを流しでジャブジャブ。あんた、ちゃんと洗ったのかい。出て来た付け麵も、水切りが甘く、大して旨くなく。それでもこうして飲んで食べて帰れるようになったのだから喜ばなくてはね。二軒で三千円。帰宅は十一時半。以後シャワー入浴。

 

 

4/21・木

 午前中は少し晴れたがまた曇る。新棟西側の電気代を支払う。結局三月分はサービスとした。確か、152キロで5400円。契約先は東電エナジーパートナー=東電の発電会社。無割引だと高いのね。尤も新電力の内、卸売りしかしないようなところはかなりの会社が既に倒産、発電しているようなところでも多くが受付停止状態。発電所を絞り過ぎた関係で、先月は停電の一歩手前まで行った。此れが電力自由化の顛末である。

 午後出社。ぼんやりと授業をしていると、上階の大家の奥さんが救急搬送。九十過ぎ。最近目に見えて足腰が弱っていた。心配していたところ、缶酎ハイを飲み過ぎて呼吸困難になったそう。直ぐに帰って来た。そんな理由で119番してはいけません。夕方からまた雨。九時過ぎの退社。無社長に呼ばれて一献傾けたが、何だかビールの味も今一つ。今日は下腹部の疼痛もやや増し。体調不良である。最終の11系統で帰った。帰宅は十一時。以後、猫とお茶漬けと焼酎甲類。以後大雨。

 

 

4/20・水

 ロシアに占領された地域からは住民が多数連れ去られているという。其のまま強制移住だとも。此の二十一世紀に、ラーゲリが現れるとは。なおロシアの木材にも禁輸措置。昨年来の材木高に拍車が掛かったと。最早国産の方が安いのだとも。ならば日本の杉を使ってよ。大体やね、家や家具を使い捨てに過ぎるよね。

 昨夜の雨は止んだがずっと曇天。菜種梅雨だと。昨日よりも確実に体調は回復す。早速ゴミ拾いを二周。レンタルモップの返却に合わせて家作の外構部の清掃。但し耳鳴りは治らず。排尿痛等ももう減らない感じ。両者ともに市販薬も大いに売り出されているから、そもそも悩んでいる人も多いのだろう。午後出社。退社後はBで三杯、一時間ほど。1920円。夜も寒い。湯船入浴と日清どん兵衛。Bで大声で語り合うとちょっと耳も通った感じがした。なお田岡さんは間もなく六十なのだと。定年延長するかで迷っておられるそう。会社を辞めると気軽に外で飲めなくなるのが最大の問題なのだと。今更働く理由って、そんなところだよな。

 

 

4/19・火 

 朝には晴れた。朝の九時に中央病院に電話。診察の延期を要請。来週の同じ時間に変更す。幸い泌尿器科は空いているよう。PCR検査も受けさせて貰えないものかね。昼前には起き出す。リハビリがてら草でも取ろうと思った。でも名もなき草も花を咲かせている。ちょっと可哀想。地味なイネ科の雑草をちょっと抜いて終わりにした。以後シャワー入浴。結局風邪だったな。土曜の夜くらいからパフォーマンスがちょっと変だった。誰に移されたのだろう。先週は寒かった。マスク飲食していたのに。木曜は空いていた。金曜は混んでいた。水曜は・・・。昼はレトルトカレー。幸い家人は無症状。午後は漫然と自室療養。次第に曇る。夕方前スーパーへ。180円の鰤の鎌焼き他。それにしても健弱である。気も萎える。十時就寝。

 牛丼店の幹部が不適切発言で解任。若い女性を牛丼中毒にさせろと言ったとか言わないとか。何でもかんでも万人受けさせなくともねえ。案外男性でもひとり牛丼は無理と言う人は多いですよ。ひともお店もそれぞれです。それにしても某大学のビジネスセミナーでの発言だそう。其の高額な授業料に驚く(29回で38万円)。円安がますます進み、一ドル130円近くに。此れでますます海外のビックマックが高くなったとの指摘も目立った。ちなみにアメリカでは6ドル近いという。日本の物は400円弱。一ドル100円としてもまだ高いね。80円でも。小倉の旦過市場で火災。ああ。

注・・画像検索によると、オニタビラコ、ハルジオン、カタバミノゲシなど。名前が分かるとますます抜けないね。でもノゲシは取った。不気味なほどに巨大化するので。

 

 

4/18・月

 朝には下がる。何だったのでしょう。時時こうなる。成るべく部屋に籠る。朝はカステラと牛乳。昼はスーパーのとんかつ弁当(530円)。曇ってまた寒い。天候不順、体調不良である。午後も寝たり起きたり。夕方から冷たい雨。晩は冷凍餃子他。缶ビール一、日本酒半合。少し寝ると汗ぐっしょり。芯熱が取れていない感じ。第一、昏昏と寝られる。詰まり体が睡眠を欲しているということ。

 連合会長が与党に接近。賃上げと女性の地位拡大を求めたと。まあね、連合は大企業の正社員の団体だからね。今更おかしなところは無し。マリウポイの製鉄所には最後のウクライナ部隊が立て籠もる。ロシア側は投降を呼びかけているようだが応じない模様。彼らがネオナチと呼んだアゾフ連隊である。身の安全を保障すると言われても信用出来ないからな。

 

 

4/17・日

 あれだけ国際的に批判されても民間地域への攻撃が止まない。兵器がポンコツなのか、統率が不十分なのか、そもそも民間人を殺してはいけないという認識自体がないのか。恐らく全部なのだろう。恐ろしい国である。

蚊と猫でよく寝られず。六時からゴミ拾い。放置ゴミの烏被害多し。結局こういうものが風で飛ばされて街中に散って行く。故意に捨てられたものと半半ぐらいの割合なのかもしれない。早昼として煮麺を自作。後は出たり入ったり。買い物や草取りなど。午後になると体調優れず。体の節節が変。軽く晩酌して冬用の布団で緊急就寝。二時間ほど横になると少し良くなった。発熱三十七度前後。上気道に異状なし。オミクロンではないと思うけど。ちょっと冷えたのかもしれない。

 

 

4/16・土

 国内でお亡くなりになった人は二万九千人に。高齢者には三回目を打ち終わったから、最近の死者は減少傾向。但し四回目は効果がないそう。新ワクチンの登場が待たれる。上海はロックダウン状態。オミクロンにそんなことをしても仕様がないと思うが。メードインチャイナのワクチンは効果がないようだから、当局は躍起になっているよう。一方欧米は既にノーマスク。当初コロナ対策では中国がリードしたが、此処に来て欧米の方が逆転して来た感じ。犠牲も多かったけど。

朝には止んだ。まずはスーパーに。年金が出たからかな、異様に高齢者が多かった。家人には「さわら西京焼き御膳」弁当(630円)。新商品の模様。此れも高齢者向きだな。他に地方のパンフェアー。「イギリストースト」(青森市)と「マンハッタン」(唐津市)を購入。地域活性化である。草木刈りを少し。昼は環七の「大菊」。働くおじさんたちで少し混んでいたけど後客もいないようなので、ビール一、鶏の照り焼き。本当に誰も入って来ないので、日本酒と盛り蕎麦一枚。2150円。昼寝中のミケを家人が掴まえたので、獣医に搬送。特に外傷はなさそう。捻挫かな。予防注射して帰宅。6600円。それにしてもミケは半狂乱になって抵抗す。病気になっても知らないよ。晩はひと切れ120円の鰤を焼いた。

 

 

4/15・金

 大体雨。午前中信託銀行員の訪問。「安定収益追求コース」が成果を出せなくてスイマセンと。特に年明け以降損失が急拡大しマイナス六パーセント。そんな馬鹿なと言うレベル。リスク分散コースの安定成長型に変更す。此れも駄目だろうな。何しろゼロ成長だもの。序でに家人の定期預金を解約。渋谷の支店まで行けないからね。此れは都合がよかった。ちなみに解約には書面への署名と捺印が必要。携帯型のプリンターを持参している。御苦労なことです。

 昼は家人の親子丼。午睡の後、遅めの出社。自動機械のように授業す。退社後はBへ。1400円。流石に結構混んでいた。湯船入浴。以後、佑子さんから貰ったメンチカツパンと白ワイン。今週も疲れたよ。一時就寝。ミケは右前足を怪我したようだが、例によって掴まらず。もう十二年も暮らしているのに。

 モスクワが沈没。ウクライナのミサイルが当たったみたい。古い巡洋艦らしいが、一応黒海艦隊の旗艦。誰もが知っている船だそう。軍艦には象徴性が伴う。此処が陸軍と違う所である。

注・・プーは激怒したと伝えられる。連合艦隊なら長門が撃沈されたようなものだと。なお当時は大和の存在は秘密だった。

 

 

4/14・木

 新幹線が復旧。但し暫くは160キロ運転だそう。今後も少し落とした方がいい。余り想像したくないけど、次は本当の事故になる。産地偽装で問題となった熊本の浅蜊も出荷再開。それにしても浅蜊自給率は数パーセントだと。本当に取れなくなったらしい。どうにも海が綺麗になり過ぎたのが原因の一つだとも。地方は分流式の完璧な下水道だからね。となると合流式も悪くはないのかもしれない。

空気が入れ替わり、朝にはひんやり。時時小雨。昼は食堂の弁当。すると新棟西側の電気の請求書が来る。三月分150キロ。あらま、契約の切り替えが済んでなかったよう。早速連絡しに行った。それにしても売電が180キロ、使用が150キロだから、30キロの黒字。止み間を狙って出社。退社後はBに参るも誰もおらず。二杯で切り上げ、向かいの素麺酒場へ。鮪刺し身と日本酒。此方も誰も居ないが店長らしき若い人と話して帰った。十一時。二店で四千円。

 ウクライナ南東部の要衝、マリウポイは陥落の模様。街は破壊され尽くされ、二万人の民間人がお亡くなりになったとも。此の街をどう復興させる積りなのだろう。

 

 

4/13・水

 西日本は赤字線区の収支を公表。山陰線も西側が危ないと。存続には自治体の協力は不可欠だろうが、長い線区を切り取って此処からあちらが大赤字ですと言われてもねえ。田園都市線だって、終点付近の収支は悪いだろうし、始発や終電は恐らく赤字。日曜朝は七時からの運転にしますなんてことになりかねないね。兎に角、もう少し経てば、みんな新幹線に乗るから。ちょっと待って。乗りたくない訳じゃないのだから。そもそも全体で収支がトントンならいいでしょう。公共交通機関だもの。

 今日まで晴れだそう。耳鼻科の水薬も再開。耳鳴りに変化なし。午後出社。職場の複合機が変わる。そう言えば先週営業員が来ていた。またリースの切り替えらしい。契約から納品まで僅か一週間。コピー機も余っているのだね。小五国語、中一数学。Bで1700円。帰宅後ロゼ色。どうも疼痛がぶり返した。シャワー入浴。お茶漬け。沖縄では再拡大。九州東北でも拡大基調だと。前者は三回目接種率が低く、後者はそもそも罹った人が少なかったからだとも。

 

 

4/12・火

 キーウ占領を諦めた露軍は今度は東部地域の奪取を狙って来ると。ウクライナ側も徹底抵抗の構えだから、またおびただしい犠牲者が出る。辛いです。また露軍の司令官も代わるそう。シリア攻撃時の残虐な指揮官だと。日本の空襲被害もあの男に代わって激増した。居た堪れないです。ロシア側の戦力が払底しているといいけど。

 未明の二時に入って来たシロは、何故か直ぐに出て行った。検分して見るとお戻ししていた。猫ながらにばつが悪かったのだろう。本日快晴。朝方やや赤い。排便時力んだせいかな。さてさて愈愈腎臓の検査。正式には腎動態シンチカメラ検査と言う。中央病院へ向かう。地下深くの検査室へ。此処は放射線区画。黄色いスリッパに履き替える。先客は高齢女性が一人だけ。空調の関係上、扉からは不気味な音が。恐ろしいね。検査三十分前に大量飲水。寝間着に着替え、直前に排尿。手術台のような撮影台へ。特別な造影剤を静脈注射して撮影開始。途中で利尿剤を追加投入。約四十分。終わり五分前になって技師さんがモニターを見せてくれた。右腎には何もないが、左腎には白い影が。動いているのかいないのか。早く流れて行ってくれと願った。終了後、直ちに排尿。危ない物質が含まれているのでくれぐれも便器の外にこぼすなとトイレには但し書きが。なお恐ろしい。本日は此の検査のみ。其のまま会計して帰る。1.8万円。造影剤が高いのだな。半減期=消費期限が短いのでくれぐれもキャンセルするなと栞には書いてあった(直前キャンセルは五万円請求しますとも)。行って帰って二時間半。もう、疲れたよ。

 お昼には凄い日差しに。更に排尿三回。少しは出歩こうと思った。「華星」で刀削麺のセット。ビール付。ちょっと苦かった。家人には東急のあんかけ焼きそば。シャワー入浴の後、漫然とす。晩は残り物など。少し飲み進めて落ち着いた。気が付いて見ると、花の季節は終わり、既に新緑が。詰まり草取りの始まりである。

 中銀カプセルタワーも解体。築五十年。メンテナンスの費用が桁違いだったと。それにまあちょっと狭いしね(人間はそんなに機能的には成れません)。吾人なら建物よりも周囲の緑と調和させるような建物を作るな。植物は育つ。周りが変われば、結果として中も変わる。賃貸ならば住人も代わる。家具家電造作類も取り替える。なお、隣りの建物も売りに出されるよう。測量会社の人が挨拶に来た。前の所有者=クヌギさんが売ってまだ数年。土地や建物が投機の対象と考えられる社会ではなかなか難しいな。ところで、中銀(なかぎん)って、何?

 

 

4/11・月

 真木悠介氏死去。色色と読んだな。あの頃から私たちはどれだけ後退して仕舞ったのだろう。あんまりロシアを追い詰めない方がいいという主張も見受けられるが、其れは嘗ての日本を参照した意見だと思う。日本は南部仏印進駐に伴う経済制裁が効き過ぎて、言わば逆切れを起こした。あの時は石油を止められたからね。幸か不幸かロシアには石油も小麦もある。だから最低限の生活は出来るだろう。ただ西側的な豊かな消費生活は当分お預けと言うことになります。国内の累計感染者は700万人に到達。実際は此の数倍かな。

概ね晴れ。朝方に通帳記帳。するとやや濃いものが。痛みもある。アルコールと利尿剤で夜中にみんな抜けてしまった模様。慌てて水を五百ミリは飲んだ。愈愈明日は腎臓の検査。嫌だねえ。昼は生ラーメンに一昨日の炒め物プラス。なおイオン系のスーパーでは特急ヘッドマークコースター付き缶ビールパックが売っていた。「ひばり」と「雷鳥」を購入。昔の列車は楽しかった。何だか何処かが悪いような気がして午後は漫然とす。晩はサミットの刺身と総菜。安くて旨い鰤の鎌焼きがあった。気温が上がると新潟のさっぱりした酒の方がいい。202も月末退去。三年半はいたかな。多分結婚だね。今年は早くも二件目。

 

 

4/10・日

 教材(古本)を適当に注文したら十日経っても着かない。よくよく調べて見ると、発送元は何とニューヨークだった。そんな馬鹿な。日本の大学の過去問集である。エネルギーを使わせて仕舞って申し訳ない。

 全国的に晴天。関東は夏日。分刻みで太陽光発電が増えて行く。すると使い切れなくなり、四国や東北ではメガソーラーに出力制限。ついさっきまで電気が足りないと言われていたのになあ。自動車を充電させて。それにしても電気と言うものは不便だな。何しろ貯められないのだもの。そもそも電気とは物質ではなく現象であるし。

さてさて少し変わったところで昼食をしたかった。一時間に一本になった34系統で都立大学へ。回転寿司屋に入る。なんか雰囲気が変わったよう。回転レーンも復活。すると新店長さんはどんどんと回して来る。どうなるものかと思ったら十二時を過ぎると大量入店。一気に捌けた。飲食業の需要予測というものも難しいと思った。ビール一、日本酒三。凡そ三千円。駅前の本屋で『鉄の日本史』。帰りは歩こうと思ったけど、余りの暑さで断念。再び34系統で帰る。途中小林母娘に出合う。向こうから声を掛けられた。(雰囲気を消していた筈なのに)よく分かったね。晩はスーパーの牛肉。北海道の大沼牛とのことだが、家人が焼き過ぎてあんまり旨くなく。他に魚屋のマリネと吾人がパスタを茹でた。ビール大瓶と赤ワイン半本。

 ラジオと富士そばで流れて来た「渋谷で・・・どう」という歌謡曲に驚く。何と、二番は三宿、三番は地元である。ご当地ソングだね。パトリオティズムが刺激される。「酔っぱらって おでこ打って 擦りむ」くのは拙いが、「二年ぐらいか? 家飲みで やっとどうにか会えるじゃーん」というところはいい。なお作詞は幾三さんだと。コロナ明けのスタンダードナンバーになって欲しい。

 

 

4/9・土

 ウクライナ東部の駅にミサイルが着弾。多数の方がお亡くなりに。幾ら何でもそこを狙った訳ではないだろう。此れがロシアの兵器の実力である。兵士は統率不能。ミサイルも手抜き部品で制御不能。軍規も誘導もあったものではなし。日本の中には防衛費を増やそうという向きもあるようだが、此のポンコツぶりが披露されて仕舞えば、却って脅威は減ると言うものである。

 今日も晴れた。正しく清明の頃。昼はスーパーのかき揚げに蕎麦を茹でた。中日は好調だが、相手チームのコロナ感染により三連戦はお休み。一方、日ハムは大変なことに。常道を無視した采配だと、落合氏は批評していた。何事にも基本があります。家人は今回の大河ドラマに文句たらたら。言葉が軽いと。毎回中世物は見るのだが吾人も見ていません。晩は豚と白菜の炒め物と鯛の塩焼き。九時就寝。

 

 

4/8・金

 良く晴れた。沖縄では再拡大だと。都内の夜は静まり返っている印象だけど。多摩地区で高校の制服が作り切れなかったそう。都立高校が男女別定員を止めた関係で、需要予測が難しかったと業者は説明している。色んな所に影響が出るものだと思った。東電でんき予報によると昼前の太陽光発電は1500万キロ。また三月の売電量366キロ、九千円弱。太陽光と揚水発電で夏場は乗り切れそうだな。

 耳鳴りに変化なし。排尿痛は更に半分に。当初の八分の一ぐらい。なお踵に関しては生協で取り寄せたチェコ製のガラスやすりで削ると何とかなりつつある。昼はスーパーのメンチカツ他。午後出社。取り立てて言うこともない一日。なお麾下の中学生に聞いてみたところ、制服が届いたのは入学式の前夜だったと。需給が逼迫しているのは全国的な傾向らしい。

退社は九時過ぎ。Bに参るも満席の模様。流石の金曜だね。やむを得ず村田さんと本店に転進。此方もえらく混んでいた。其れでもコロナ前ほどではなし(以前はダークダックス状態になることもしばしばあった)。ただ従業員が足りないね。何処もてんてこ舞い。続いてバーIに顔を出す。なお店主さんは既に新居を購入したのだと。結構貯めていたらしい。案外堅実だと思った。急に混んで来たので早めに退散。二店で四千円。帰宅は十一時半。入浴後、カップうどんと白ワイン。今週はよく働いた。猫をこねくり回す。すると狸が。イベルメクチンを追加投与したかったが失敗した。夜行性に戻ったということは回復して来たのだろう。二時就寝。帰り掛けに和歌を詠んだ。「コロナ禍に瑞瑞しいかな若二人 但し女性の方は片耳マスク」。駒沢通りを歩いていた。

注・・カウンターに対して斜めに立つこと。

 

 

4/7・木

 生命保険の会社から明細書が来ていた。入院一時金が八万円、入院給付金が七千円×三日分、更に手術給付金と言うのが何故か二十日分も付いた。重病人である。植木屋さんからも請求書が来る。松の剪定に十万弱、トキワマンサク0.6万円、シマトネリコは1.8万円。ちょっと高かった。

 朝から晴れ。昼は食堂の弁当。午後はやや曇る。以後出社。小六算数と中二の国語。どうでもいいことを教えて回る。退社は九時過ぎ。Bで1700円。田岡さんの焼酎中が間違って付いていたが、最初に頼んだ「ちこ鯛刺身」が付いてなかったので20円の得。禍福は何とかの如し。十一時帰宅。以後買い置きのカップヌードルカレー味とブルボンのお菓子。後者が安くて案外旨い。併しブルボンと言う割には新潟の会社なんだね。東急に倣ったのかは知らないが、メトロも来春値上げ。東日本は電車特定区間のみ一律十円の値上げ。ちょっと慎ましい。西も私鉄に対抗して値下げしているところを止めるそう。

 

 

4/6・水

 曇ってはいるが既に暖かい。まずシロの点滴。1980円。こんな生活になってもう一年だね。取り敢えずは元気です。続いて周囲の点検。すると駐車場が陥没している。直径十センチ、深さ十五センチ。直ちに埋め戻す。此の下の砂利と土は何処へ行ったのでしょうか。地震と大雨の影響だろうか。

昼には晴れた。午睡の後、出社。残念ながら鳴りやまないので、まず耳鼻科に参る。考えて見れば職場の極めて近くに診療所があった。開院間もない関係で機械も新しい。直ちに聴力検査。すると左右ともに低音が聞きづらいと。メニエルの特徴に似ているというので、ゴーグルをはめて眩暈の検査。此方はシロ。うーん、結局のところ疲労やストレスによるものらしいと。思い当たる節は色色とあった。処方箋を手に折角なので天屋先生の薬局に行く。残念ながら当該薬はありませんと。結局門前薬局へ転進。すると見たこともないような量の薬が出た。此れは文字通りの飲み薬。一日三回×十日分で、30ミリリットル×30回。中身はほぼほぼ利尿剤らしい。こんな薬があるのだね。甘い味が付いている。水を飲み過ぎたな。初診料が高く、医は3050円。薬はジェネリックだそうで1750円。ああ、医療費が掛かる。

以後新年度の授業。小五の国語と中一の数学。愚にもつかないことを教えて回る。九時過ぎの退社。Bで三杯ほど。1400円。店員さんが焼酎の中を付け忘れた関係でちょっと安かった。十一時帰宅。

 

 

4/5・火

 未明まで降って漸く止んだ。以後久久に晴れる。お昼前に出社。講習最終日。授業の合間合間に新年度の時間割の検討。此の業界に於いて時間割は人事其の物。限られた資源と先生と生徒の相性をどう効率的に分配するか、毎年頭を悩ます。鉄道で言うと筋屋の仕事だね。何よりも大切なのは、まず、吾人が楽をすること・・・。スイマセン。夕方久久に富士そば。天ぷらそばは460円に値上がりす。但し紅生姜天はちょっと辛い。八時まで授業。以後Bへ。2140円。此方も最近値上がりしている。帰宅は十時半。8500系は来年一月まで走るそう。案外伸びた。埼玉の方まで乗りに行くかな。新幹線は来週には直ると。

 

 

4/4・月

 昨日からずっと雨。しかも大雨。左の耳鳴り続く。新幹線は仙台以北も動く。今日から文化放送も大改編。ワイド番組を変えられると慣れるまで苦労する。買い物は八百屋と肉屋に一便。寒いので晩は豚のしゃぶしゃぶなど。夜までたっぷり降った。十時就寝。すると地震。震度三。

 キーウ近郊の事件は、ブチャの虐殺と呼ばれるようになる。もうロシアは戻れないな。それにしても今回の件は冷戦後もアフガニスタンイラクチェチェンパレスチナ、シリア、ミャンマーウイグル、ホンコン、グアンタナモ・・・と、暴力のハードルが相当低くなって来たことが原因の一つでもある。悲しいです。

 

 

4/3・日

 また雨模様。幸いにして宿酔は無し。昨夜は焼酎を物凄く薄めて飲んだから。家人が碌な物を食べていないというのでスーパーへ参る。鮪づくし寿司を食べさせた(千円相当)。吾人はミニかつどんとうどんのセット(400円)。午後も降り続く。近所の酒屋へ一便。「越の寒中梅」の一升瓶(2600円)。晩はメバル真鯛の切り身と浅蜊ミニトマトアクアパッツァに挑戦。簡単調理。まあ西洋風の酒蒸しだね。可もなく不可もなく。オリーブオイルがやや過剰で、ニンニクが足りなかった。材料費は千円ちょっと。酒の肴には丁度いい。

ウクライナ軍はキーウ周辺の露軍を撃退。詰まり解放したと発表。被占領地域では民間人の御遺体も多数見つかったという。合掌。上海はオミクロンで閉鎖状態だと。

 

 

4/2・土

 今月からまた色色な物が値上がりするという。世界的な原料高を受けてのことだが、今まで我慢して来た部分も一気に転嫁する一種の便乗分も含まれるであろう。此れは一種の社会実験だね。此の値上げに消費者は堪えられるか。堪えられれば、経済はもう一度拡大するかもしれない。堪えられないと、みんな節約して家から出なくなる。幸いコロナ明けでみんなお金を使いたい時期ではあるけれど。

朝まで概ねぐっすり。トイレ休憩は一回。今週はよく働いた。安眠である。新幹線は福島まで直る。すると保険屋さんから連絡があり、今回の入院では結構支払われるという。自己負担分をかなり上回る見込み。有り難いね。入院前後の通院でも結構掛かっているからね。

さてさて須々木さんが呼び掛けた桜を見て歩く会。目黒の大鳥神社から中目黒まで目黒川を歩く。参加者は佑子さん、田岡さんと月波君。至る所に宴会禁止の張り紙。併し中目黒は物凄い人の出。主として若い人。こんなに大勢の人を久久に見たよ。当然Bの支店は外まで満杯。空いた店を探すも、串八珍や大樽は開店前。どうして。どの店も入れ食い状態なのにね。飲食業はニーズを取り込めていないと思った。

這う這うの体で41系統のバスで戻る。何とか坂を上るも、併しどの店もやっていない。揚水商人に暫し避難。四時になったので以前入った広島屋に移動。六時過ぎに村田さんが合流。実に三時間半いた。結局Bでもう一時間。須々木さんらと更に日高屋。吾人と月波君は更にバーIへ。すると店主の結婚式に誘われる。目出度いことだけど、御祝儀代が掛かるなあ。帰宅は十二時。実に居酒屋マラソン九時間であった。1.2万歩他。入浴後就寝。割り勘で飲んだ分が七千円。バーIで五千円。Bの従業員にたこ焼き差し入れ650円。バスは二回。消費爆発である。

 

 

4/1・金

 朝までよく降った。今日から新年度。本日不出社。日本国政府キエフはキーウに変更。ウクライナ読みなのだと。昼は料理おばさんのキーマカレー(600円)。風強く冷たい。桜も桃も散り始める。午後には晴れた。魚屋の五点盛りで明るい内から飲み始めた。締めは家人のサッポロ一番味噌ラーメン。但し期限切れの物。耳鼻科を探して行こうかとも思ったが、やっぱり止めた。丁度四年前の同じ時期にも同じような症状が出ている。季節病だと判断した。十時就寝。

 

 

 

2022年3月

3/31・木

 ワクチンプラス発熱以来、左耳が不調。何か塞がった感じがする。此れも副反応かな。不快。ろくなものでなかった。概ね晴れ。お昼に出社。小五、小六、中二の順。明日から新年度。通常テキストも発注す。八時退社。須々木さん佑子さんとで何時ものBから久久に日高屋へ移動。十時半退店。すると冷たい大雨。復路自転車運休。既にバスもない。色色と三軒目を探そうと思ったが、バーIは満席の模様。中華立ち飲みも混んでいた。かくなる上はタクシーで帰った。落ち着いた初老のドライバーさんがもてなしてくれた。1780円。今月は三回もタクシー帰宅。百鬼園先生みたいだと思った。入浴後、蕎麦の残り。こうして手術に始まり副反応に終わった三月が終わった。

注・・内田百閒。日本郵船嘱託。無給の務めだったけど、実に度度タクシーで通勤している。

 

 

3/30・水

 今日で退院から四週間。血尿は消えたが、排尿痛と下半身の疼痛は完全には収まらず。当初の半分の半分くらい。そんな朝から保険金の請求書作り。割と簡素な造り。添付する中央病院の領収書をよくよく見ると個室は二日の利用となっていた。ちょっと得をした。一方食べてもない食事代が請求されているような・・・。まあ、いいか。

さてさて続いて渋谷に参る。久久に須美伯母が来るというので昼餐をしたいと。本来なら仕出しでも取るのだが、生憎仕出し屋がない。其れにそもそも三つでは注文出来ない。勢い込んで「のれん街」に参るも開店は十一時だと。そんな馬鹿な。「フードショー」にスイッチ。なだ万の折詰と蔭山楼の中華総菜を無事購入。併し此の二つのフードモール、何が違うのだろう。出ている店も大体同じである。帰りはバスにした。西口に移動。閉店した東横店は上から切り取られたように無くなっていた。まるで豆腐のようにすっぱりと。其の後ろには数十階建てのスクエア何とかがすっきりと見える。最近空中庭園から人が落ちたそう。高い建物は危ないよ。急いで世田谷に帰った。昼酒、小剪定の後、午睡。夕方前、近所の「サミット」に。鰤の鎌焼きと天婦羅盛り合わせ。どちらも数百円。さっぱりしたくて蕎麦を茹でた。概ね晴れ時時曇る。

 何とか停戦交渉が纏まりそうな気配が出て来る。ウクライナの中立化、詰まりNATOへの非加盟化と引き換えに、露軍は引くよう。こんなところだろうな。それにしても、こんなことを決める為に多くの犠牲が。つくづく戦争とはどうにも仕様がない=政治の失敗。そもそもNATOに行って欲しくないのならば、ロシアは色色とお土産(=インフラ投資とか)を出せば良かったのである。一方、オミクロンには再加速の兆候。もうどうでもいいです。春ですよ。

 

 

3/29・火

 朝から曇って花冷え。植木屋さんが来て、先日の残りの作業。庭木の消毒と、家人の希望で目隠し用の木=常盤万作を植える。序でに家作の方にも一本。さっぱりとした常緑樹。但し名前不詳。あとは外灯の補修。何度やってもカバーが外れる。三脚脚立で上り、アルミテープで巻き付けて貰った。二時間ほどで終了す。

さてさて食堂の弁当を食べてお昼に出社。大した生徒がいる訳でもないし、殆ど金にもならないが、少し働こうと思った。何しろ此の所は働かないおじさん状態であった。働けないおじさんになって仕舞ってはちょっと困る。小五の国語から中二の英語まで。空いた時間は職場の整理整頓、教材選定、分別廃棄。すると何だか夕方には眠たくなる。普段なら、午睡して、そろそろ飲み始める時間でもあるなあ。八時過ぎの退社。其のままBへ。須々木さんと村田さん。働くおじさんたちである。所謂ブレインワーカーであるが(建築士と編集者)、朝から動いて、夜まで飲めるのが凄いね。他には高瀬さん(此の人は既に退職者)。1950円。当初混んでいたBだが九時を過ぎるとあっという間に人が居なくなる。帰宅は十時半過ぎ。入浴後、カップ麺。腕の痛みは概ね収まる。此の点に関してはP社と大差なし。

注・・ネットで検索すると「シマトネリコ」というらしい。島の戸練り粉。乾燥させた樹皮を溶いて戸口の潤滑剤として使ったのだと。万物には意味があるのだと感心した。

 

 

3/28・月

 大体晴れ。今日から春の講習。一応昼前に出社。と言っても生徒少なく、しかも外出等で欠席多し。ぼんやりと六時前まで勤務。Bで二杯ほど一人で飲んで御仕舞。1390円。碑文谷の「味の郷」で中華総菜。主として家人に食べさせた。帰り掛けにマスクを外したら、途端にくしゃみ。花粉症もピーク。夜はひんやりす。此の処、狸は一匹しか見ない。また新たな野良猫が現れる。十時就寝。

 

 

3/27・日

 未明には解熱。ほぼ二十四時間の発熱。実にインフルエンザ並みの苦しさだった。風邪に似た感染症のワクチンの副反応でほぼ一日インフルになるなど、コメディだと思った。吾人の3/26を返して欲しい。あの会場で受けていた数百人の人人、大丈夫なのかしらん。

 朝から冷凍焼きそばと(期限の来た)防災食の豚汁。前者は旨いが、後者は不味い。味覚は正常。概ね晴れ。リハビリがてらゴミ拾いを三周。公園の桜も満開。上を向いて歩きたいところだが、こうなるとゴミも増えるのだよね。昼はワタミ系ののり弁当(430円)。御飯は大盛りで旨い。若い人向き。色色と買い物をしたら何か疲れた。午睡す。中日は東京ドームで三連敗、と書きかけたところで逆転勝ち。新監督の初勝利となった。早めの入浴の後、スーパーの真鯛の切り身を酒蒸しにした。

 露軍はキエフへの進軍を諦め、東部への攻撃を強化しているそう。ウクライナは此のタイミングで引くべきであろう。停戦のチャンスである。東部二州の割譲はやむを得ない。

 

 

3/26・土

 日付が変わる頃からあちこちが痛む。腕と体の節節。発熱の兆候。朝方37.2度。やっぱり出た。此れじゃあ、みんな受けたがらないよな。もっといいワクチンは無いのでしょうか。三度目だよ。以後、倦怠感酷し。起き上がれず。昼は家人のお粥など。完全な病人である。欠陥ワクチンだな。受けて損した。午後は37.8度を記録。一日全損。そんな馬鹿な。そもそもワクチンにはメリットとデメリットがあるが、オミクロンに関しては逆転している印象。晩は家人の野菜の煮つけなど。アルコール少少。早く三回目を受けましょうなどという政府広報=在庫一掃セールなどを信じて損した。

西日本は春の嵐。関東も曇って、南風強し。時折ざあっと降った。小樽余市間もバス転換だと。そんな馬鹿な。ニッカウヰスキーの見学も出来なくなる。飲んだ後にバスではね。

 

 

3/25・金

 まあまあ晴れる。さてさて三度目のワクチン接種へ参る。接種日は近かったが、場所はちょっと離れた区民センターへ。通常は自転車の距離だけど、電車に乗った。少し早めに着くも、流れ作業でどんどん打ってくれた。М社のワクチン。量は半分だそう。世田谷通りまで戻って、「燈灯亭」であっさりラーメン。ついうっかり叉焼そば(980円)にしたけど、ビールがないと肉類を持て余す。再び世田谷線で帰った。巷間、PPМ(ファイザーファイザー・モデルナ)の順に打つと副反応が酷いと言われているが、どうなるのでしょうか。

午後は安静にす。午睡の後、新しい魚屋で買い出し。聞けば、少し先の居酒屋が出した店なのだそう。成程ね。近所の大学では卒業式。少しは飲めるかな。それにしても一人で歩いている学生さんもいる。ちょっと可哀想。続いて保険外交員の訪問。保険金の請求には、診療報酬明細書のコピーの提出等で済むそう。なお簡易保険の方は入院期間が短すぎて給付対象ではなかった。あくまでも簡易だからね。刺身盛で明るい内から飲み始めた。他に簡単鋤焼きなど。プロ野球が開幕。マスク掛けだけど満員に入れている。リバウンドがあるなあ。オミクロンは後期型に入れ替わっているそう。早めに納盃して百円の缶コーヒーを飲んだ。

 

 

3/24・木

常磐線が復旧。再び「ひたち」で仙台まで行くことに。野良の襲撃多し。断眠酷し。朝から快晴。午後自転車出社。実に四週間ぶりの自転車通勤。年度末最後なので調整後ごと多し。講習のスケジュールを手直しす。九時過ぎの退社。其のままBへ。愈愈一昨日から通常営業である。須々木さん、佑子さんとは二か月ぶりに会った。三杯飲んで1700円。会話も弾むとそんなに飲まない。帰宅は十一時半。やっぱり真夜中みたいな雰囲気。以後入浴。熟睡。

 ウクライナは長期戦になるかもしれないと。早く停戦しないと大変なことに。徹底抗戦はまともな政治の成すことではない。激戦の末に日本軍を追い出した国民党政府がどうなったのか。思い出して欲しい。

 

 

3/23・水

 昨夜は何とか節電が間に合い、停電等は回避。揚水発電所の水が残ったそう。やれやれである。朝は晴れるも雲が多い。こうなると太陽光発電が捗らない。今日も逼迫警報。朝は鍋の残りうどん。一応、三回目のワクチン予約を取る。М社しかないみたい。明後日の予定。

 試運転がてら昼の弁当を探しに行く。結局ピーコックの中華弁当。続いてグレの予防注射。疥癬狸用の薬も処方して貰う。液状。でっかいビーカーから出してアンプルに移し替える。すると此れがイベルメクチンだと。一発1100円で二匹分購入。餌にかけて食べさせよと。大抵一回で効くそうである。流石ノーベル賞薬だね。でもコロナにはどうなったんだっけ。夕方前、早速来た。早速投与。でも此れは双子のどっち? 

さてさていいことをした後は腹が減る。三丁目の肉屋で串カツを購入。直ちに飲み始めた。六時になるとウクライナの大統領が出て来て国会演説。但し本会議場ではなかった。変な部屋での中継。何だかなあ。何と最後には昭子さんが出て来る。あんた、まだいたんだ。要約するとウクライナでゴルフをしたいそう。なんせ平たい国だから面白いコースはないと思うけどね。十時就寝。夜半から小雨。肥薩線の見積もりが出て来る。200億円余。半分は橋の復旧費。河川改修の予算から出せないものかね。只見線も直るというのに。

注・・昼には解除された。 注・・第四波の時、イベルメクチンが効くとされた。

 

 

3/22・火

 新幹線は郡山までは動く。全線開通はひと月掛かるらしい。災難続きだね。未明から冷たい雨。猫と排尿で何回か起こされたけど、朝までよく寝られた。買い物は一便。昼は食堂の弁当。こういう時こそ買いに行かないとね。鰆の西京焼き他。600円×2。公共放送では電力需給逼迫警報との画面表示がずっと出ている。併し逼迫が「ひっ迫」なので逼迫感は今一つ。午後は白いものも落ちて来る。すると愈愈電気が足りないらしい。最後の綱は揚水発電だと。

エアコンの設定は二十度。ガスファンヒーターを併用。下のテレビも消したかったが、家人にはそれだけは止めてくれと懇願された(録画した中韓の歴史ドラマを見たいそう)。もう此れ以上節電出来ません。夕方には止んだ。薄暗い室内で、カセットガスを燃やして鶏野菜みそ鍋。大体やね、拙宅の6から15ワット程度のLED電灯を幾らか消したところで、大した効果は無し(50ワット程度)。電気ストーブやオイルヒーターを茫茫と使っている人に対しての節電要請をして欲しいと思った。暖房は新型のエアコンを使って下さいと。入浴の後、十時就寝。

 ウクライナと言う国は元元ばらばらだったのだが、2014年にクリミアを取られて以来、ナショナリズムが高まった。西側からの援蒋ルートもあり、ウクライナ軍は著しく強化されていたのだと。また今回の侵攻を受けて、肝心の東部の二州もロシアから離反の動きがあるという。マリウポイの惨状を見たからね。

 

 

3/21・月

 曇り勝ち。今年の春分の日はちょっと早めで本日となる。という訳で小平霊園まで。行きは素直に西武線経由。早速周りを清掃し簡単にお参りす。腎臓の件も報告をしておいた。亡父さん、頼みますよと。併しまだ十時半である。店が開いていない。適当な西武バスで武蔵小金井に出た。色色と見回ったけど該当店もあるようでない。其のまま中央線に。混んだ吉祥寺をスルーすると、次は下北沢かな。但し今日は休日なので其処から先のバスがない。残念ながらちょっと疼痛が。自信がないので下高井戸にスイッチ。幸い此処には坂本という優れた大衆食堂がある筈。迷わず飛び込むと、「お酒の提供はしません」と。そんな馬鹿な。どうりで店内は閑古鳥。お年寄りが座椅子で寝ています。今更引き返すことも出来ず、もやしそばを食べて出た。700円。あれやこれやと考えた打つ手と打つ手が全損した感じ。足取り重く、世田谷線では座らせて貰いました。帰宅は一時半。1.2万歩。

午後は晴れた。それにしても何処の駅も電車も人で溢れていた。此れでどうして減便や値上げが必要なのでしょうか。東急ストアーの刺身と総菜プラス千代田寿司で明るい内から飲み始めた。するとまた双子の狸。憐れなので裏の公園に猫餌をばら撒いた。本当はイベルメクチンが効くそうなのだけど。追い出すばかりでは政策型思考とは言えない。今度獣医に相談するかなあ。先日の地震で幾つかの火力が停止。明日は冷えるというので東電は節電を緊急要請。今回に限らず、電熱系の暖房器具と白熱灯と蛍光管を規制しましょうよ。九時就寝。

注・・そんな蔓延等防止措置は本日で完全解除。

 

 

3/20・日

 朝には晴れる。まずゴミ拾い。すると三周目で全壊したゴミ袋を発見。烏により一袋が二百片に分裂す。四周して片付けたよ。酷いものである。昼前になったので、目黒の「朝日屋」に参る。開店と同時に入った。小瓶一、小天婦羅、燗酒といったところで急に混んでくる。店内は四卓しかない。カツ丼セットを掻き込んで出た。2150円。酒飲みが占有してはいけません。本当は落ち着いた昼下がりの方がいいのだけどね。何しろ家に居ると、早晩酌、早寝、すると早起きに。腹も減ります。出来れば朝の十時から開けて貰いたい。一丁目の和菓子屋で牡丹餅。家人にはコンビニ弁当。一万歩は行ったかと。尿道の疼痛収まらず。急いで食べたら胃もたれす。

するとまたまた狸が。何時の間にか猫小屋に入られていた。直ちに当該小屋は閉鎖。寝具類は廃棄。地上にあったから入られたよう。残りは高所の小屋だから大丈夫だろう。更に一匹いた。どうも兄弟で行動しているよう。子狸だな。全裸状態で可哀そうなのだけど追い払うより手がない。それにしても真昼に入られるとはね。油断も隙もない。枝垂れ桃が開花。桜もそろそろ。以後曇って肌寒い。其の後も再三再四寄ってくる。竹帚で突いて追い出すしかなかった。晩は残り物で軽く。萎びた白菜とベーコンのコンソメスープや冷凍パスタなど。
 さてさて九時から芥田先生を交えて、第二回のオンラインゼミナール。今回は若手研究者の木俣氏も加わって貰った。なお先生は最近再入院したそう。声がちょっと変だったが、喋っているうちに聴き易くなった。吾人も近況報告。腎臓は二つあるから大丈夫だと激励される。嘗ての学生も老いを迎えて仕舞いました。本ゼミは十一時前で終了。以後、月波君、坪上君、鷺乃間君と暫し雑談。十二時終了。ワイハイは新しくしたので前回より通信状態は良くなったが、時時カクカクした。直ぐに就寝。

注・・興味深かった点として、最近の大学生は高校生化しているという指摘が。詰まり一限が苦でなくなり、あべこべに五限を避けるようになったと。可笑しな世の中になりましたよ。吾人らの時代では二限でもちょっと苦しかったものです。大体早起きしたくないから大学生になったのでしょう。此れもコロナが明ければ変わるかな。

 

 

3/19・土

 朝には晴れた。前回から二年経ったので松の剪定。朝から二人体制。高所作業なので吾人の出番は無し。なお植木屋さんは糖尿らしい。牡丹餅でも買って出そうかと思ったけどやっぱり止めた。毒だからね。極めてぼうぼうなので、午後まで掛かる。簡単なものでお茶出しす。結局四時までの一日仕事となった。松の経費は別格だね。昼は料理おばさんの麻婆丼(600円)。夕方から小雨。すると雷まで鳴って大雨となる。晩は新魚屋の五点盛り。他に牛と豚を一枚ずつ焼いて食べた。締めはチャーハンを自作。少し動くとちょっと赤いような。

 マリウポイは大変なことになる。シリア内戦の再来となる。あの時、国際社会がもっとロシアを止めていれば・・・。今までに、幾つかのチャンスはあったのだろう。残念です。ロシアの兵隊は、其れが原発の施設かどうかも分からないまま砲撃を加えて来たと共同通信が伝えている。農奴階級のままの無知蒙昧ぶり。あの国は19世紀の帝政時代そのままである。

 

 

3/18・金

 ロシア軍は将官クラスも含めて既に数千人が死亡したと。此の命の軽さ。此れもロシアだよな。悲しいことです。朝方は資源ゴミの整理。カップ麺を食べると何だか具合が急に悪くなる。前夜の酒が抜けていなかったよう。昼過ぎまで寝たり起きたり。昨夜から時時小雨。以後本降り。二日続けて目黒経由で出社。講習の予定を立てた。今年の生徒も一段と少ない。どうなるのでしょう、大貧学院は。八時前に中座してBで二杯。1390円。職場に戻り、ホームページの更新作業。何か月もやっていなかった。九時退社。11系統と32系統の合わせ技で帰宅。今日はバスに三回乗ったから、実は一日券の方が安かった。入浴後、コンビニのミニ冷やし中華など。

 一昨日の地震は二度あったそう。新幹線は一度目の揺れで非常ブレーキが掛かり、止まりかけたところで二度目の地震で脱線したのだと。行き成り二度目の方が来なくて佳かった。新幹線も減速した方がいいね。遅くなった分は安くすればいい。あるいはビュッフェか何かでお酒を飲ませ、お客の時間感覚を麻痺させるというのも一つの方策である。南相馬等では断水。広い意味での3.11の余震なのだそう。災害列島です。

 

 

3/17・木

 猫による断眠酷し。彼らも起こされたよう。昨夜は最終のやまびこが脱線。新幹線の脱線は中越地震以来二度目となる。施設の損壊も多い。那須以北は当分運休。在来線は動いたというからまた新幹線リレー号である。震源は福島沖、深さ60キロ、マグニチュードは7.4だと。昨年十月の地震より酷い。

大体晴れる。午後出社。やっぱりバスにした。空いていたので其のまま目黒まで。久久に電車に乗る。九時過ぎまで勤務。何となく無社長と職場飲み。ロング缶三本。十一時過ぎまで。ついついバーIを覗く。偶偶ОGのОさんもいた。更に一時間と少し。すると何と店主は今度結婚するのだと。確か二度目。還暦前にして。お目出度いね。五千円置いて帰る。当然タクシー。1780円。一時前に帰着。

 

 

3/16・水

 九州では座席の一部を撤去した車両が走っているらしい(813系改)。すっかり座れなくなったと西日本新聞が伝えている。少ない車両に詰め込む方針。せめてロングシートを付けるだろうに。幾ら経営が良くないとは言え、本末転倒もいい所だよな。全国的に耳を疑うような事態が進行している。残念です。

 朝は曇り。久久に総菜パンが食べたくなり、三宿の世田パンまで。ちょっと買って1100円。収入が増えないと、みんな主食用パンしか買わなくなるな。政府は年金受給者に一律五千円配ると言うが。少し出ただけでくしゃみ酷し。小麦も蕎麦も値上がりだって。今年は国内の作付けを増やして欲しい。小中高男子の将来成りたいものは、会社員だと。そんな馬鹿な。

さてさて退院から丁度二週間。一応今日まで自宅療養期間とした。なお三日間入院したので、幾らかの保険金が出る筈なのだが、面倒臭くてやる気ゼロ。誰か代わってくれないかな。保険代理店は? 一月の電気使用量517キロ。1.5万円余。となると自給率は五割程度。寒かったよな。続いて空室だった西側の支払い。此方は16キロで1700円。大半が基本料金。他はゴミの分別。北東の物件の引っ越しゴミ。皿やワイハイや充電器が混在。うちの物じゃないのだけどなあ。早めの入浴の後、最近出来た魚屋の刺身盛りで飲み始めた。鮮魚店の開業は珍しい。五点盛り千円。薄造りの上品な感じ。若い人がやっていたが、出身は料理屋かもしれない。今夜も野良猫と疥癬狸が出る。すると首相も出て来た。ガソリン税を下げる下げないが問題となる。もうね、そもそもガソリンカーはやめましょうよ。此れを機に。一時的な補助金や減税より恒久的なエコカーに。せめてハイブリッド車に。どかっと買い替えを援助してもいいから。大型車も替えましょう。

ぼんやり寝ていると大地震が。東北で六強。都内は四。二度目の方が揺れた。P波とS波が離れていたのかね。変な地震。直ちに緊急点検。ガスの停止は202のみ。どうも此処だけ弱い。

 

 

3/15・火

 朝方は曇る。蔦の剪定を少し。さてさてちょっとした物を打ちたいのだが、生憎拙宅には真面な金槌が無かった(みんな頭が取れて壊れて仕舞った)。中里の店に買いに行く。一番軽装の物を勧められる。638円。ネイルハンマーと言うらしい。早速外れて残った画鋲の茎の部分を打って埋め込んだ。それにしても日日の生活を円滑かつ快適に保守管理運営するにはどれだけの品物が必要なのだろうかと思った。工具道具類で200、食器や調理器具200、家具家電100、衣類100、各種消耗品100、食品嗜好品を加えたら恐らく数千アイテムに上ると思った。避難するということは其の全てを(一時的にしろ)失うことになる。徐徐に晴れる。すると猫は日陰に避難。昼は食堂の弁当。今日はホッケと豚のからし焼き。夕方前、お隣の車庫証明に署名捺印。返礼品として虎屋の羊羹と明治屋の果物受け取る。晩は厚揚げ麻婆など。あの苦悶の大手術から二週間が経った。本日の血尿無し。併し排尿痛はまだある。

 今回の件で一番困っているのはドイツだと。何しろ沢山エネルギーを買っているからね。気前よく買っていたのは戦後賠償の意味もあったのだろうけど。それにしてもプは何処で間違えたのだろうか。ウクライナの民が歓迎するとでも思っていたらしい。そんな馬鹿な。此処に来て、都合のいい情報しか上げなかったとかで諜報機関の幹部を更迭したというニュースが流れて来た。「スターリンは、目前に迫ったドイツの侵攻から眼をそむけ」「不愉快な事実を突きつけられたにもかかわらず、起こってほしくないことは起こらないとする倒錯した信仰のとりことなった」(『独ソ戦』)。それにしても、攻められるのに対して攻めるのではより一層慎重な判断が求められる筈なのだが。

 

 

3/14・月

未明は南風。朝方に通り雨。以後晴れる。お向かいの物件に来ていた内装屋と収集車が駐車位置を巡って口論となる。何故か前者が後者に対して難癖を付けていた。ドウシテ。すると警察官が。後者が110番通報したみたい。初夏のような気持ちのいい朝なのに。全く不要なトラブルです。続いて北西方向のマンションを取り壊すそうで、境界確認の立ち合い。図面通りに建っていたので何の問題もなく終了。築五十年かな。幼少期からある建物がまた一つなくなります。

さてさて自転車も運転再開。まずシロの点滴と予防注射。獣医殿にも退院の報告。男の尿道カテーテルはそんなに痛いのかと同情される。まあ男女で一番構造が違う部分だよな。8580円。昼は蕎麦を茹でた。午後は夏日近くとなる。するとやっぱり微妙に色が。自転車は駄目かな。眼が痒いので早めのシャワー入浴。晩はスーパーの天然鯛を塩焼きにした。陽が暮れるとそれなりに寒い。まだ地面が冷たいのだろう。

 ウクライナ側は抵抗を諦めず。最早、大祖国戦争の様相。一方キエフは包囲された模様。また南部の都市マリウポイは住民ごと破壊されたとも。組織的な都市攻撃は独ソ戦の悲劇である。ナチの蛮行を何で繰り返すのか。またロシア上空が飛行出来ないことから、ノルウェーの生サーモンも欠品。近海物を食べましょう。そういえば特殊な造影剤もヨーロッパから取り寄せていると言っていた。此れは代替出来ないな。

注・・どうもゴミ袋が車に当たったとかで内装屋が一方的に怒っていた模様。可燃ゴミの日だよ。傷など付く訳ないのになあ。異常な人格である。

 

 

3/13・日

未明の猫の喧嘩多し。但し相手は現認出来ず。やや曇るも暖かい。ゴミ拾いは三周。朝は期限切れの袋入りラーメン。粉使用は三分の一。さてさて月波君と客乃間君を呼び出して、吾人の退院祝いとしての昼餐会。以前入った「華星」に陣取る。客乃間君とは二年ぶり。ずっと在宅勤務なのだそう。其れはそれでちょっと辛いね。二時間ほど集中飲食。最後にパイチューを少しだけ。三人分で1.7万円。何かちょっと高かった。其の後周囲を散策して本日終了。家人には千代田寿司、吾人はコンビニ弁当で続けて夕飯。歩いたからかな、朝夕に若干の色付き。なお、此の国のロシア通は伝統的にロシアに甘いと客乃間君。2014年のクリミア併合の段階からもっと経済制裁を掛けておくべきだった。宥和策は拙かった。臥薪消灯は続く。

 

 

3/12・土

 ロシア政府は、出て行った外国企業は国有化すると脅して来る。併し自ら運用する能力があるとも思えず。そもそもがないから、外国資本が入ったのでしょうが。また今回の件で一番驚いているのは中国かも知れない。第一に台湾は遠いし、国際社会が返り血を顧みずにメードインチャイナを拒否すれば、中国経済は数日で崩壊する。それにしても台湾も日本も島でよかった。大国に陸で接するという恐怖は、なかなか島国の住民には分からない。増して、島から大陸へ逆侵攻するなど、正気の沙汰ではなかった。本当に申し訳ない。

 やっぱり未明には戻る。朝から晴れて春本番。昼は地元の大型回転寿司へ。ビール一、日本酒二、寿司九皿。3960円。続いて東急ストアーへ。家人用の弁当を調達。何時も買う厚揚げは恐らく一割程度値上がりしていた。こんなこと(=スタグフレーション)で怯んではいけない。消費を爆発せねばならない。二枚購入する。夕方散髪。シャワー入浴。残り物等で晩酌。夜も暖房なし。本日の血尿無し。やや疼痛。梅はもう散り始める。飲酒後、細細とした整理片づけ。電池とか食べ物とか。期限切れの食品が次次と出て来る。なお空いた駐車場には隣りのおうちが入ることに。赤ちゃんがいるとクルマが必要なよう。近隣値引きせねばならないね。

 

 

3/11・金

 未明には元の色に戻る。あの日と同じ金曜日。同じような晴れ。政府主催の追悼式はもうやらないのだそう。少し暖かい。午後出社。今日までバスにした。すると動いたからかな、やっぱり色が着く。講習テキストを発注。そろそろ新年度の準備もせねばならない。職務に精励す。八時過ぎに中座してちょっとだけBへ。村田さんがいたので近況報告。一杯だけさっと飲んで戻る。九時過ぎの正式退社。タコ焼きを買って、タクシーで帰った(1540円)。当たり前だが、タクシーは自転車よりも速い。十二時前就寝。

都内の感染は一万人前後。少しは減って来た感じ。マンボウもあと少しで解除の見込みだと。吾人の所にも三回目の接種券が来ている。最近は六か月後で打てるそう。検索するとМ社のワクチンはふんだんに余りが出ている。でももう此れ以上、体に穴は開けたくないね。ところで今朝の新聞に十三歳の数学少年のことが出ていた。五歳で二次方程式が解けたと。凄い才能があるね。現在大学教員の指導を受けていると。但し小四から自宅学習、昨秋からインターナショナルスクールをオンライン履修なのだそう。当然大学は海外へ。孟母三遷。こういう子は日本の学校では決して伸ばせないのが悲しいです。

 

 

3/10・木

 昨夜までに血尿は止まった。排尿痛は半分くらいに。痛みを数値化するのは難しいけど、日薬が効いて来たな。朝は晴れ。以後少し曇る。午後出社。今日も06系統プラス徒歩。二週ぶりに授業す。立尿三回。ちょっと赤いような気がした。九時過ぎの退社。併し次の11系統は三十分後。開いている店も無し。漫然とバス停で過ごす。つくづく吾人は不幸だと思った。何故なら何処にも飲みにも行けないから。終バスの一本前は大体の席が埋まるなど案外乗っていた。みんな通勤客。みんな不幸だな。環七で32系統に乗り換え。乗って帰ると丁度三十分。其れでも自転車より三十分遅く着いた。直ぐに入浴。ウクライナでは何百万人も避難し、恐らく風呂にも入れない。吾人はまだ幸福だと思った。以後鰻丼など。やっぱり赤い。ロゼと言うより暁色。一時前就寝。

 キハ283は183や281より早く引退。車体剛性が不足していたらしい。つくづく歳の順とは限らないと思った。お隣の国の新大統領が決まる。元検事総長だと。此れはアメリカの副大統領にも言えることだけど、風紀委員長が生徒会長をやっても大丈夫なのかね。スイマセン、職業差別です。ましてスパイなぞ。

 

 

3/9・水

 朝から晴れた。ステントの違和感が取れたのか、左側もすっきりす。排尿痛も血尿も少しずつは収まっている。いい傾向である。二月の売電量、西側が199キロ、東は118キロ。7600円。昼はスーパーのとんかつ弁当(540円)。晩は同鮪の鎌焼きなど。

 民間地域への攻撃が続く。ワザとなのか、そもそもの兵士の練度と武器の精度が低い為なのかは今一つはっきりせず。外国資本も相次いでロシアから撤退。マクドナルドも閉めるのだそう。消費生活は三十年前に戻ることに。行列して固いパンでも食べればいいさ。一方、プは退くくらいなら世界を破滅させるかもしれないと。原発も抑えられている。そんな噂も最早否定出来ない状況になって来ている。なお世界の危機だというのに、此の国の首相は依然として言語明瞭意志不明。

注・・単なる爆弾を使っていると米側は見ているよう。もう精密誘導弾がなくなったのだそう。元元は冷蔵庫も・・・。

 

 

3/8・火

 朝から時雨模様。さてさて術後一週間経ったので、再び中央病院へ。採血採尿の後、主治医の診察。血尿疼痛等はどうにもならないらしい。座薬を処方しますかとも言われたが、お断り申し上げた。此処は我慢である。クレアチニンの値はやや低下。悪い傾向ではないが、誤差の範囲内かも知れないと。なお正式な腎機能検査は来月半ばに行うと。海外製の特殊な造影剤を使うらしい。其の結果次第で今後の治療方針を決めるので、尿管ステントは暫くそのまま。何とも宙ぶらりんである。ちなみに石の成分は尿酸とは関係ないのだとも。そもそも原因物質のシュウ酸ってなんですか。何にも思い当たる食品類はありません。水分が足りなかったのかな。なお結石で腎機能を失うのはかなりのレアケースだと言われた。吾人は本当に不幸である。取り敢えず、今月は此処まで。やるべきことはやった。あとは左腎の回復力に賭けるのみである。本日の自己負担分760円支払う。構内で即売していたパンを購入。行って帰って二時間であった。

 小雨も止んだ。昼は地元の回転寿司へ。日本酒二、皿は三。1605円。家人にはてんやの天丼。買い物は八百屋に一便。以後漫然とす。晩は貰い物の生ハムと一昨日の鰆を焼く。前者が余ったので吾人がパスタに仕立てた。ワイン半本。九時半就寝。

 ロシアでは衛星放送やインターネットも順次遮断。また避難民の退避ルート=人道回廊は、ロシア側にしか通じていないのだと。そんな馬鹿な。一方、ウクライナ政府の亡命計画も進んでいるとも。捲土重来も一つの手である。兎に角、此れ以上民間人が犠牲になり、都市が壊されるのを見たくない(そもそも軍人さんだって元は一市民である)。どの道、此処まで手を血に染めたプ政権は長くないのである。

 

 

3/7・月

 冬型の晴れ。午後臨時で出社。自転車は自信がないので、06系統プラスゆっくり徒歩。無社長に病状を報告し二時間ほど事務処理を行う。職場のトイレで初めての立尿。色は少し収まったが、排尿痛は其のまま。而も相当滴下す。座ってやらないと駄目だな。早速床磨き。四時には退社。帰りは11系統。碑文谷で降りて、北浜と味の郷で晩菜を購入。また歩いて帰る。往復で八千歩弱。九時就寝。以後ニ三時間おきに排尿、そして同量の水分を摂取。

 

 

3/6・日

 プ氏の頭の中には、ソ連は勿論ロシア帝国の復活があるのだそう。日本のどんな右派でも其処まで考えないよ。そんな狂人を大統領として持て囃し、増長させて仕舞った。ロシア国民は勿論、国際社会にも責任はあるなあ。

未明に寝汗。特段熱っぽさは感じなかったが、何処か炎症があるのだろうか。朝から晴れ。やや寒の戻り。抗生剤は昨日で終了。ゴミ拾いは二周。昼前に目黒寄りの「更科」へ。ノンアルの小瓶と鶏南蛮と蕎麦豆腐(1890円)。家人にはスーパーの弁当。排尿痛もロゼ尿も依然変化なし。退院後の栞によると一二週間続きますとも。あらま。午後は少し曇ったが、また晴れた。夕方前買い物へ。母方の久弥おじいさんの命日。遺影に酒を供える。丁度三十年前。大学入試であたふたしていた時期であった。晩は魚孝の刺身と適当鍋。吾人四十云回目の誕生日でもある。すると六時の番組には筑波大の先生が出て来た。大体此の人の言った通りに事態は進行していると思った。ただ語り口が軽すぎる。人の生死に関わることですよ。もう少し何とかして欲しい。夜は冷えた。

 

 

3/5・土

 昨晩から軟便止まらず。どうしても抗生剤をのむと硬くなるか柔らかくなる。今日も晴れ。どうにも頻繁に尿意を覚えるのは、尿道の付近の疼痛を尿意と錯覚しているよう。少し膀胱を満たそうと、環七のファミレスまで徒歩で行き、ノンアルビールを一缶。何とか行って帰れた。徐徐に航続距離を伸ばさなくては。そう言えば、其の昔、「ザ・ガマン」という酷い番組があったことを思い出した。

午後は南風強し。春一番のよう。花粉も飛ぶ。只管自宅療養す。晩は買い置きの豚肉を一枚いちまい焼いて食べた。中瓶一、日本酒と白ワイン少少で顔が真っ赤に。まだまだ本調子には程遠い。尿は依然としてロゼ色。へこむなあ。何だか寒む気がするので九時就寝。

注・・そもそもアルコール類が売ってなかった。

 

 

3/4・金

 やや曇る。色は変わらず。ピリッとした痛みも変わらず。なかなか元に戻らない。便通は回復した。午前中は隣地に無断侵入して猫糞の片づけ。マンションの裏手に丁度いい砂利場がある。猫の越境行為は止められない。昼晩の買い出しに信濃屋へ。自転車はやめて歩いて行ったが、却って内臓に響く感じ。まだまだ術後である。晩は初鰹の刺身と鶏を焼く。

 停戦合意は局地的なものに留まる。民間人退避の為だと。徹底的になるな。併し仮にウクライナを併合したとしても復興には巨額の費用が掛かるし、経済制裁でロシア経済は今後相当痛む。そもそも失われた人命は決して戻らない。戦争は何ももたらさらない。

 

 

3/3・木

 さてさて弥生三月、吾人の誕生月である。気分良くいきたいね。朝方は抗生剤を一錠。入院中の血圧は概ね130の85であった。プロが測ったのだから間違いない。肩や腰が痛い。動かせなかった逆筋肉痛だな。左の腰には張り。此れはステントのよう。通常二週間程度で取り出すらしい。また痛いのかな。

まずは方方の片づけから。続いて祐天寺の本屋で『JR時刻表』。何にも明るい内容がない。どんどんみどりの窓口がなくなる。駅員はいるのだろうけど寂しい限りである。また渋谷から二子に至るバスも駒沢大学で系統分断。あの246の何処で折り返すのだろう。近所の06系統も随分減った。昼は食堂の弁当。鮭と豚の生姜焼き(600×2)。入居さんだからと言う点もあるが、手作りだし、素直に旨い。食欲も回復中。するとやや濃い色が。午後は安静にす。本来ならば本日退院日だもの。晩は家人の用意したもので軽く飲んだ。夜首相が出て来て、省エネを推奨しろと。此れから春だけどね。だから普段から昼間の電気くらい太陽で作らないと。九時就寝。

 ロシア兵は、訳も分からないまま前線に投入されているらしい。あの国の軍隊は何時も同じである。併し意地でもキエフに迫るよう。おびただしい犠牲者が。狂っているな。東京他多くの都道府県でマンボウは再延長。心身ともに堪える。

 

 

3/2・水

 朝は常食が出たが、そもそも食べられる状況に無い。何しろ下半身丸出しで、血まみれカテーテルですよ。こんな状況でごはんですよと言われてもね。全量残し。続いて主治医の回診。出血も少ないので一日早く退院の運びとなる。来週に通院し、更に其の一二か月後に腎臓の検査だと。回復していればいいが、そうでない場合は・・・。考えたくないね。そして、各種管の取り外し。尿道は悉く痛かった。暫く血尿と痛みは続くとのこと。一旦個室に戻り休憩す。其の後、外来患者に交じって採血とレントゲン撮影。万事、此れで御仕舞である。退院後は、取り立てて禁忌事項もないのだと。アルコールも可だそう。あれだけ吾人を拘束しておいて、病院とは無責任だと思った。

 軽い挨拶の後、下の会計に参る。約15万円。半分は個室代だったが、まともに使ったのは前半だけ。勿体なかったな。こうして月曜に家を出て、帰ってくるまで凡そ48時間。主なイベントと痛みは後半に集中したのであった。ふわふわした感じで徒歩で帰宅。梅は満開。シャワー入浴。家人のお粥で絶食解除。流石に食欲は無し。腰に違和感があるのはステントのよう。内視鏡が這いずり回った跡がピリピリと痛む。尿道の先も沁みるね。声もガラガラ。こうして吾人初の入院と手術は大変な犠牲を出して終了した。

 午後は自宅で療養。飲めよ増やせよと言われたが、飲んだからには出さねばならぬ。ホースを少し持ち上げると痛みが和らいだ。以後頻尿。快気祝いとはならないが、少し気分を変えようと、明るい内から缶ビールを開けた。御猪口に入れて少しずつ。つまみは冷凍食品。続いて白ワインを少し。案外葡萄酒は石を作らないらしい。それにしても、好きな時に好きな物を食べられて、好きな時にトイレに行ける。此れ以上の幸せはないな。但しロゼ色の尿で現実に引き戻される。夜は野良と狸。一雨あり。

 ウクライナでは惨劇が続く。尿管結石どころの話で無し。痛ましい。一方オミクロンは、一進一退、いや二増三減くらい。全国でお亡くなりになった人は二万四千だと。春になって来たけど、此れだけマスクをしていても移るのだから、気候要因には期待出来ないな。

 

 

3/1・火

 朝から絶食だと。かといって午前中はすることも無し。麻酔科の医師や手術担当看護師の顔合わせ等。続いて点滴孔をあける。太い針が刺さる。痛いね。其のまま待機。予定していた外来が終わったそうなので主治医が迎えに来る。十二時半、下の手術室に徒歩移動。早速寝かされ、色色と管を繋がれる。其のまま失神。気が付いたら二時間経っていた。ベッドのまま、ナースセンター脇の観察室に。尿道にはカテーテル、腕には点滴、口には酸素マスク、胸には心電図等。身動き一つ出来ず。下半身の痛みは次第に小さくなったが、手足をばたつかせる以上のことが出来ないのが辛い。

時折、看護師による検温と血圧測定。寝ても覚めても一時間ちょっとしか経っていない。悶絶の苦しみ。インフルエンザでの高熱か、最悪クラスの宿酔に匹敵する苦悩は翌朝まで続いた。生きていくことは辛いことである。おじさん、おばさんになれば、青年期の煩悶等からは解放されて楽には成るが、此の手の物理的な苦しみが襲って来るのである。隣りのベッドにはちょっと若い人が居たようだが、朝には居なくなっていた。

注・・術中術後に便意を催さないために浣腸までされた。悲しいことです。

 

2022年2月

2/28・月

 愈愈入院の日。朝の十時に中央病院へ向かう。取り敢えず個室に入る。B個室、一日25000円(税別)。取り立ててどうと言うことなし。続いてPCR検査を受ける。鼻から入れる本格的なもの。結果が出るまで、部屋から出ないで欲しいと。其のまま部屋食。御飯とシチュー。他に何もすることは無し。夕方結果が出る。禁足令は解除。かといって、下の売店でT字帯を買うのみ。其のまま部屋で漫然とす。他は足の付け根から採血したのみ。

鰤の照り焼き等の晩食の後、寝られないけど就寝す。ちなみに此の病院は性格上、病棟の半分はそもそも使われていないよう。大部屋も半分程度の埋まり具合。まばらに高齢者がいる程度。あくまでも最後の砦なのであろう。看護師さんも学校を出たてでみんな若い。中高年の苦しみが分かりようもない年齢であるなあ。

注・・陽性だった場合はコロナ病棟に転送され、手術は延期になると言われた。またコロナ禍ゆえ、手術中の付き添いも不要と言われた。仮に出て来てくれと言っても、86の家人しかいないのが悲しいです。

 

 

2/27・日

 今日も晴れ。少し歩いた先の公園脇の自販機は大変なことに。周囲を整理し、ゴミ袋を入れ替える(どの回収箱の底にも予備の袋が入っているらしい)。団地には大勢住んでいる筈なのだが、こういうことをする人は誰もいない。三周した直後は134の92。少し経つと125の87。昼は家人の焼きそば。南風が入り、大変暖かい。漸く立春だね。梅も一気に。花粉も来た感じ。

食べたいものも思い浮かばず。あり合わせの物と人で(入院前)最後の晩餐。中瓶一、日本酒一合。飲酒後入浴。下をよく洗った。それにしても三十年前の丁度今頃は大学受験で明日をも知れない日日であった。あれから三十年、別の意味で同じような状況になった。更に三十年後は・・・。

 ウクライナ軍は徹底抗戦だと。西側の新型武器も入っている。あのドイツもミサイルを供与すると。プ氏が狙った対ウ一撃論は早くも破綻した模様。犠牲が多くなるな。ウクライナ側は民間人だけで既に200人だと。

 

 

2/26・土

 ロシアとウクライナは交渉に入るよう。和平と言うより、城下の盟。双方、どれくらいの方がお亡くなりになったのか。本当に酷いことである。国による抗体サンプル検査によると、昨年十二月の段階で自然感染率は都内で3パーセント弱だったと。其の後にオミクロンが来たから、現在では其の数倍、15パーセントくらいにはなっているな。となるとざっと200万人、都民の七人にひとりと言う推定結果になる。此れは公式確認者の約二倍。其れでも集団免疫と言う水準ではないな。まだまだ罹る。(大して効かない)ワクチンも打たなくてはね。ちなみに大貧学院生徒の陽性経験率は既に二割近くとなっている。

 朝から晴れ。ゴミ拾いと考え事の後は125と87。続いてシロの点滴。獣医殿にも激励される。百円均一の店で下に伸びるハンガーを購入。腰の伸びない家人には必需品。昨日くらいからぼつぼつと入院時の持ち物を集める。目薬と鼻薬、各種衣類。本は何を持って行こうか。大量の同意書類を除けば、基本的には旅行時のそれと変わらない。それでもやっぱり楽しくはない。

昼は料理おばさんの弁当。ちなみに土曜日に決まった献立はなく、アラカルト料理が並ぶ。吾人はパスタ、家人にはカレー丼(計1100円)。こういうのも楽しい。強い日差しと弱い風に春を感じる。東電のサイトを覗くと、昼前の太陽光発電1400万キロワット弱。賄い率は四割。原子力化石燃料も要らない国に成りたいです。そもそもロシアが此れだけ伸し上がって来たのは、資源高のお蔭である。元元は冷蔵庫も作れない国なのです(映画「ドリーム」の科白から)。

午後もゴミ拾い。中毒性があるな、此の行為。鉄道塵取り数杯分を集めた。ちなみに缶とペットは隣りの自販機の回収箱へ。可燃類は再利用したゴミ袋に収納。吾人の持ち出しはゼロ円です。生憎中毒者は少ないよう。晩は昨日買った和牛小間切れで肉豆腐。新コンロで作る。脂身が多かったせいか煮ている内に肉は半分なくなった。こうなるとうんと煮詰めて豆腐とうどんに味を移す。すき焼きと肉豆腐は似て非なる料理である。低量飲酒。

此の所の都内の感染者は一万人と少し。やや落ち着いて来たが、沖縄は再び増加中だと。一方、ウクライナ軍は頑強に抵抗。ロシア国内でも反戦の動きが。独裁者はいっそクーデタで失脚なんてこともあるかもしれない。

 

 

2/25・金

 今日も晴れ。まず資源ゴミの整理。びんや缶は袋から出して区のコンテナに直に入れなくてはならない。毎回数袋を整理回収す。114の76。此れは一発録り。十五年物のカセットコンロが危ない感じなので、マルエツの二階に買いに行く。此の所、二日に一度の割で稼働していた。災害時にも使える重要物資である。3058円。旧型も納戸で待機させる。買い物は他に二便。晩は信濃屋の総菜など。副反応はなかった模様。

 露軍はキエフに迫っているそう。現政権を完全に転覆させ、ウクライナを衛星国家にして仕舞う見込み。其処までするかね。そもそも、どうしてこんなことになったのでしょう。ミンクス合意は?

 

 

2/24・木

 朝方は曇る。朝から家人は三度目のワクチン接種へ。131の85。但し数回目の記録。次第に晴れる。寒いのは今日までだと。本当に春が待ち遠しい。関東南部でもそう思う。こんなに冬が辛いのは初めてだね。昼は食堂の弁当。午後出社。入院前の最終日である。各種事務手続きを早めにこなす。小学生の姉妹も復帰。何れも発熱は一日程度だったそう。より下の妹から移されたらしい。一方小四には授業見学あり。世の中は動き始めています。金十万円受け取る。見舞い金込みだな。一応無社長にも配慮が見られた。九時過ぎまで授業。其のまま帰宅。以後数日分の残り物で晩酌。土曜日から飲み始めた一升瓶がなくなった。他にワインが二本程度。となると推定酒量は一日三合以上。飲み過ぎかね。夜は冷えた。腕の痛み以外、家人に特段の異状は無し。

 現地時間の夜明けとともにミサイル攻撃。防空システムを制圧。東部には陸軍も入った模様。幾ら何でもウクライナの全土を攻めたりはしないであろう。二州の割譲程度で済めばね。

 

 

2/23・水

 今月二回目の旗日。感染抑制には効果があるかもしれない。兎に角、会社や学校に行かないことが肝心。今日も冬晴れ。128の88。昼の弁当、何も思い浮かばず。冷凍チャーハン。午後は再びゴミ拾いに。近くのバス通り周辺。取れるとれる。可燃だけで45リットルの半分強。それにしても、ゴミまみれの古いアパートとかもある。どんな人が住んでいるのだろう。そもそも管理者は何をしているのでしょう。三回出動して約一時間。近所に関しては無目的な散歩よりもゴミ拾いの方がすっきりすね。

他に買い物を数便。入院用のサンダルも準備(110円)。商店街を歩くと、接骨院のようなところで都による無料検査を受けられるそう。従業員が表で宣伝しているが、誰も足を止めない。世田谷は既にこんな感じです。早めの入浴の後、晩は豚鍋。厚切りの肉を割と豪快に煮て食べた。他に鰤焼き。やっぱり色色と動いた方が調子がいい。

 

 

2/22・火

 冬型の晴れ。新千歳は全便欠航。こういう時だろうな、北海道新幹線が役に立つのは。121の87。昼はピーコックの中華弁当。晩食用として鰯の刺身。此の店はまだ店内調理をしているよう。魚も少しあった。ちなみに此のひと月でラーメンや漬物の消費量は激減した。食べたいとも思わなくなるから不思議である。陽が暮れたら、おでんの残りなど。竹輪麩と牛筋を追加した。

 愈愈露軍が動き始めたよう。ウクライナの邦人には最終退避勧告。併し今更飛行機など怖くて乗れないね。マ航空機の件もあったし。あの辺は数年前から紛争地帯。既に数千人がお亡くなりになっているとの報告も。ブラッドランドである。何の話題にも成らないまま予算案は衆議院を通過。此のままだと今夏の参議院選で野党は溶けてなくなるな。あっという間に2.2万人。一日300人ペースだと。

 

 

2/21・月

 朝から晴れた。日本海側や北日本はまたまた大変なことに。梅も漸く開花。遅くなった。128の79。朝の内に祐天寺で『蓬莱島余談』。昼は近所のチキン南蛮弁当。陽が出てもやっぱり寒い。廊下や浴室は冷え冷えのまま。身も心も硬いね。

午後の買い物の後、裏の公園に財布が落ちていたことを思い出した。但し中身はポイントカードが三枚だけ。現金を抜かれて捨てられたのか、買い替えて捨てたのか。どちらにしても迷惑な話である。一応四丁目の交番に届ける。相談員のおじさんもちょっと面倒臭そうだった。兎に角、足を使わないとね。併し近所を幾ら歩いても大したマイルにならない。やっぱり電車に乗って何処かに行かないと。晩は鱈のバター焼きと丸善のおでん。味が濃いのでネタを追加。厚揚げ、長葱、茹で卵、小松菜。おでんとは自由な食べ物である。

 

 

2/20・日

 明け方まで雨。結構降った。高い湿度でコロナが収まって欲しい。ゴミ拾いは駅方面に拡大運転。酒盛りでもしたのだな、あっという間に空き缶類が塵取り二杯。ちなみに此の大型の塵取りは「鉄道塵取り」と言うらしい。道具にはそれぞれちゃんとした名前があるものだと感心した。続いて124の84。此れは一度で出た。朝の内に碑文谷へ。恭文堂で『物価とは何か』。昼食としてスシロー。最近持ち帰り専用店が増えている。配送品を並べるのみで店内調理は無いよう。最近買収した京樽に作らせているみたい。ネタはペラペラ。安いからね。

少し動かなくてはと、午後も買い物を数便。結局夕方まで小雨が降ったり止んだり。北風強まる。晩は鍋の残りに豪州牛を焼いた。中量飲酒。すると体の節節の不調が取れた感じ。百薬=アルコール依存症かな。マスク掛けのままに五輪が閉幕。愈愈侵攻だな。ロシア系住民の保護を名目として。

 

 

2/19・土

 九時までほぼぐっすり。朝から曇る。120の85。但し三回目の記録。ろくなものを食べていないというので近所のスーパーへ参る。駅弁小会。家人には「松栄軒」の九州巡り旅弁当(1280円)。吾人は鳥栖のかしわめし(750円)。夕方から雨。晩は牡蠣の寄せ鍋。日本酒がないので近所の古い店で購入。家人はしばしばビール券を購入しているが、酒を買うのは久久(数十年ぶりかも知れない)。高清水の純米辛口を一升瓶で。おじいさんが喜んでくれた。幸い製造は昨秋だった。偶には行かないとね。

 夜は旅番組をリアルタイム視聴。温泉に入りながら、ロゴ入りタオルを集めるという企画。最近は無地のものが多いそう。記念と宣伝になるのにね。ちなみに現在の浴室タオルには「サンフラワー」と書いてある。2016年の九州旅行のものだな。もう一度乗りたいな。

 

 

2/18・金

 都内の陽性確認者は1.7万人程度で高止まり。お亡くなりになった人はあっという間に2.1万人を突破。オミクロンⅡ型も観測される。こりゃあ、四月まで収まらないな。朝から快晴。北風強し。すると「くにまるジャパン」も終了だと。九時台の解説コーナーは良かったのに。此方の(佐藤)マサルさんの出演もあと一回。文化放送も大改編である。なお、ウクライナ問題は東部の二州を独立自治区にしないと解決は難しいと。あそこはほぼロシアだからね。つくづく民族問題と言うのは難しい。細かく見て行けば、町内の一軒一軒ごとに国境線を引き直さなくてはならなくなる。だから煽ったりしてはいけないのです。昼前に128の96。

午後出社。中三は本日最終授業。兎に角、グッドラック。また小林先生(五十代)と佐藤先生(三十代)にもかくかくしかじかで入院しますと伝えた。吾人にもグッドラック。九時過ぎの退社。碑文谷に寄るも既に何も売っていない。結局「まいばすけっと」の小鍋など。野菜が足りない。白菜がないのでレタスを追加。やっぱり女子カーリングを見る。日瑞の準決勝。辛くも勝利。ラストショット、吾人なら手が震えるね。大したものだと思った。今週はよく働いた。一時就寝。

 

 

2/17・木

 連日の死亡者は二百人超。肺炎より発熱等による全身衰弱が多いよう。大阪では高齢者施設でのクラスターも多発。痛ましい。四時半にシロに起こされる。仕事の後だから割と深い眠りだった。最近は十二時間寝ていてもスッキリしなかった。晴れた朝の内に確定申告。踊り場のようなところで提出。割と空いていた。確定申告は春の季語だろう。早く春が来て欲しい。続いて拙宅の地震保険を支払う。五年分で13万余。前回より三割の値上がり。

 昼はラーメンライス。生めんを茹でたがタレは半分、御飯に漬物は無し。午後遅めの出社。更に中学生一人と其の小学生の従妹二人の陽性を確認。計五人となる。十時前の帰宅。まず周囲の資源ゴミの整理。二軒隣りからは紙おむつの空き箱が。息子さんに第一子が誕生したと聞いていた。お目出度い初荷だね。入浴後、家人の作ったもので中量晩酌。すると四国のキミおばさん(=二年前に色色と世話した人)のお姉さんが亡くなったと。享年九十五。ずっと自宅介護だったそう。大変だったな。幼少の頃に会ったことはあるかな、兎に角合掌。

チャンネルを変えると女子フィギュアスケート。四位になったロシアの女の子が泣き崩れていた。心肺能力を上げる薬を盛られたらしい。まだ十五だよ。酷いことをするよな。そう言えば、前回金を取って、どういう訳だか秋田犬を贈られた女の子はどうなったのだろう。メスなのにマサルという名前にしたという以外、続報がないね。まだ十九な筈。つくづく、あの国は・・・。以下自粛。夜は冷えた。「町中華」の番組を眺めて、一時就寝。

注・・応援団として北京には来ていたそうです。

 

 

2/16・水

 朝から晴れた。129の89。午後出社。オミクロンの子も復帰。明日は屋形船遠足だと。峠は越えたよう。以後漫然と講義して帰る。帰宅は九時半。粗末なものを食べて十二時前就寝。

 

 

2/15・火

 沖縄県は連日数百人程度。近くマンボウも解除の見込みだと。人口は東京の丁度一割だから目安と励みになります。薄曇り。あの悪夢のような日から三週間。再び中央病院に参り、手術前の検査等。採血採尿、レントゲンは胸と腹部を縦横二枚ずつ、更に心電図まで。続いて医師の診察。というよりかは、入院前のオリエンテーション。どうにも結石があるのは腎臓ではなく其の下の尿管だったらしい(勘違いしていた)。石は一回で砕けない可能性があるが、ステントを入れるので流れは確実に回復する。併しやっぱり腎臓が動くかは確約出来ないと。そうですか。改めて落胆す。すると腎臓が元元一つの人も大勢いて、石や腫瘍や食事や事故に注意すれば右の腎臓だけで十分大丈夫ですよと。あんまり慰めになっていないな。

続いて看護師さんによるレクチャー。二週間前からの検温と一週間前からの禁酒を指導される(後者は無理)。またくれぐれもコロナに気を付けて欲しいと。最後に医事課で入院の申し込み。期間は四日。グリーン車を希望したが、コロナの問題で事前予約は不可。当日に空きがあれば取れるかもしれないと。あらま。会計は5750円。出て帰るまでちょうど三時間。帰宅は一時前。やっぱり帰り道は重たかった。二年前からサインはあった。漫然と見過ごして仕舞った。返す返すも左の腎臓よ、すまなかった。

 午後はやや晴れた。漫然とす。検査疲れだな。血圧は116の76。晩は家人が買って来たオリジン総菜など。弁当のおかずと同じなので味が濃い。するとまたあの疥癬の狸が。脱毛は全身に及んでいたが、猫が吐いたものを食べて逃げて行った。二か月ぶりの訪問。もう来ないで欲しい。本当はあんたも入院させた方がいいのだけどなあ。十二月の電気使用量424キロ、一月のガスは37立米だと。合計で1.8万円も。何れも前年同月から僅かに減少させたが、冬場の電気はやっぱり大赤字だね(自家供給率五割程度)。ガスに関してはどうにもしようもない。みんな二酸化炭素になって流出す。お金の一部は海外に。そして投機筋やプ氏の懐に。残念です。

 

 

2/14・月

 朝には止む。結局雪は一粒も降らず。125の88。少し表に出たけど、弱い陽が出たのみ。震えて帰る。今年は本当に寒い。昼はオオゼキののり弁当(410円)。ハラハラしたくないのでスポーツ中継等は一切見ず。午後の血圧、111の67。素晴らしい。晩は数日来の残り物に加え、鰆の塩焼きと鯛の柵どり。後者は猫と分けた。飲酒後は113の73。

 

 

2/13・日

 朝からどん曇り。まずは周辺清掃でひと歩き。吸い殻を百本近く拾った。すると126の84。良好である。味が濃くて食べられない小肌漬けは烏に供す。早めの買い物。昼前から雨。またまた雪になるとも。こうなると遠くへは行けない。拙宅から二番目に近いそば屋に入る。何とアルコールは提供しませんと。そういうことは外に貼っておいて欲しかった。元元此方はつまみ類も少ないから、純そば屋に近い感じ。大して旨くない鍋焼きうどん食べて帰る。1100円。

早めの入浴の後、飲み歩き番組の録画視聴から。続いて「笑点」「激論クロスファイヤー」という何時ものコース。筑波大の先生が出て来て、愈愈ウクライナが危ないと。もう間も無くだと。ホンマかいな。晩はグラム500円の交雑牛を使って、肉豆腐以上すき焼き未満。同じような毎日だが、満足しています。愛おしいほどの日日。都内は連日一万人ちょっと。やや減って来たな。

 

 

2/12・土

 新潟の煎餅工場で火災。死者多数。祝日の真夜中でも操業していたよう。そんなに沢山煎餅が売れているとも思えず(同社の製品は拙宅にもあったけど)。高い機械を償却する為だとしたら少し悲しい。深夜勤務は最低限にしたいものです。

まあまあの晴れ。昼前に野沢の東急ストアーへ。「まい泉」のとんかつ弁当があった(810円)。作り立てでなくてもまあまあ旨い。塩分は2.5グラムだと。案外少ない。漬物は残す。食後の血圧120の80。午後は自転車でリアル書店を回る。中目黒で『暁の宇品』と『向田邦子ベストエッセイ』。ところで近所の都営団地はどんどん建て替わっているが、店舗の類は入れないよう。前からあった自転車屋さんが移設されたのみ。コミュニティーにはお店が不可欠なのになあ。出来れば毎日通える食料品店か食堂の類が。住居棟だけが連なる姿はちょっと殺伐としている。晩は家人の厚揚げ麻婆など。

 

 

2/11・金

 幸いにして旗日だった。朝から晴れてみんな溶けてゆく。元元大して降らなかった上に(所謂降るふる詐欺)、先月とは陽の力が違うね。130の87。塞ぎ込んでばかりでは往けない。昼は表に出た。緑道をかなり下って「朝日屋」という蕎麦屋に入る。相当な店である。石油ストーブに古い扇風機。窓枠は木製。店内の液晶テレビと直管式LEDと下らないアクリル板を撤去すれば、吾人が生まれた頃の昭和其の物。先日の環七の「大菊」と言い、駅から離れた住宅地区には古くて飲めるそば屋が点在していると思った(町中華より残っている)。日本酒と焼酎を一ずつ、穴子の天ぷらと豚せいろで2300円。汁は残す。併し後から入ったおじさんはきしめん、職人さんたちはカレーうどん、パパと坊やはかつ丼。そばを食べていたのは吾人だけだった。家人にはスーパーの弁当。ゴミ拾いと合わせて一万歩程度。

 午後は漫然とす。早めの入浴。身も心も温めようと思った。すると124の74。晩は家人の炒め物など。203の入居者決まる。但し家賃はマイナス三千円。ちなみに入居理由にはその他の所に丸がしてあって、同棲解消だと。そんなことまで書かなくて結構です。一方101は来月末に退去の予定。此の人は八年いた。今時としては長い部類である。此方は恐らく御結婚かと。女性が出入りしていた。資源高と需要爆発でアメリカは大変な物価高だと。前者は世界的なものだが、後者はちょっと羨ましい。

 

 

2/10・木

 未明から小雨。猫には昼用の懐炉を増配。昼前の血圧130の87。午後からは白いものになる。気力がなくなり、本日欠勤。何もする気がしないが、せめて鍋物の用意だけはしようと思った。適当野菜と豚肉でキムチ鍋。電気もLNGも足りないそう。ブタンを茫茫燃やして暖を取る。此れも輸入だけどね。除雪は夜更けに竹ぼうきで掃いた程度で済んだ。

犠牲者はあっという間に二万人に。みんな高齢者。折角、ワクチンによってデルタ株を免れた命なのに。施設で蔓延する様子は昨春のアルファ株に近い。結局命日が半年移動しただけである。明らかに政治の失敗。水際対策でどうにかなると思っていたらしい。

 

 

2/9・水

 昨日一日で150人もお亡くなりに。三回目接種が遅れたからな。医療崩壊が近づいているとも。そろそろ減って貰わないと拙いことになるな。芸能界は少し落ち着いて来た印象だけど。あの業界が一番検査している筈。

 終日晴れ。今朝も129の88だった。昼まで寝たり起きたり。午後出社。中三社会の他は愚にもつかない指導をする。ちなみに小学生の女の子は母子で罹患。当該学院、オミクロン株としては二人目となった。九時過ぎの退社。帰宅後レンチンおつまみなど。コンビニの豚の角煮は不味くて食べられず。塀の上に置いておく。明朝、烏が食すだろう。

 都内は1.8万人。先週の同曜日より少し減った。取り敢えずの一喜。一方、明日は雪が降ると大騒ぎ。全国ニュースでやっている。そりゃまあ、東京には人が沢山住んでいるから。知人友人、家族親戚、本社本店の知り合いが住む地方の人も心配なのだろうけど。

 

 

2/8・火

 129の88。午前中は曇り。昼は「笑口房」のチャーハン弁当など。隣りの本屋で『月の下のカウンター』。五本木の「ますもと」で〆張鶴純米吟醸(1650円)。偶にはリアル酒店もいいと思った。此の所は日本酒も生協の宅配だったので。ところで、〆て張った鶴って、どういうことなのでしょう。しめ縄で鶴を折ったとか? 想像出来ません。

午後は良く晴れた。先月の売電量、東側が94キロ、空室の西側は182キロ。6624円。昨年掛かった医療費のお知らせが来る。十割負担で5.5万円だと。ちなみに納めた保険料は60万円だから、営業係数で言うと10以下。超優良路線だね。但し今年は激増します。申し訳ない。年齢が増せばこういうことになるなあ。健康ボーナスからオーナスの年齢になりました。以後漫然とす。半病人のようになってはいけないと、夕方前に肴を買いに行く。駅前の東急で鮪とぼらの刺身。家人の(養殖)鰤焼きと合わせた。すると四国に帰った親戚のおじさんの明細も来ていた(何故か家人宛てに)。五か月の入院費(十割分として)が300万円だって! 一日二万円。高級旅館並み。

 

 

2/7・月

 家庭医と言うものは経験がものをいうから、患者より年上の方が望ましい。自分より若い医師に生活習慣についてああだこうだ言われてもそもそもの説得力がないからね。でも患者も歳をとるから、そういう状態を保つことは益益難しくなる。いっそ、年増のふりをした方がいいかもしれない。

 今日も晴れ。128の91。朝の内にオーケーストアに行き、一口和菓子を大量購入。何れも保存の効くもの。嗜好品でもあり非常食でもある。併しこういう商品は大抵長野県南部、飯田辺りで作っている。なんか縁を感じる。続いてシロの点滴。体重は4.7キロに増加。此方の腎臓は大丈夫そう。序でに吾人の腎臓についても報告す。大した手術じゃないから心配するなと言われる。腎臓はもう一つあるでしようとも。そんなものかしらん。自衛隊(病院)の御飯は旨いとも言われた。みんな一度や二度は大病しているのだね。兎に角、吾人だけが青くなっています。

早昼として近所の油淋鶏弁当。続いて中里の金物屋に赴き、竹ぼうきと12Lバケツを購入(計1600円)。前者は細かい砂利を掃くのに、後者は水撒きに使用。今までは8Lのバケツしかなかった。輸送力大幅アップである。ちなみにおじいさんの道具屋は長期休業中。午後は漫然とす。夕方からは旅番組と飲み歩き番組を流す。適当鍋他で中量飲酒。酔っている時だけが真面でいられる。此の狂った世界でね。

焦ったK首相は一日100万回打つように指示。出鱈目に打っても仕様がない。兎に角、高齢者施設優先で。併しМ社の方はみんな打ちたがらず。マンボウは来月まで延長へ。

 

 

2/6・日

 132の89。大体毎朝こんな感じ。今日も晴れた。寒い。今朝の新聞に著者が出て来て、「また会う日まで」は大体史実に即しているが、Мという人物だけは架空で、時代を俯瞰する役目を担わせたのだと。登場が早すぎたので、あっさり亡くなって貰ったのだそう。そういうことでしたか。モデルは半藤氏や加藤陽子氏だそう。てっきりヤンウェンリーかと思った。やっぱり曇る。寒気が強力なよう。ああ太陽光発電が。エアコンも点けっぱなし。ロシアがウクライナに攻め込むと、LNG供給が大変なことになる。日本の取り分を西欧諸国に融通出来ないか、アメリカから打診があったそう。出来る訳ないよね。

昼は食堂の弁当。此方の一家が愈愈月末から入ることになった。買いに行きがてらのちょっとした打ち合わせ。なお引っ越しは自前でやるそう。鍵を早めに渡すよう、不動産屋に連絡す。また礼金は無しにした。もう新築ではないので。午後は漫然とす。晩食は碑文谷に買いに行く。「北浜」の刺身と「味の郷」の中華総菜。計1780円。家人の里芋の煮つけと合わせた。ちなみに飲酒後に測ると132の68だった。下が下がるよう。北のJRは札幌周辺の大半が運休に。除雪が追い付かないのだと。快速エアポートも動かないという。ドル箱線なのにね。

注・・ちょっとだけ融通することになった。

 

 

2/5・土

 冬型の晴れ。血圧132の88。此れもゴミ拾い=動いた後。そもそも起きたらまず測るという習慣がない。何だか曇った昼になった。月波君を呼び出したので昼餐会。ちょっと高そうな蕎麦居酒屋に入る。落ち着いた小上がりにて、かくかくしかじかで入院することになった。万が一のことがあったら、あとは万事宜しく頼むと伝えた。お任せくださいと聞いてくれた。何しろ全身麻酔である。其のまま起きないということもあり得ない話ではない。残された家人と猫が心配である。

いや併し、此の店は本当に高い。日本酒一合800円から、鰯の梅肉揚げ二巻800円、小さな穴子の白焼き1200円。神楽坂の価格だね。結局蕎麦まで到達出来ず。大慌てで「ほていや」へ退避。鮪のぶつから仕切り直し。蕎麦まで食べて三時前には解散した。二軒で1.4万円。酔った勢いで苺を買って帰る。ついつい四個も買ったので一つは床屋に分けた。午睡の後、晩は既製のおでんなど。久久の六合超(推定)。そう言えば、パチンコ店にも寄った。トイレを借りたお礼に千円ほどスロットをやろうしたがやり方が分からない。大半のメダルを遺棄して帰った。異常行動である。

 

 

2/4・金

 朝の血圧135の95。下が高い。既に資源ゴミの整理=ちょっと動いた後だった。概ね曇り。植木に水を、烏に餌(パンの耳や仏壇の下がり御飯)を供給す。以前から猫餌を漁りに来ていたが、最近は堂堂と強請りに来る。決まった二羽だが大きさが少し違うから親子かね。投げた物を其のままキャッチ。慣れて来た。昼には薄日。午後出社。取り立ててどうと言うこともない。ちょっと早めに退社。と言っても既に何処も閉店時刻。其のまま帰宅。入浴後、コンビニ食材など。すると、また北京でまた五輪。雪も降らない土地なのに。五輪と聞くと拒絶反応が出る。あの悪夢のような東京五輪から半年も経っていない。十二時就寝。

注・・家人は勝手にカー君と名付けている。生憎吾人には見分けがつきません。

 

 

2/3・木

 朝の血圧134の88、ちなみに昨日は薬を飲まなかった。ただ血圧が下がるというヒバツサプリメントは飲まされています。また、暫くすると114の80。血圧も二十四時間測らなくてはなあ。薄曇り。昼はレトルトカレー。午後出社。面談や講習の日程なども早めに決定。入院に備える。何処にも行けないので無社長と職場で飲む。どういう訳だかОBのエミリちゃんも同席。あんたまだ未成年だよね。久久に夜の情報交換をして帰った。帰宅は十二時。更に家飲みと猫飲み。二時前就寝。

函館山線も大半の区間がバス転換となる。二十年前に泊まった「駅の宿・比羅夫」も残念だね。ホームで食べたバーベキューも、列車が通ればこその格別の味であった。全国の陽性者は一日十万人。お亡くなりになった人は一万九千人に達した。

 

 

2/2・水

 今日も晴れ。朝の血圧126の80と良好。薬の成果かな。家に居ても午前午後と漫然とす。ついつい横になって仕舞う。寝た切りおじさんである。午後出社。かと言って大してすることもない。入試も終わりつつあるので大量の学校パンフレット類の処分に取り掛かる。誰の手にも渡らずに何の役にも立たなかった書類類。立派な冊子。勿体ないね。一方の無社長は御母堂の具合が悪いらしい。新潟の介護施設に入っている。年齢は九十以上な筈。色色あるな。

九時の退社。其のまま帰宅。昼の残りのオリジン総菜と四国から送って貰ったじゃこ天など。塩分などは気にせずに少しは食べようと思った。何しろ二キロ近くも減った。都内の陽性者は二万人超。全国では九万人。実際は此の数倍だろう。此処に来て死亡者も増え始めるが、本当にコロナの影響かどうかまでは分からない。近近キンセンだな。

 

 

2/1・火

 終日晴れ。朝二番で掛かりつけ医に参り、先日の報告。序でに色色と質問す。腎臓は一つでも大丈夫な人は大丈夫だと。結石の原因は何とも言えないと(粉砕後の成分分析で分かるそう)。現地点での腎機能に取り立てて問題はないので塩分制限等は必要ないが、血圧は低い方がいいと。試しに測って見ると152もある。早速降圧剤が処方される。冬の間だけでも飲んだ方がいいらしい。こうして国民の医療費がどんどん増大す。眼科の定期診察も入れて二千円ちょっと。続いて調剤薬局へ。目薬四本プラス降圧剤で3510円。大半が目の薬。後者は二週間分で数百円程度の計算。此処でも色色と聞いて貰った。腎臓の良し悪しは殆ど生まれつきだと奥さんの方の薬剤師は述べた。続いて、お医者さんは最悪のことしか言いませんからと励まして貰えた。

 昼はスーパーのミニ回鍋肉丼のみ。塩分0.9グラム。庭がカラカラなので風呂の残り湯を散水。午後は領収書の整理と確定申告書の完成。例によって控除証明書が多くてA4二枚でも貼り切れず。もう少しコンパクトにならないものかね。それにしても、来年は医療費控除も発生するな。つくづく残念です。以後漫然とし、テレビは見ず。少しは精を出そうと晩はマルエツの牛肉を焼いて食べた。

其れでも七時のニュースは見ようと思った。木暮課長のお兄さんが亡くなったそう。例によって自宅前からのよくある(意味のない)中継。するとリニア反対と言うゼッケンをつけたおばさんがばっちり映った。さりげなく右から来てひらりと正面を向いた。全部で一秒半くらい。見事だね。詰まらない一日が少し彩られた。そうそう、あの辺(田園調布)の地下も通るのである。